日記・コラム・つぶやき

Thunderbird68から78へのプロファイル移行

Thunderbird_logo先日、「危篤状態」にあると述べたPCから待避したThunderbirdのプロファイル(受信したメールのアーカイブや各種設定等の一式が記録されたファイルフォルダ群)を、移行先のPCに移そうとしてハマったトラブルについて、備忘録としてここに記録する。

Thunderbirdの別のPCへの移行は、プロファイルのフォルダごとごっそりコピーすればよい、ということを以前にHDD交換した際に経験済みだったので、今回もそれで楽勝とタカをくくっていた。ところが、移行先PCにThunderbirdの現時点での最新版をインストールしたら、バージョン78となっており、プロファイルに互換性が無くこの技は使えないということが判明した。以前のPCでのThunderbirdはバージョン68。これではプロファイルが移行できず、宙に浮いてしまった。

そこで、Thunderbirdは古いバージョンもダウンロードできることを利用し、MozillaのFTPサイトから取り出すことにした。最初の数字がバージョンを示しており(.以下の数字は、同じバージョンの中でのマイナーチェンジの履歴)、それをクリックすると、OSごとにフォルダが分かれており、LinuxとかMacとかに並んでWindows用もある。うちのPCであればWin32(32bit版)でいいのだろう。それをクリックすると今度は言語別のフォルダが並んでいるので、日本語版のjaを選択。後はsetup.exeになっている容量の大きい方のファイルを選び、名前を付けて適当なフォルダにダウンロードする。ダウンロード後のファイルをダブルクリックすればインストーラーが動く仕組みだ。

古いバージョンのインストール前に、新しいバージョンThunderbirdをいったんアンインストールする必要がある。Windows10の場合は、デスクトップ左下のWindowsアイコンから左側の歯車アイコンで設定画面に移るので、「アプリ」を選択、左側のメニューから「アプリと機能」を選択するとインストールされたアプリの一覧が表示される。今回であればThunderbirdのところで表示される「アンインストール」のボタンをクリックするとアンインストールとなる。以前のWindows7ともやり方がだいぶ変わっている。

それで、移行元PCと同じバージョン68をインストールし直したのだが、これでもダメだった。というのも、68の時点で、古いプロファイルは弾く仕様に変わっているからのようだ。というわけでまたアンインストールして、今度はバージョン60あたりを再度インストール。プロファイルの移植方法はMozilla本家のサイトにも記載されているが、それとはちょっと違うものの私がやってうまく行った方法は、まっさらでインストールされたThunderbirdのプロファイルがあるフォルダと並ぶような形でいったん移行したいプロファイルを丸ごとコピー。そして、持ち込んだプロファイルフォルダ名を、まっさらでできたプロファイルフォルダ名に変える(最初にできていたフォルダの方はちょっとだけ別の名前にしておく)、というものだ。要するに、インストールしたてのThunderbird自身が作ったプロファイルと見せかけて、以前のプロファイルをThunderbirdに読み込ませてやるというものである。

すると、最初の起動のときだけ少し時間がかかったが、見事に以前の受信メールやフォルダごとに分類された分も含めて、バージョン60のThunderbirdが立ち上がった。それで、ネットに繋がっていると自動で最新バージョンを探しに行くようで、再起動を促すメッセージが出てきた。再起動すると、今度はバージョン68に更新されたThunderbirdが立ち上がった。これで更新前のPCと同じ状態になった。すると、さらに自動更新が走ったようで、またもや再起動を促すメッセージ。三たび再起動すると、バージョン78、現時点で最新のThunderbirdが立ち上がり、従前のメール等もちゃんと入っていることが確認できた。こうしてようやくメール環境の移行は完了した。

ところで、ここまで苦労したプロバイダのメール環境だが、近年その重要性が低下している。というのも、かつてメーリングリストで交流していたものはFacebook等のSNSへ主戦場が移り、友人等とのやりとりもそのSNSのメッセンジャーやLINEなどを使うので、メールが使われることが滅多に無くなった。また、各種のWebサービスのIDとしてプロバイダのメールアドレスも使用しているものの、設定した際のIDとパスワード情報を、自分自身のこのメールにも送ってアーカイブしているが、併せて別途のWebメールにも送っており、出先のタブレットで調べる際もWebメールを見に行った方が便利(というかプロバイダメールは、いったんダウンロードしたらサーバから消す設定のため、自宅のPCを開けないと確認できない)となっている状況を見るに、プロバイダメールの存在意義って何なのだろう、と思うことが多くなってきた。何かに似ていると思ったら、家の固定電話だった。

| | コメント (0)

