育児

ドクターイエロー

170214_1この日の前日に、東海道・山陽新幹線でドクターイエローが走ったとの情報を入手した。ダイヤにはいくつかパターンがあるそうで、その日は下りののぞみタイプだった。その翌日には必ず上りののぞみタイプで走行するということで、これを捕らえるべく新大阪駅へ向かった。たまたまぐずって保育所に行かなかった長男を連れて行った。

webで調べたダイヤでは、新大阪に12:54着とのこと。何番線かがわからなかったが、列車案内に「回送」と表示される列車に違いないとあたりを付けて25番線ホームへ。すると、同じ目的と思しき親子連れがいる。


待つことしばし、ついにドクターイエローがその姿を現す。動画でも記録。

170214_2上り列車の先頭停車位置は、ほぼ16号車が停まるところと同じ。編成が短いので中程になるのかと思ったがそうではない。

170214_3子供も入れて記念写真。同じようなことをする親子連れ多数。それも多くが母親と子供。これらがいわゆるママ鉄・小鉄だ。

170214_4後ろの方へ移動して車台番号も確認。923-3001との番号、JRのエンブレムが青色なのでJR西日本の所属だろう。このドクターイエローは、正確に表現すると、新幹線電気軌道総合試験車900系923形3000番台T5編成、ということになる。

170214_5子供たちだけでなく、たまたま居合わせたと思われる大人の乗客も、珍しそうにカメラを向ける姿が多数。そりゃあ、狙ってるなら別だが、偶然見かけるのは困難だろう。私も、これまでに偶然でも見かけたことはない。(正確に言うと、乗っているときにすれ違ったやつが黄色だったかな、ということは一度あったが)


ドクターイエローは、しばらく新大阪駅に停車したのち、鳥飼基地に向かって出発していった。スマホのカメラを向けるママ鉄と手を振る子供たちの姿も含めて動画に収める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お宮参り2017

170109次男坊も無事生後1ヶ月が経過したので、近所の神社でお宮参りをした。長男のときとは近くではあるが別の神社である。長男が産まれてから今の家に引っ越して、より近い方の、初詣でもお世話になる神社。こじんまりとした社だが、ちゃんと拝殿の中に10名程度は収まって祭事ができるような部屋になっているとは知らなかった。結構若い宮司さんにお祓いをしていただいた。

ちなみに今回も男の子なので額に「大」の字(女の子の場合は「小」)を書いているのだが、この習慣は全国的ではなく、関西などの地域限定的な風習だそうだ。昔々は「犬」とか「×」とか書かれていたそうだが、それはちょっとかわいそうだな。近年流行りのトランスジェンダーなら「中」とでも書くのか。プロレス漫画なら「肉」とか。脱線失礼。

その後、長男のときにもお世話になった、そして毎年の結婚記念日にも記念写真を撮ってもらう写真屋に向かう。しかし、よりによってこの日は写真屋さんが1年で最も忙しい成人式の日。奇跡的に予約が取れた理由は、ちょうど成人式の式典が行われる10時から12時の間は、新成人本人が出席しているためにぽっかり空いていたからだそうだ。次男だけのワンショットならまだしも、家族全員でのショットとなると、子供二人がまともに撮れている瞬間をそろえないといけないので、何枚も撮りまくったうえで何とか選ぶことができた。

写真屋さん曰く、2人目以降の子供は写真の数が極端に少なくなるから、意識してなるべく多めに撮ってやってとのことであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京日帰りツアー

161229_01年末休みに入ったばかりのこの日、以前の東京での職場にいた頃からほぼ10年ということで当時所属していたメンバー有志が同窓会を開くことになっていた。そこで私も参加することとした。ただ、子守りを放っておくのも忍びないので、長男を連れて行って新幹線など色々見せてやるという大義名分を作り出し、父子2人同行の日帰りツアーを敢行した。

