育児

京都鉄道博物館2021

210223_01飛び石の祝日となったこの日、京都鉄道博物館を一家4人で訪れた。元々は相方がいくつかお出かけ先の案を提示しており、その中では最も相方が興味なかった選択肢をジュニア達が選んだので、相方は朝から不満タラタラ。スキーに行く際と真逆の立場である。

で、私が以前にここを訪れたのは2018年1月とこのブログに記録があり、3年ぶりの訪問となる。その際は既に次男も生まれていたが、まだ小さかったので私と長男2人のみで行っていた。その3年前にはまだ開業していなかった梅小路京都西駅が今はあるので、アプローチは楽になった。早めに着いて昼食用の弁当などをコンビニで買っておいた。新型コロナウイルスの緊急事態宣言はまだ発令中だが、お構いなしで開館前に長蛇の列ができはじめる。っていうか感染者数は1月初旬でとっくにピークアウトしたのは目に見えているのにいつまで緊急事態出し続けるねん、と見切っている人が多いということだろう。

210223_02博物館側はコロナ対策に腐心しているようで、入館時には手指の消毒を求められ、サーモグラフィーで体温をチェックされた。また、行列ができるような箇所には間隔を空けるような指示が床面に記されていた。

まず最初は私と長男、相方と次男の二手に分かれて、それぞれジュニア達の行きたいところ、見たいところを回るよう好きにさせた。

210223_03期間限定で余所から運んできた列車を展示するコーナーには、四国・徳島からのトロッコ列車らしきものが来ていたが、ジュニアには興味が無かったようでじっくり見られず。

210223_04その後組み合わせをチェンジして、私と次男、相方と長男2ペアでの自由行動へ。まずは電気機関車の運転台でガシャガシャ。

210223_05いわゆる「湘南電車」の初代、モハ80形(モハ80001)の車内を見物。半屋外部分に常設展示されている車両ではあるが、普段は外から眺めるだけのところ、この日は特別に車内にも入れた。

コロナ対策ということで1組ずつ時間を置いての見学なので、少し列を作って待つことになる。老舗の百貨店を彷彿とさせるような上品な高級感があった。

210223_06初代トワイライトエクスプレスの電気機関車の前でパチリ。この電車と同じヤツがうちのプラレールにもある、ということを次男も認識できているようだ。

210223_07プラレールといえば2階のキッズスペースなのだが、コロナ禍のため現在コーナーの利用は休止となっていた。

コーナーの展示ケースにはシンカリオンのプラレールがズラリ勢揃いしていた。我が家にもE5とN700Aがあったのだが、いじくり倒してボロくなったので既に廃棄されてしまった。

なお、画像には無いが、3階のホールの一部が休憩スペースとなっており、テーブルとイスがあって持ち込み飲食物を飲み食いできる。食堂は相変わらず混んでいるようだが、このスペースは穴場なのか比較的ゆったり利用できた。そういえば、以前長男と来た際に弁当を買って食べたブルートレインの食堂車(1階の半屋外展示)は、コロナ禍のため閉鎖中だった。
210223_08蒸気機関車の機関庫と、実際に走らせているSLスチーム号のところへやってきた。機関車には「無限」と掛かれたプレートが掲げられており、大ヒット中の「鬼滅の刃」に関係しているそうだが、一切見てないのでサッパリ分からん。

動画でも撮っておいたので掲載。


210223_09その蒸気機関車の横に、遊具コーナーがあったのでそこで遊ばせる。同じようなちびっ子達で賑わっている。

風向きによっては、蒸気機関車の煙が漂ってきて石炭臭いので要注意。あとで気がついたが、子供の手袋も煤が付いて黒く汚れていた。

210223_10ドクターイエローの形をしたすべり台などの複合遊具もあり、大盛況。後に長男も合流して、寒空の中ひとしきり遊ぶ。

結局のところ、ここで遊ぶのが一番楽しかったとの感想で、予想していたとはいえ、それならわざわざ博物館に出向かんでもええやん、というオチとなった。

| | コメント (0)