PC危篤

210117_1最近、我が家のデスクトップPCを起動すると、英語で、ハードディスクに不具合が検出されたので、早急にデータのバックアップを取ってハードディスクを入れ替えよ、という趣旨の警告メッセージが出るようになった。このPC、就役は2010年と実に10年超え、しかもWindows7のままで引っ張っているロートル機である。HDDは購入後2年ほど経った際に一度故障して交換している。

なぜWindows10への無償アップグレードの機会があったのにしなかったのか、という批判はされて当然ではあるが、それをしなかった一番の大きな要因は、このPCは地デジの視聴・録画ができるSmartVisionというアプリが入っているが、Windows10にアップグレードするとそれが使えなくなることが分かっていたからだ。我が家のテレビでは相方の意向によりだいぶ前からB-CASカードが引き抜かれ、DVDかYouTubeしか見られないモニターと化している。何かこれは録っておきたいというテレビ番組があっても、保存できるのはこのPCだけになっていたため、ズルズルと引っ張ってしまった。また、スペック的にも10にはだいぶ無理があり、無理してアプデするよりも、朽ち果てるまで使って朽ちたら新しいのに買い換えようという方針で臨んでいた。そしていよいよそのときが来たというわけだ。

なお、意図して録画予約していたわけではないが、お任せ録画という設定で「ブラタモリ」というキーワードを設定していたため、電源入れっぱなしあるいはスリープモードになっていた際に、同番組の放映があると勝手に録画されていて、それが結構な数溜まっていた。もったいないからコピー10が効くのでDVDにせっせと移していくが、それなりに手間がかかりその時間もなかなかなくて、コロナ禍で在宅勤務となった際にようやく進捗して一掃できそうという矢先で今回の不具合発生となったのである。

210117_2一応Cドライブのディスクチェックをかけてみたが、それでも回復しなかった。もはやこれまでということで、いくつかの画像やらメールやらのデータファイルを外付けのHDDに退避。元から画像ファイルはつなぎっぱなしの外付けHDDとミラーリングで保存していたので大したダメージはない。

さて、次のPCをどうしようかと考えたとき、そもそもこのような母艦的なデスクトップPCが要るのだろうかということに疑問が出てきた。以前ならいざ知らず、日々家事育児に追い立てられる今となっては、デスクトップPCの前に座ってじっくりと向き合う時間など無くなってしまった。それ故ここ2年ほどはブログ記事の更新も滞った。デスクトップではなく、枕元においたタブレットで、早朝にジュニア達が寝静まっているときに布団の中で書くというスタイルになってようやく追いついた(今回の記事もまさにそれ)。毎日のSNS閲覧・投稿もタブレットで足り、プロバイダの電子メールで連絡を取ることもめっきり少なくなった。というかプロバイダのメールはタブレットのWebメールでも読み書き可能だ。スナップショット的に撮る画像や動画も、タブレットのSDカードに溜まるだけだ。

というわけで、正直言って新たにデスクトップPCを買うことはもうないだろう。こんなこともあろうかと、実家で親父がかつて使っていたデスクトップPC(Windows10にアップグレード済み)が、親父亡き後もう使っていないということで我が家で引き取っている。そのPCも新しいものではなくスペック的にも厳しいが、無いよりはマシだ。もし新たに購入するならノートPCだろう。実は我が家では主に家計簿入力やWeb会議システム利用用途のノートPCがもう1台あり、ただしWindows8.1だ。今後買うとしても、それのサポート切れが迫ってきてからで十分なんだろうなあと思っている。この10年の間で、パソコンやインターネット利用をめぐる環境がずいぶん変わったなと感じさせられた。

| | コメント (0)