新幹線の指定席予約は取れたのだが、残念ながら車両は700系だった。名古屋までは空いていたが、名古屋から先は満席。3歳の子供は無料だが膝の上に乗せざるを得ない。その状態で2人して駅弁を食する。新富士付近で富士山も見えたのだが、反対側のA席だったのでうまく写真に収めること叶わず。

161229_02昼過ぎに東京駅に到着。まずは、関西に居ると直接お目にかかることのできない、東北・上越・秋田新幹線をウォッチ。E6系こまちだけなら長男も2年前の秋田旅行時に現物を見ているが、はやぶさ・こまちの連結状態はこれが初めてだ。息子もテンション上がりまくり。

161229_03さらにホームを移動して北陸新幹線のE7系をウォッチ。

161229_04ひとしきり新幹線を眺めた後は、在来線ホームをいくつか見て回る。中央線ホームに来たが、タイミングがいまいちで特急はおらず。

161229_05その後もツアーは続く。父ちゃんもまだ見たことのない、東京スカイツリーを訪れた。東京駅からは総武線快速で錦糸町へ、そこからは地下鉄でもよかったのだが、若干時間が余り気味だったのであえて都バスに乗った。おお、運賃先払い。でも既に交通系ICカードが全国共通になっているので、ICOCA1枚あれば何ら不便はない。

スカイツリータウンに着くと、相当に見上げないと全貌が入らない東京スカイツリーが迫ってくる。

東京スカイツリーの展望台に登るには、数日前までに日時指定で予約しておくか、当日券だと整理券をまず入手してから改めて入場券を買う、ということが必要になる。当日券は、予約状況によっては発行されないこともあるようなので、今回は事前に予約券を入手しておいた。おかげで入場は極めてスムーズだった。当日券も発行されていたようだが、今から1時間後に入れるという整理券を配っているような状況なので、相当に待たされることになる。もっとも、待っている間に、併設の商業施設などで時間をつぶしてください、となっていて、まあうまいこと考えられているものだ。

161229_06さて、入場すると、今度は展望台に上がるエレベーター待ちの行列に並ぶ。天井が紫色の文様になっているのが印象的だ。エレベーターは大型のものが4基でフル稼働。乗るフロアと降りるフロアを別にしているらしく、乗り込むときは庫内が常に空っぽになっている。帰りの客と動線が交錯しないよう、よく考えられている。

4基のエレベーターにはそれぞれ春夏秋冬のイメージが割り振られているそうで、自分の乗ったエレベーターは「夏」のイメージ。隅田川花火大会をモチーフにした壁飾りがキラキラと輝き、上方の液晶パネルにもCGが投影される。動画で記録しておいた。

161229_07フロア350の展望台(「天望デッキ」というらしい)に到着。高い。高すぎて、かえって恐怖は感じない。大阪空港に着陸するときの窓の風景の方がよっぽど怖い。高さ350mなのですでに東京タワーのてっぺんよりも高いところにいることになる。

この日は晴れていたのだが、惜しいことに遠方が霞んでいて、富士山などは見えなかった。360度見て回ると、太陽が射してくる方向はとてもまぶしい。

161229_08陽が射すということは、当然影ができるわけで、スカイツリーの影ができる方向を見やると、その巨大さが改めて実感できる。

さらにもう一つ上にある展望台を目指して、次のエレベーターに乗る。最初のよりはやや小さくなる。こちらのエレベーターは扉と天井が一部ガラス張りで、外が見えるようになっている。こちらも動画で記録。

161229_09フロア450に到着。「天望回廊」というらしい。高さは450m。さっきよりもさぞや展望が広がるかと思いきや、思ったほどは見た目は変わらなかった。ここはフロア全体が斜めのスロープで徐々に登っていくように作られている。

161229_10十分見たので、エレベーターでまず一旦はフロア345まで降りる。ここには、足元がガラス張りになっている部分があるということで、そこを通る客で若干渋滞気味。ただ、さっきも述べた通り、あまりにも高いのでかえって怖いとは思わない。