ハチ高原スキーツアー

210210_1祝前日に休みを取って、家族総出でスキーツアーに行った。元々はGoToトラベル利用のはずだったのが、同スキームは一時中止となり、しかも新型コロナの緊急事態宣言が延長となって期間内に飲み込まれてしまったが、ツアー自体は取りやめにはならないとのことで、どうすべきか悩みつつも参加のジャッジ。

行き先はハチ高原スキー場、早朝の新大阪からバスに乗る。スキーバスなんて学生の頃以来か、10数年、下手すりゃ20年ぶりぐらいのこと。このブログ記事を振り返っても、スキーに行った記録はない。で、新大阪駅前には他にも何台か大型バスが止まっており、結構な賑わい。当然ながら若者が多い。コロナ禍もへったくれも無い。一応乗車前に検温をし、バス内はマスク着用、飲食禁止。また、換気モードになっており数分程度で車内の空気は入れ替わっているそうだ。中国道、舞鶴道、北近畿豊岡自動車道と経由して3時間程でハチ高原に到着。

210210_2宿にチェックインしてスキー板などをレンタルしたらもうお昼。朝食はパンをちょっとかじった程度で腹が減っていたので滑る前にまず昼食。

この日は平日で、ランチ営業をしている店が少なく、そこに客が集まるのでそこそこ混んでいる。ピザを頼んだらだいぶ待たされたものの、ちゃんと石窯で焼いた本格的なピザが出てきて満足。ただし結構なお値段。そうだよ、思い出してきたよ。スキー場の食事メニューがどれもぼったくり価格であることを。

210210_3私はてっきり次男坊(4歳)の雪遊びそり遊びのお守りでもするのかと思っていたが、何と次男も午後からのスキー教室に放り込むとのこと。

長男(7歳)はこれまで何度か相方とその仲間のスキーツアーに行っていて経験者ではあるが、同じくスキー教室で勘を取り戻してもらうことに。というわけで、子供の面倒見からはしばし解放されて、相方(ちなみにスノーボーダー)と滑りに行った。平日でしかもコロナ禍ということもあり、空いている。

ものすごい久しぶりのスキーだったが、何とか滑ることはできた。ただし相変わらずの下手っぴいだ。変なところに力が入っているのか、太ももの普段使わないような筋肉がもう痛い。そうだよ、思い出してきたよ。なぜ私がスキーから遠ざかったのかを。行くのも大変、機材も食事もコストが高い、ちっともうまくならないスキーに何で好き好んで何度も行かなアカンのかと。一方で、マラソンを始めたらわずかの間でサブスリー、さらに高みを極めたので、自分はマラソンの方が得意だし性にも合っているのだと。だからスキーを棄ててマラソン一筋になったんだよ(といいつつ最近は走ることも無くなったが)。

210210_4今回のツアーは、旅行会社によるバスと宿がセットになったプランで、しかもどの宿になるかは指定ができず、直前に決まる(その分だけややお得な値段)という商品だったが、それであてがわれた宿は「ロッヂみゆき」というところだった。合宿など比較的大勢で利用する感じの施設で、学生時代の天文サークルでの夏合宿を思い起こした。チェックイン時は手指の消毒、検温に加え健康状態の問診票を書き、館内はマスク着用といった感じでコロナ対策をしていた。

利用客はうちらも含め4グループ程度。バスの乗客とは違って、他は比較的年配の男性グループだった。書き入れ時のこの時期に、満室には程遠いこの利用状況、経営的にはどうなんだろうと少し気がかりである。

210211_1翌日も好天。2日目もジュニア達を午前のスキー教室に行かせる選択肢もあったが、両名とも自由に滑りたいとのことで、まずは私と次男、相方と長男で組むも、自分が滑るだけでも精一杯の自分が、生まれて初めてのスキー2日目の4歳児の面倒を見られるはずもなく、即座にギブアップ。ペアを組み替えて午前は私と長男が組んだ。