異例ずくめの年末年始

新型コロナウイルスに振り回された1年が明け、2021年(令和3年)を迎えることにはなったが、コロナは当面明けそうにない。

ずっと毎年恒例だったイベント等も大幅に変わってしまった。まずは年末、例年は高校の同窓会を大阪・梅田で開催しており、その幹事役が今回私に回って来ていたのだが、最終的にはZoomを使ったオンライン飲み会のみとなった。本当は、リアル会場でもごく少人数で「静かなマスク会食」をしつつオンラインを併用する「ハイブリッド方式」でやれないかをギリギリまで検討していたのだが、あまりの感染者増の状況で断念せざるを得なかった。

ハイブリッド方式がうまく行けば、例えば同窓生が全国各地に散らばっていても、いくつかの拠点にサテライト会場を設けてオンラインで繋ぎ、さらには個別にオンライン参加もできて、参加可能性の高まる「ニューノーマルな同窓会」の嚆矢として、感染拡大を抑止しつつの飲食店への需要供給の両立ができると考えていたのだが残念だ。ただ、オンライン開催により、これまでは帰国・帰省でもしない限り参加のしようが無かった海外在留組も参加出来たのは意義があったと言えよう。

そして正月、これも元日恒例の淀川河川敷での高槻元旦マラソンも中止。ちなみにお節料理は今回は京都市へのふるさと納税返礼品であった。それで、元日夕方から私の親の実家にきょうだい家族が集まって会食していたのも中止。各家をZoomで繋いでのオンライン会食となった。ただし母単独でZoom操作するITスキルはないので、私だけは実家に中継要員として訪問したのではあるが。

正月二日夕方は、例年なら相方の実家に相方姉妹一家が集合しての会食だったところ、これも中止でオンライン中継。ここではZoomではなくLINEグループビデオ通話を利用。甥っ子姪っ子がアバター機能などをやたら駆使していたのが印象的だった。

こうした異例ずくめは今回限りであってほしいものだが、果たして。しかし、私の読みでは、最低でも次の冬シーズンも状況は大きく変わらないと予想している。

| | コメント (0)

眼鏡更新

201026徐々に度が進んで、これまでかけてきたメガネでは運転免許更新もギリギリ(といいながら2回ほど更新)という状況だったので、重い腰を上げて新しくメガネに換えることにした。自らのブログ記事によれば、前回買ったのは2013年の1月。まだ長男すら生まれてない頃だった。今回は予めきちんとかかりつけの眼科医に処方してもらう。

近所の眼鏡店で見繕ってもらったら、軽く5万円を超えてしまった。前回は某J社で驚くほど安く買えたので、そのギャップに内心絶句。数日後に完成したので掛けてみると、おお、よく見える。特に、遠くの看板に書いてある字などがよく見え、これまでは運転の時にもちょっとヤバいぐらいだったのが、これでようやく解消。

ところが厄介なことに、今度は近くのものを見るときに、メガネを掛けているとかえって見づらくなった。タブレットの画面や、ひげ剃り鏡を見るときなど、メガネを外すか、遠くに離さないとピントが合わない。そうです、これが老眼です。それで眼鏡店で作るときに、遠近両用にしませんか、今のうちから慣れておいた方がいいですよ、としきりに勧めてきたのか。今度更新するときはさすがにそうせざるを得ないだろうな。

| | コメント (0)

コロナ禍支援のお取り寄せ

200703新型コロナウイルスの社会経済へのダメージは深刻で、食品関係も大きな打撃を受けた分野の一つである。外食産業が自粛や消費手控えで営業されないのと、学校給食も一時期休校で止まっていたので、それらに原材料を納入する生産者も売る先が無くなって困っていた。そうした生産者を支援するべく、コロナ訳あり食材がネット通販で売りに出されていたので、一人当たり10万円支給されたコロナ給付金を原資にして、我が家でもいくつかお取り寄せしたものを記録しておく。まずは岡山県産のお米、ヒノヒカリ30kg。

200705北海道・ミルククラウンの搾りたてどデカ牛乳は10リットルが丸ごとボトルパックに入っており、あまりの濃厚さで一部バター化しているほどだった。


200712_1近江牛のホルモンも購入。CAS冷凍という技術を使っているそうで、解凍した際も劣化が少ないのだそうだ。

200712_2贅沢なホルモン焼きにビールがビールがススム君。何パックかに分けてあるので、何度かに分けて楽しめた。

(本記事は、実際は記された投稿日よりだいぶ後になってからの投稿のですのでご了承願います)

| | コメント (0)