次いで地上階に戻るエレベータに乗り換えて下界へ降りる。今度は「春」のエレベータだったようだが、あまり印象には残らず。

161229_11ツアーはまだ続く。スカイツリーを建てた東武鉄道に敬意を表して、東京スカイツリー駅から浅草駅までたった一駅だが乗車。東武浅草駅のえらく急なカーブ、電車とホームの間に誰でも落ちそうなぐらいに隙間が空くのを目撃するのは、ひょっとして小学校6年生の時の林間学校で日光へ行ったとき以来かもしれない。

161229_12浅草駅から、仲見世通りを通って浅草寺へ。浅草観光の、というより、東京、いや、日本に観光に来た際の超ベタなルートをあえて体験。外国人客が非常に多い。

161229_13浅草寺の門と東京スカイツリーの共演。それにしても自撮り棒&スマホで撮影する観光客の多さよ。

とまあ、盛りだくさんのツアーを終えて、父ちゃんにとっては本来の目的であった同窓会会場のある銀座へ向かったが、このあと父子を悲劇が襲う。会場の居酒屋で宴会開始という段になって、突如長男が嘔吐。とても宴会どころではなくなったので、中座して帰ることにした。フラフラになった長男を励ましつつ、新幹線の予約も、時間繰り上げたら普通車指定席はどれも満席だったので、やむなくグリーン車を選択。それも、横に寝かすことが難しいので、11号車にある多目的室を借りて、京都まで長男を寝かせるという、ハチャメチャな終幕劇だった。盛りだくさん過ぎて疲れたのかもしれない。息子よ、申し訳なかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二人目は難産

161208_12016年12月7日深夜、相方が、何となく痛みが周期的に来ると言い始めた。当人も陣痛とまでは認識していないようだったが、かかりつけの助産師に連絡すると、すぐ病院へ行きましょう、ということで、寝ていた息子ももろともに連れて産婦人科へ車で向かった。

診てもらうと、もう産まれてくるということで分娩室にスタンバイ。前回のお産とは違って、今回は助産師が基本的にサポートして、何か問題があったときだけ産婦人科医にお出ましいただくという体制になっている。子宮口は順調に開いており、定期的に訪れる陣痛もそんなに痛いと感じない(相方談)とのことで、5時ごろには出産かなとの見立て。経産婦ということもあり、今回も楽勝だろうと、この時は楽観していた。

ところが、終盤になって徐々に目算が狂い始める。どうやら一番狭いところを頭が通る段階で、停滞しているらしかった。出産予想時刻はとっくに過ぎた。すまぬ、頭のデカいのは父ちゃんの遺伝だ。そのうち陣痛も弱くなって押し出す力が足りないため、7時ごろから陣痛促進剤を点滴で投与しはじめる。一緒に起きて待っていた息子も、ついに力尽きて寝入ってしまった。

そこからも長かった。朝食のパンを買いに走り、休憩を取りつつ進展を待つ。上半身を起き上がる体勢にしたり、横を向いたり、ちょっとでも陣痛を強くできる方法をいろいろ探す。幸いなことに、モニターしている胎児の心拍数は、いきむことで一時的に低下してもすぐに回復してくる。丈夫な子だと助産師も感心。こいつはマラソンランナーになっても強いかもしれない。

再び息子が起きてきたが、あやすにも限界があったので、部屋を出て産院のキッズスペースで一緒に遊んでやりながらその時を待つ。10時ごろになって、もうすぐ産まれるとの知らせを受け、分娩室に戻るも、相方は痛いと絶叫するかなり凄惨な状況。息子は耐えられなかったようで、また二人して部屋を出る。そして、産まれましたとの連絡を受けてからようやく部屋に戻った。

161208_212月8日10時43分、第二子誕生。3060グラム、男児。10時間を超える大苦戦となったが、母子ともに正常。息子は弟ができ、お兄ちゃんになった。

二人目以降の出産は楽、と一般的には言われているが全く違った。まあ、前回に比べて、運動不足、体力の低下といった要素があったかもしれないが、とかく出産育児はケース・バイ・ケースの塊でマニュアルがあてにならない。