長男は、緩斜面なら既に一人で難なく滑れる。さすがにこの日は祝日で利用客も多く、メインのゲレンデではリフトの待ち行列が長くなっているので、空いている林間コースを何本か滑った。

昼食後、午前の訓練で、このゲレンデなら一人で滑れるように相方が次男を鍛えたとのことでメンバーチェンジして午後の部へ。超初心者用にスキー教室が行われているのと同じゲレンデ、上るのもリフトではなくベルトコンベアー状の動く通路に乗る緩斜面で、次男と一緒に滑ってみてビックリ。本当に一人で滑ってやがる。

そのときの模様を動画で記録した。まだ筋力が足らず、左右のバランスも取れないので左側に常に寄ってしまうという難点はあるようだが、たった2日でここまで出来てしまう身体能力に感心した。

夕方頃発のバスで帰路に就くが、車両トラブルがあって機材変更のため予定より30分遅れの出発となり、加えて道中は同様のスキー帰りと思われる車両の混雑で下道から豊岡自動車道まで大渋滞、大幅に遅れての帰着となった。

| | コメント (0)

阪急・リサとガスパールのスタンプラリー

21012401雨降りの日曜日、ずっとジュニア達を家で飼ったままもどうかということで、阪急のスタンプラリーに出かけることにした。

以前相方がリーフレットをもらっていたのを見ると、すみっコぐらしのスタンプラリーは昨年11月で終わっとるやんけ、だったが、調べたら11月以降2月まではリサとガスパールのスタンプラリーに替わっていることが判明。なお、長男が先日足を捻挫しており大事をとってギブスをはめているので、駅までは肩車で連れて行く。

210124_02スタンプラリーの最初に立ち寄ったのは高槻市駅。

210124_03高槻市の誇るゆるキャラ「はにたん」もマスクをしていた。

210124_04十三から宝塚線に乗り換えて豊中駅へ。

210124_05更に宝塚線の終点まで乗って宝塚駅へ。ここの駅ビルのミスドで昼食。再開しようとした際、相方が一日乗車券をどこかで紛失していることが判明、以降の移動料金は別途ICカードで払うことに。

210124_06今津線に乗って西宮北口駅へ。ここは改札内にスタンプ台がある。

210124_07最後は梅田の阪急三番街がゴール。無事に参加賞のキーホルダーをゲットした。

緊急事態宣言の最中ということもあり、阪急は特急ですら空いていて、スタンプ台でも行列はなく、ソーシャルディスタンスを取るよう床にかかれた案内もほぼ出番なしという感じだった。鉄道会社としてはこの実入りでは経営的に相当厳しいだろうな。一日乗車券大人1300円はちょっと高め(阪急だけでなく阪神も使えるのだが)はまあ言わば景気付けのお布施みたいなものだ。

| | コメント (0)

稲荷山ピクニック

201129_0111月下旬、京都・伏見の稲荷山に行こうということで、長男の保育所の時の同級生家族複数で伏見へ向かう。伏見稲荷大社は朝からそこそこの人出。

201129_02伏見稲荷の千本鳥居をくぐり抜ける。建立された年月日が書いてあるのだが、昭和・平成だけでなく令和の年号もちらほら。どんどん新しいのが追加で建てられていくのでこんな風景になるわけだ。

201129_03途中ちょっと見晴らしがよくて茶店があるところで小休止。京都市街が見渡せる。

201129_04さらに先となると、ようやく人も少なめになって歩くことしばしで稲荷山の頂上に到着。先週愛宕山に登ったのに比べれば屁でもないレベル。次男も余裕で完歩。

201129_05稲荷山そのものではピクニックできるような場所がない(というか山全体が御神体だからそれはアカン)ので、下界に降りてきて、JR稲荷駅と京阪伏見稲荷駅の間にひっそりと佇むようにある公園でピクニックを展開、お昼ご飯。

201129_06ここでちょっと試したかったのがアルコールランプ。先週の愛宕山にて、ガスコンロでお湯を沸かしてカップ麺を食べている他の登山者を見てあれいいなあ、となっていたのだが、コンロにボンベと結構かさばる。そこで、同種の登山グッズでアルコールランプもあることを知り、ネット通販で購入した。