緊急事態宣言、そして在宅勤務

200427新型コロナウイルス(covid-19)の影響が、徐々に日常生活にも食い込み、やがては社会全体の有り様にも大激震を与える事態となっていった。

簡単に振り返ると、1月に中国・武漢で原因不明の肺炎が急増報じられ、WHOがそれを新型のコロナウイルスであると確認し、「国際的な緊急事態」を宣言するも、テドロス事務局長の中国とのベッタリぶりからその後もずっと訝しがられている。2月に入って、横浜に入港したダイヤモンド・プリンセス号で集団感染が起きているのが発覚し、乗客乗員はずっと足止めされたままで連日ワイドショーを賑わすこととなる。やがて、他人事と思っていた感染者が日本国内でも出始め、3月始めに専門家会議がいわゆる「3密」(密閉、密集、密接)が感染をより拡大させてしまう要素だと発表。東京オリンピック・パラリンピックの延期(一応「中止」ではない)が決まると一気に政府も抑え込みに向けた対策を推し進め始めた。マスクが市中から消えた。

自分の周りの話で言えば、長男の保育所卒園式や小学校入学式は参加人数抑制・超短時間でかろうじて開催はできたものの、小学校自体はのっけから休校状態、職場の定期人事異動(自分は変わっていない)があっても、恒例の歓送迎会はなし、そもそも飲み会をやること自体がNGという雰囲気に包まれていた。

そして4月7日、緊急事態宣言が7都府県に発令、その後は全国を対象に拡大、強制ではないものの飲食店、特に夜間を中心に営業の自粛が求められれ、人の往来も8割削減を求められることになった。これを受け、職場でも職員全員を2班に分けた上で、半分ずつ2週間交代で交互に在宅勤務とすることが急遽決まった。このやり方は、もし誰か職場で感染者が出ても、出勤を見合わせるのは同じ班にいた半数の者だけで済み、全滅を避けるという意図があったようだ。それで、在宅勤務といっても職場のパソコンはリモートワークを全く想定していない設定となっており、自宅に持ち帰ってもいいがネットには繋ぐなという単なるスタンドアロンPCであり、在宅で使えるように全員にOffice365(その後Microsoft365に改称)のアカウントが与えられ、MicrosoftTeams使って何とかせよ(当然利用方法等のレクチャーもなし)というドタバタの状況であった。

4月終わり頃に、自分も二番手の在宅勤務側に回ることとなる。なお、小学校は依然休校中、保育所も医療関係等ごく一部のエッセンシャルワーカーの子供以外は預かってくれなくなったので、在宅勤務をしながら子供の面倒も見なければならない。まあ仕事になりませんわな、無理ゲーですわな、ということを思い知るのであった。

(本記事は、実際は記された投稿日よりだいぶ後になってからの投稿のですのでご了承願います)

| | コメント (0)

ICOCA定期券・汚損による再発行

200329_1長年利用してきたICOCA定期券、最近は定期券部分の表示が薄くてかすれて見えにくくなってきた。

定期券表示の部分は、熱によって繰り返し消したり書いたりできる特殊なインクが使われているようだが、どうやらそのベース自体がだんだん剥がれてしまい、定期券を更新しても新たな有効期限等の書き込みは薄くてかすれたままになるようだ。

200329_2ネットでいろいろ調べていると、こういう場合(「紛失」ではなく「汚損」のケース)は手数料無料で定期券のカードを更新してくれるようなので、駅のみどりの窓口に向かう。

すると、更新したカードの交付は翌日となり、その間は更新前の方のカードは自動改札では使えなくなるそうなので、有人改札でICOCAとともに提示するための証明書のような券面を発行してもらった。まあ、申請日が土曜日で、翌日日曜日にもらえるのなら定期を使うことはないのだが、これならば平日でも安心して手続きできる。

200329_3そして翌日、再びみどりの窓口に向かうと、くっきりハッキリと定期券表示ができるようになった新しいICOCAを無事入手。なお、ICOCAにチャージしていた電子マネーも同額で引き継がれている。

一点だけトラップがあったのは、保育所での登降所管理が最近はICカードタッチによるタイムスタンプになっており、手持ちのICOCA等ICカードも登録すれば使えるのだが、今回ICOCAを更新したことでカードID(JWxxxxxxxの番号)が変わってしまっており、改めて登録をし直さなければならなかったということである。