ともあれ、無事に生まれてきて一安心。ただし、この子が成人するときは自分はとっくに還暦越え。ここから先もまた長い苦難の道のりである。お互い、がんばろうな。

(くりりんの問わず語り「超安産を振り返る」にトラックバック)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

吹田総合車両所一般公開

161029_jr1
この日は、JR西日本吹田総合車両所の一般公開にわが子と2人で赴いた。JR吹田駅から線路沿いに京都方面へ1kmほど、誘導員やカラーコーンは山ほど配置されており迷うことなくたどり着けた。

161029_jr2
施設の中はとてつもなく広い。工場か体育館のような巨大な建物が複数並んでおり、その間にはプールのように少し窪地になった広い空間が挟まっている。建物の中には線路が並行に走っており、隣の建物に移動する際に別の線路へ平行移動できる設備がこの空間の役目らしい。「トラバーサ」と呼ぶそうだ。

最初に見たのが221系電車を改造しているところ。塗装も一旦全部はがされているのでまるでスクラップのようだ。

161029_jr3次にミニSLのコーナーに並ぶ。開場後すぐだったので待ち時間はほとんどなし。実際に乗ってしまうと、前に動いて、後ろに戻っておおしまい、だけなので画像は割愛。撮るなら自分は乗らずに沿道から見ないといい画にならない。

その次に向かったのがミニ新幹線コーナー。こちらは軌道上を走るのではなく、連結されたゴーカートでぐるっと一周するもの。北陸新幹線W7系とドクターイエローの2編成があった。

161029_jr4会場内には物販コーナーもある。鉄道グッズがいろいろ売られている。手に取ってみたのは駅ホームの上の方に掲げられる乗車位置表示板。サンダーバード5号車自由席、と書かれていてお値段2700円。買いませんでしたが。

この他にも、屋台の飲食ブースがいくつか並んでおり、会場内で軽食も食べられる。

161029_jr5
工場らしく、車台とかが置かれていて打音検査の体験ができるコーナーなどもあった。画像は287系特急車両(くろしお)の車輪の下の方。普段はお目に書かれないようなアングルで近くから列車を眺めることができる。

161029_jr6その「くろしお」のところに行列ができているので並んでみると、子供サイズのJR制服を着せてもらって記念撮影ができるというサービスだった。ちなみに、これとか上にも挙げた子供向けのコーナーでは、参加すると最後に鉛筆やノートなどのノベルティグッズがもらえる。

161029_jr7
工場ならではの大迫力が、車両を車台から釣りあげて移動させる装置。天井から吊るされた巨大なコの字型のアーム2つで、車両を挟み込んで持ち上げる。実演もやっていたが、タイミングが遅れてもうほとんど終盤の方をちょっと見られただけ。先に述べた「トラバーサ」の実演も見そびれた。

161029_jr8
建物の外にもたくさんの引き込み線があり、珍しい列車も並んでいる。

161029_jr9
当然ながら撮り鉄たちでごった返している。

この日は後に予定が控えていたので、午前中の最初の方だけの観覧だったが、丸一日いても飽きないだけのボリュームがあるイベントだった。子連れでも、鉄な大人だけでもどちらでも十分に楽しめそうだ。来年はよく日程を確認して予定を空けておかねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大泉緑地BBQ

160811_1
今年から初めて祝日(山の日)となったこの日は、相方の実家側の親戚一同で大泉緑地にてバーベキューをすることになった。このために新たにクーラーボックスや折りたたみ椅子、バーベキューコンロを買い足した。先日購入したロケットストーブは、おそらく出番がないため持ち出さず。

160811_2大泉緑地では、一部区画がBBQ可能となっている。大概は駐車場近くで展開されるようだが、我々は地図でいうと右上あたりにある「桜広場」を利用した。ここは駐車場からは遠いのだが、すぐ近くを道路が通っており、一旦車を停めて荷下ろしした上で、車は駐車場へという方法が採れる。