小学校の理科の実験で使うガラス瓶のヤツではなく、金属の台でできている。燃料用アルコールが薬局でも売られておるそうで、先日マツキヨに買いに行ったが見あたらず。店員に聞くと、棚にしまってあるところから出してくれた。消毒用アルコールと間違って買ってしまうと危険なので陳列はしてないらしい。で、その上に乗せる登山用グッズのミニやかんでお湯を沸かしてみたところちゃんと湧いた。明るいところだと炎がほとんど見えないのがガスコンロと違う感じだ。

201129_07さて、ピクニックの際も大人は飲んでいるのだが、飲み直しということで京阪に乗って伏見桃山へ、そこから少し歩いて黄桜カッパカントリーへ向かった。でもよう考えたら、これぐらいの行程も伏見名水スタンプラリーの際は京都駅から全部走って来てるんだよな。

意外と混雑は無くてテーブル席を確保できた。だが以前に比べかなりテーブルもイスも間引かれていて、ソーシャルディスタンスを意識しているようだ。ちょっと肌寒いが地ビールをいただく。

201129_08引き連れていた子供らは、展示物などを見ながら時間つぶし。毎年マラニックで立ち寄ってはいるが、長時間居座るわけではないので、あまりじっくり見たことが無かった。歴代の黄桜コマーシャルとかも延々流れていた。

したたかに酔っ払って帰りは近鉄桃山御陵駅から帰路に就く。京都駅も結構な混雑。混み合う新快速は避けて、あえて普通電車に乗って帰った。これは空いていた。

| | コメント (0)

愛宕参り2020

201122_111月の三連休に、愛宕山に登ろうということになって、朝早くから阪急に乗って嵐山へ、そこから京都バスで清滝へ向かう。

嵐山のバス停で待っていると京都駅始発のバスが大幅に遅れてやってきたが、超満員でドン引き。見送ったところ、嵐山始発のバスはガラガラで一安心。

201122_2途中のちょっと遠くが見渡せるポイントで遠景を見やる。

まもなく4歳となる次男がどこまで自力で歩けるか気掛かりだったが、参道の脇に40個掲げられている標識の25/40ぐらい、つまり半分以上は自分の脚で登ってくれてうれしい誤算。

201122_3そして愛宕神社に到着。先に境内で昼ご飯にしてから参詣。いい天気で、日が射しているとポカポカするが、ちょっとでも雲がかかるととたんに寒くなるような気候。

それで、子連れでの愛宕参りは、このブログの記録によれば、6年前の2014年に、当日2歳ちょっと前の長男をおぶって訪れていた。ちなみに今回7歳となった長男は往復とも全部自力で踏破している。

201122_4下りに入ってから、6年前には長男を負ぶっていただっこ紐を使って次男をおんぶ。少し寝て体力回復した次男は、その後また自力で歩き出した。

201122_5無事下山して、バスまでの時間がだいぶあるなあと思っていたら、時刻表に載ってない臨時バスがちょうど出るところで慌てて飛び乗る。これも空いていて助かる。

ところが、嵐山中心部で大渋滞に巻き込まれる。渡月橋付近で周囲を見渡すとものすごい人出。「我慢の三連休」と呼び掛けられていたが、あちゃあ、やってもうてるわ、という感じだった。

なお、前回愛宕神社授けてもらった御札を持って行くのを忘れており、今回新たに授けてもらった御札が大サイズの方だったので、いま我が家には大小2枚の御札が台所に貼られている。

| | コメント (2)

NIFRELに触れる

201103_01文化の日の祝日、子供らを引き連れて万博公園の水族館NIFREL(ニフレル)に向かった。開館からはや5年が経過しようという時点での初訪問。というか開館直後はあまりの人気に大渋滞と聞いていたので敬遠していたという節はある。