(本記事は、実際は記された投稿日よりだいぶ後になってからの投稿のですのでご了承願います)

| | コメント (0)

ちょっと昔の地球儀

ヨーロッパ朝、ジュニア達を保育所に送る際、次男はセッティングを親がしてやるが、年長組の長男には自分でやらせるので若干の待ち時間が生じる。この時、ふと部屋にあった地球儀を見ると、「ソビエト連邦」という表記が飛び込んできた。他にも東西ドイツが分裂したまま、逆に分裂前のユーゴスラビアやチェコスロバキアが健在などツッコミどころ満載で、いったいいつ頃のものか、というネタをSNSでアップし、友人等も巻き込んでちょっとした推理ごっこが展開された。この記事はそれらの最終まとめとして記録したものである。なお、この記事内での画像はクリックするとオリジナルの原寸大画像が表示される。

アフリカアフリカ編。ザイールはコンゴ民主共和国に改称(1997年)。なお、現在単に「コンゴ」と言ってしまうと、この「コンゴ民主共和国」か、お隣にある「コンゴ共和国」かの区別が付かないので、今後注意が必要である。イエメンが分裂したままだが1990年に統合。エリトリアが1991年エチオピアから独立も載らず。南スーダンの独立は2011年と結構最近の話だから当然ここには反映されていない。

アフリカ南部アフリカ大陸南部が見えにくかったので改めて撮影。ナミビアは1990年に独立、スワジランドは2018年にエスティワニに改称だがいずれもこの地図には反映されていない。

アジアアジア編。スリランカの首都がスリジャヤワルダナプラコッテに移転済み(1985年)なのが載っている。一方でミャンマーの首都がヤンゴンのまま(2006年ネーピードーに遷都)。ちなみに、ビルマ→ミャンマーへの改称は1989年以降だが既にここに載っている。当時の軍事独裁政権が強引に言い出した話なので国際社会はにわかには受け入れたがらなかったが、日本ではあっさり受け入れてしまったことを思い出した。香港が英国統治表記のままだが、1997年に中国に返還されている。

中南米南北アメリカ編、だが北米はUSAとカナダで動きようがないので割愛して中南米のみ。といっても近年の動きは少なく、直近でも1983年にクリストファー・ネイビスが独立したぐらいしかトピックスが見あたらず。

オセアニアオセアニア編。ミクロネシア連邦の独立が1990年だが、事実上1986年には既に独立とのことで、地球儀製作年の特定には微妙。一方でパラオは1994年に独立なので、ここではまだ米国信託統治領の表示。日付変更線も実は時代とともに変遷があるらしいが、今回の地球儀では決め手にはならず。

それで、結局この地球儀はいつごろのものか、制作時期の特定については、反映されている事象で最も新しいビルマ→ミャンマー改称(1989年)と、反映されていない事象で最も古い東西ドイツ統一(1990年)の間であろう、という結論になった。

(本記事は、実際は記された投稿日よりだいぶ後になってからの投稿のですのでご了承願います)

| | コメント (0)

振替輸送時のIC定期券トラップ問題

20190316furikae

4月某日、JR京都線で橋桁に車が接触したため、JRはしばらく運転見合わせ、阪急京都線に振替輸送となった。これに先立つこと1ヶ月前、JR西日本をはじめとする関西の鉄道各社は、振替輸送時のルールを大きく変えるとアナウンスしており、今回その変更後ルールで初めて利用する振替輸送となった。

変更点はざっくり言うと「振替輸送票」の廃止と、ICカード利用は一旦入場後も含め振替輸送対象外(※もちろんIC定期券の区間は振替輸送の対象になる)とすることである。それまでは、振替輸送時には、振替先の鉄道会社改札前で、定期券や切符の提示と引き換えに振替輸送票をもらい、これが一種のキップのような存在となって改札を通り、降りた駅の改札で回収されるという手順だったが、この際振替輸送票をもらうための大行列ができるという弊害があったので、原則廃止となったのだ。