160811_3
甥っ子・姪っ子が息子と年齢も近いので、一緒に虫取りなどして遊び回る。すぐ近くに小規模ながら遊具もある。やはり子供の面倒を見るのは、子供同士で遊んでもらうのがいちばん手がかからない。

暑い一日だったが、木陰に入ると何とかしのげる天気だった。他にBBQをする客はほとんどおらず、高い針葉樹(虫が出やすい広葉樹は避けるのが吉)の陰もできるので、上々のポジション取りだった。これは今後の恒例行事になるかもしれない。

往復とも近畿道を利用したが、このルートではお盆や行楽等の大きな渋滞には遭わなかった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

子ども夏祭り

160724_1近所の自治会で子ども夏祭りが行われるので、息子を連れて行った。

すでに子供たちがたくさん集まっていて、揃いの法被を貸してもらえる。我が子にも着せてみたのだが、すぐに嫌だと言って脱ぎ捨てられてしまった。神輿のスタート前に記念撮影をするのも、我が子一人だけ法被なし。

どうやら我が子には、周りのみんながやっていることと一緒のことをしようという意識がごく薄いか、存在しないようだ。もっとも、周りに合わせることが絶対必要かといわれると、そうとも限らないので、難しいところである。

160724_2
さて、神輿の練り歩きが始まると、沿道からバケツで容赦なく水がぶっ掛けられる。そんなこともあろうかと、息子には水着を着せていたのだが、そもそも神輿の列には加わらずに、私の肩車に乗って後方からついていっただけなので、水をかぶることもなかった。

子ども神輿の練り歩きを動画でも保存。

160724_3神輿は午前で終わり、夕方からは屋台や花火などが自治会集会所の敷地で繰り広げられた。盆踊り向けの音楽が流れていて、一部の子供らが踊っている。息子を肩車しながら、それに合わせてグルグル回っていると楽しそうにしていたし、花火が上がるとテンションもあがっていたので、まあまっとうなリアクションで一安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京阪電車大津線の旅(鉄道編)

160320_01この日は子守がてら京阪電車大津線のきかんしゃトーマス号に乗りに行くために山科へ向かった。京阪山科駅で大津線全線と京津線の御陵までが乗り放題となる一日乗車券600円を購入。京都市営地下鉄から直通で乗り入れてくる水色の4両編成の列車で浜大津を目指した。

スタンプラリーも開催されており、京阪山科に次いで浜大津駅で2個目のスタンプをゲット。ついでにトーマス号の運行状況を聞いてみたところ、駅員はしばらく何かの書類に目を通した後に「今日は運行していないですね、車庫にいます」という返事が返ってきて愕然とした。おいおい、平日ならまだしも3連休の書き入れ時に目玉の車両休ませてどないすんねん。

仕方がないので何でもいいから最後のスタンプポイントである近江神宮前駅へ向かうこととする。すると、ホームに入ってくる車両がピンク地でやたら派手なラッピングをを施されているのに気が付いた。「響け!ユーフォニアム」というタイトルとともに萌え系の女子学生の絵が描かれている。北宇治高校吹奏楽部を舞台とする漫画・アニメらしい。他にも次々とラッピング車両がやってきた。

160320_02近江神宮前駅に到着。駅看板の横に「ようこそかるたの聖地・大津へ」と書かれている。そんな話は聞いたことがなかったのだが、後で調べたところ、駅名にもなっている近江神宮には天智天皇が祀られており、天智天皇は百人一首でも筆頭で出てくるというゆかりで、数多くのかるた取りの全国大会がこの神社で開催されているということがわかった。近江神宮にもお参りに行くがそれはまた別項にて。

160320_03近江神宮から戻ってきて、駅の奥の方に車庫があるのでじっと目を凝らしていると、遠くの方に止まっているトーマス号らしき姿をとらえた。居るなら動かしてくれればよかったのに。