昨今のコロナ禍で入場制限をしており、当日券だと入れない恐れもあったが、何のことはない、チケット購入の行列もごくわずか、待ち時間なしで入れた。これはつまりネットでの事前予約も、当日券狙いで来る客も、さほどは多くないということの証左でもある。

201103_02いかにも水族館ですよねという展示を見て回る。相方は水族館には入らず、別働隊としてショッピングモールで買い物中のため、チョロチョロ動き回るジュニア2匹を私一人で同時に御しないといけない。

201103_03ワニもいたが、しばらく見てても全然動かず。

201103_04最後の展示ゾーンでちょっと驚く。動物のいるスペースに柵がしていない。というか、観覧客が歩くスペースと同じところを闊歩する鳥なんかもいる。

コロナ禍以前は実際に触ってもOKということだったそうで、それが最大のウリだったようだ。そうか、だから施設名が「に触れる」なのか(気付くの遅いよ)。

201103_05さて、昼ご飯の集合時間まで少し時間があったので、すぐそばにある大観覧車オーサカホイールにも立ち寄った。行列で時間がかかるかと思いきや、これもほぼ待ち時間ゼロ。皆遠慮して感染予防になることはいいのだが、あまりにも閑散としすぎて商売的に成り立っているかどうかが心配になった。

さて、観覧車の床面は一部透明となっており、真下まで丸見え。私は平気だったが、高所恐怖症の方にはかなり厳しいことだろう。

201103_06太陽の塔も上方から見下ろすいい眺め。

201103_07ガンバのスタジアムと生駒山系を望む。いい天気で、さすがは晴れの特異日。

お昼ご飯はモールのイートインのつもりだったが、あまりの混雑にあきらめて車で帰り、近所のパン屋のイートイン。モール自体はそこそこ盛況だった。この違いは何なのだろう。

| | コメント (0)

天王山ハイキング

201025_110月某日、長男が保育所で一緒だった友人家族ら複数で、天王山へハイキング。JR山崎駅からの歩き。天気は上々、途中展望がよいところでは淀川に生駒山系、大阪の市街地まで見渡せた。

201025_2山頂手前に横たわる切り株。2年前の平成30年台風21号で一帯は大きな被害を受け、このハイキングコースも一時閉鎖されていた。これらは倒木などを処理した名残なのだろう。

201025_3山頂でピクニックの昼ご飯、そこでもワインを飲むが、飲み足りないということで、山を下りてきて線路沿いにあった公園で野外宴会。室内で多人数の飲み会ができないからこうせざるを得ない。

ちなみにこの公園は比較的最近できたようで、かつては登り釜があった遺跡を整備したものらしい。

(本記事は、だいぶ後になってからの投稿のため、相当記憶が薄れており、そんなことがあった、という記録程度の内容となっているのでご了承願います)

| | コメント (0)

大阪メトロスタンプラリー2020(後編)

前編からの続き)
200927_1大阪メトロ「もっと!まじめに ふまじめ かいけつゾロリなぞなぞ修行スタンプラリー」の後半戦。先日の前半戦は最終日の参戦だったが、今回は後半戦開始早々での参戦なので、ほとんど日が開かず連続している感じがする。

まずは中崎町駅からスタート。

200927_2次いで淀屋橋駅。今回はさすがに東梅田駅と梅田駅の乗り換えを使う。

前半戦ではなぞなぞの下にヒントが書いてあったが、後半戦ではヒント無し。この駅の問題は楽勝だったが、中にはええっ、何だろうとしばし悩んでしまうものも。大概はことば遊びなのだが、大人のカチカチの頭で考えるとかえって思い至らなくなる。

200927_3長堀橋駅も経由するが画像は飛ばして京橋駅。他のラリーポイントは駅構内にあるのだが、ここだけコムズガーデンに設置されているので改札の外に出なければならない。ちなみに、前後半戦とも一日乗車券を購入しているので、改札の内外は影響ない。