JRのIC定期券を持っていた私は、阪急の自動改札機にカードをタッチして入場、振替先の駅まで移動後、再度自動改札機にタッチして改札を出た。このとき、普通に阪急の運賃がカードチャージ額から引き落とされて、思っていた挙動と違うことに気が付いた。私が思っていたのは、振替輸送ルール変更に伴い、JRでの定期区間に相当する阪急の区間も定期券と同じ扱いとして料金が精算される(つまり定期区間内であれば料金は引き落とされない)という動作であった。そうでないと、従前は振替輸送票の回収でもって振替輸送利用者・利用区間を把握していたのが、振替輸送票なしでは把握できなくなるから自動改札システムをそのように改修したのだろうと思っていた。しかし実際はシステムは何も変わっておらず、IC定期券での振替輸送時には、自動改札機にタッチしてはいけない、というのが正解だったのだ。

後で阪急の改札の駅員に聞いてみても、一旦出場してしまうと運賃引き去りは取り消せない、入場のデータのみがある状態で入場データを消去するしかない、との回答だった。しかし、これだと出場するまでは運賃が取られるかどうかが分からない、あるいは出場時に初めて思っていた運賃よりも高く取られたと気づいても抗議をいっさい受け付けない仕組みであり、問題である。せめてクレジットカードのようにマイナスの同額請求を立てて相殺といったことができるようにすべきだ。法律的に言えば、運賃がかからないと思ってIC定期券を利用したのだから、運賃が引き落とされることに同意・納得していたわけではなく、錯誤無効であり、運賃を引き取って手に入れた阪急電車はその不当利得を返還するのが筋である。返金できない、というのはICカード決済システムの仕様上の都合であって、法的にも返さないという見解であれば、異議あり、争う。

さらにここで問題として提起したいのは、先に挙げた振替輸送時のルール変更を以前から散々アピールされた鉄道各社であるが、ポスター案内webページのどこを見ても、「IC定期券での振替輸送時には自動改札をタッチしないでください」とは書かれておらず、常識的にそう読めて当然とは到底思えない、ということである。一般人よりかなり鉄道には詳しいと自負する私ですらそう思うのだから、他にもそう思った人はいたのではなかろうか。勘ぐったいい方をすれば、鉄道各社はそうやって敢えて積極的にはPRしないことで、知らずにIC定期券をタッチさせて、しれっと運賃をせしめることを狙っているのではないかとさえ疑いたくなる姿勢である。この問題点については阪急電車のホームページのお客様意見投稿欄に匿名で意見具申を行った。今後何らかの対応をするのか、それとも無視して握りつぶすのかを見守りたい。

最後に、全国のICカード定期券利用者に向けて、今後このようなトラブルに遭わないようPRしてこの記事を終えたい。

IC定期券での振替輸送時には自動改札をタッチするな

IC定期券での振替輸送時には自動改札をタッチするな

IC定期券での振替輸送時には自動改札をタッチするな

| | コメント (0)

さらばファミマTカード

20190325先日、ファミマTカードを解約した。セキュリティのため、使っていないクレジットカード一掃するという行動計画の一環である。

そもそも、だいぶ昔にTポイントカードを作った際に、ファミリーマートでは当時クレジットカード機能付きのものしか提供しておらず(現在ではクレジット機能のない「素」のTカードも交付されるようだが)、何とも思わずに作成していたという経過がある。

また、最近、Tカードに紐づけされた個人情報を令状なしに警察当局等に提供していた、ということでTポイント運営事業者のCCCが叩かれる事態となっており、Tポイント自体もライバルとの競争にさらされたり、加盟企業が脱退するなどで苦境に立たされているとの報道もある。今回解約したカードはTポイントカードとしての機能もあるので、カード解約とともにTポイント登録も消滅することとなる。

さらに、このクレジットカードで「ドコモiD」の決済が使えるようになっていたが、これも解約とともに消滅となった。ガラケーのお財布ケータイ機能で支払いができる機能だったが、交通系IC(私はICOCA)での支払いに集約された現状では、ほぼ無用の長物だった。

これで、ANAカード、PiTaPaカードに続き3件目のクレジットカード解約。現在は食費等の家の共通経費に使うクレジットカード(某流通系)と、私個人のお小遣いとして使うICOCA紐づけのJ-WESTカードの2枚に集約されたはずである。不必要なクレジットカードを持ったままだと、番号漏洩等で勝手に使われるなどのリスクもあるので、整理しておく方がいいと思われる。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