160320_04次に南側の終点となる石山寺駅まで移動。石山寺を訪れるがこれもまた別項にてまとめることとする。寺から戻って電車を待っていると、またしても派手なラッピング車両がやってきた。「ちはやふる」と書かれており、かるた取りを扱った漫画(最近は映画にもなったそうだ)が描かれていた。

160320_05さらにもう一編成、「鉄道むすめ」と書かれたラッピング車両も登場。もうこうなったら何でもありだな。

160320_06このあたりになってくると、明らかにこの車両追っかけてきただろうと思われる、カメラを持った若者もいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京阪電車きかんしゃトーマス号

160221_1この日は息子と二人で京阪電車交野線を走るトーマス列車に乗りに行くことにした。「京阪電車きかんしゃトーマスとなかまたち2015」というイベントの一環だそうで、枚方市駅に着くとちょうどトーマスやその仲間たちが全面にペイントされた10000系車両がやってきた。

160221_2枚方公園・枚方市駅と交野線全線が乗り放題となる1日乗車券が500円で販売されているのでこれを利用した。

車内にもトーマスたちのペイントがこれでもかと描かれており、また車内アナウンスは実際のアニメでトーマスの声を当てている声優が担当しているという念の入れようである。各駅にもキャラクターが割り当てられており、駅の壁とかにもでかでかとペイントが施されている。

160221_3交野線は全部で8駅しかなく、駅間もそれぞれ2分ほどしかかからないので、あっという間に終点の私市にたどり着いた。電車は10分間隔で運行しているが、トーマス電車に当たるのは40分に1本という割合である。乗り放題なので昼食は途中下車していただくが、それはまた別記事にて。都合2往復近く乗り回して、我が子が大満足であったのは言うまでもない。

160221_4スタンプラリーもやっていて、枚方市、河内森、私市の3つのスタンプを集めると缶バッチがもらえた(子どものみ対象)。なお、未就学児は乗車料金無料なので切符がないことになるが、そうした子供向けに、おもちゃの切符を渡してくれるのはなかなか気が利いていると思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

500 TYPE EVA

151227_01今日は相方不在のため、わが子と二人で過ごすこととなった。だったら二人で出かけよう、まだわが子は新幹線に乗ったことがないので(ガッツリ見に行っていることは何度もあるのに)、乗せてやろう、最初に乗せるなら500系だ、ということで新大阪駅に向かった。

やってきたのは今年秋に500系をエヴァンゲリヲン仕様に改装したばかりの編成だった。写真を撮ろうと群がる人々がホームにいて大盛り上がり。入線時の映像を以下に掲載。

151227_02エヴァ初号機の紫色が基調となっている。

151227_03何とも毒々しい色合い。

151227_045号車指定席に乗り込んだ。グリーン車はないが普通車でも2列2列のシートとなっている。1号車がエヴァ搭乗の特別体験ができるスペースとなっていて、通常の切符では入れないらしい。ちなみにこの編成はかつて8号車がプラレールカーだったそうだが、エヴァ化に伴いなくなってしまったそうだ。育児的にはプラレールカーの方がありがたかったのだが。

151227_05降車間際に前の方の車両を見物に行く。それまでの車両は普段と変わらない内装(ただし車内チャイムが「残酷な天使のテーゼ」のメロディーという凝りようだが)、3号車あたりから内装もネルフ本部っぽい雰囲気になってきた。

151227_06喫煙室に赤城リツコがいる。

151227_07立入禁止 KEEP OUTの辺りだけ見ればもうネルフ本部そのもの。

151227_082号車自由席車内。座席は2列3列だが、床にもネルフのロゴがペイントされている。

151227_09ついに1号車手前の扉まで来たが、ここから先は特別の権利を有する客しか入れない。どうやら、その権利を得るためには提携している旅行会社のツアーで申し込まないといけないらしい。さすがにそこまでやる気はない。

151227_10電車はあっという間に姫路に着いて降車。このあと姫路城に向かうがそれはまた別項にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)