200927_4最後のラリーポイントは南巽駅。そのままゴールに向かってもよかったのだが、昼食も兼ねて地上に出る。

内環状線(国道479号線)沿いに歩いていると、巽神社を発見。地下鉄の駅で南巽・北巽とあるぐらいだから、「巽」という地名の元となった神社だろうか。それにしても、巽とはそもそも南東という意味だから、南巽はまだいいとして、北巽って矛盾していないか、と思った。

(本記事は、だいぶ後になってからの投稿のため、相当記憶が薄れており、そんなことがあった、という記録程度の内容となっているのでご了承願います)

| | コメント (0)

大阪メトロスタンプラリー2020(前編)

200922_19月連休の最終日、大阪メトロで「もっと!まじめに ふまじめ かいけつゾロリなぞなぞ修行スタンプラリー」と銘打ってスタンプラリーをやっているとのことで、子供たちを引き連れて参戦。前後半で分かれているのだが、この日が前半の最終日。というわけでこの日の夕方タイムリミットまでに全て回りきってゴールまでたどり着かねばならない。

200922_2最初のポイントは御堂筋線江坂駅。JRで新大阪へ向かい、そこで乗り換えれば楽勝だ。ラリーポイントにはこのようななぞなぞが書いてあって、スタンプを押すだけではなく、参加用紙の回答欄を埋める。その回答欄の一文字だけ番号が振られていて、5箇所の回答からそれぞれ一文字ずつ拾ってきて並べた言葉が最終の答えとなる。

200922_3江坂駅の次はだいどう豊里駅を目指す。最短なら、梅田へ出ていったん改札を出て東梅田へ、そこから谷町線で太子橋今市へ、そして今里筋線乗り換えなのだが、梅田地下街で長距離子供を歩かせるのはつらかろうと、心斎橋で長堀鶴見緑地線乗り換え、蒲生四丁目で今里筋線乗り換えという若干遠回りなルートを選択。ところが、心斎橋乗り換えも蒲生四丁目乗り換えもそこそこ距離があり、しかも長堀鶴見緑地線の待ち時間・乗車時間が長く、ここへ来るまででだいぶ時間を使ってしまった。

200922_4このあと途中の画像は省くが、平野駅、天王寺駅、トレードセンター前駅の順で回ったものと思う。ゴールは大阪ドーム(ドーム前千代崎駅)だが、結構終了時間キワキワだった。

後編に続く)
(本記事は、だいぶ後になってからの投稿のため、相当記憶が薄れており、そんなことがあった、という記録程度の内容となっているのでご了承願います)

| | コメント (0)

摂津峡青少年キャンプ場

200809_18月某日、高槻市の摂津峡青少年キャンプ場を訪問。このキャンプ場は一般利用もできるが、その奥に、普段なら学校やボーイスカウトといった団体利用専用で一般開放されていないゾーンがあるのだが、昨今のコロナ禍で集団利用が困難ということもあり、少数の家族利用ができる限定のイベントを高槻市教委が企画していた。それに応募したら何と20倍ほどの競争率があったそうだが難関をくぐり抜けて当選。

200809_2キャンプ用品は同施設の備品を借りる。テントも完成。

200809_3夕食はかまどで薪を燃やして調理。火おこしがなかなかできず少し出遅れた。

200809_4キャンプの定番、カレーライス完成。水加減がちょっとシャバシャバだったが気にしない。

200809_5日が暮れてからも、子供向け体験イベントが用意されており、暗い林の中をクイズラリーしながら自然に触れられるよう教委職員やキャンプリーダーなどのスタッフがいろいろと考えていてくれた。途中見晴らしのいいところで高槻市街の夜景が見える。

テントでの就寝は下界よりマシといえど蒸し暑くてあまりよく眠れず。明るくなる前からのヒグラシの大合唱が印象に残った。


200810_1翌朝の朝食はホットドッグ。アルミホイルに包んで牛乳パックに入れたものをかまどで燃やして蒸し焼きにするのだ。あとは焼き板とドングリなどを使った工作の体験もあった。

(本記事は、だいぶ後になってからの投稿のため、相当記憶が薄れており、そんなことがあった、という記録程度の内容となっているのでご了承願います)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