グルメ・クッキング

高槻シティハーフ2020

200119_01今年も高槻シティハーフマラソンに参加。ただし参加は私一人のみで、相方と子供らは家で留守番。自転車で会場に向かうと、以前は体育館の敷地内に停めていた自転車が、一律で少し離れた小学校の敷地内に停めるようやり方が変わっていた。また、荷物預かりも前は無くて、更衣室である体育館に置き去りにするしか無かったのだが、大きな袋に入れた上で選手だけが入れるゾーンに置くようになったので、盗難に遭うリスクもだいぶマシになった。

200119_02会場の販売ブースで本当に久々に新たなランニングシューズを購入。その手の店では現金オンリーが当たり前だったが、何とクレジットカード決済が可能だった。ここにもキャッシュレスの普及が。シューズは、この後3月に出場予定となる静岡マラソン用を意図していたのだが、その時点では後々の大激震など知る由も無かった。

さてレースの方は、もはや練習無しで1年ぶりという状況なので、相変わらずのサルの着ぐるみでゆっくりジョグ、気が向いたらちょっとだけビルドアップ走といったところ。天気は比較的好天。例年終盤にバテたところをラン友のU氏に目撃されてしまうので、だいぶがんばってダレずに走りきったのに、そんなときに限ってU氏は現れなかった。タイムはグロスで1時間56分30秒と、昨年の自己ワーストよりは改善。

200119_03レース終了後、自転車で帰宅中に、ベトコンラーメン新京を発見。このラーメン店は以前惜しまれつつも閉店していたのだが、かつての店舗から数軒離れたところで復活していたとは知らなんだ。コレは寄るしかないだろう。

200119_04というわけで遅い昼食も兼ねた一人お疲れさん会を実施。店内は同じくマラソン帰りと思われる客も多く、既に昼食ピーク時間はだいぶ過ぎているにもかかわらず盛況だった。

(本記事は、だいぶ後になってからの投稿のため、相当記憶が薄れており、そんなことがあった、という記録程度の内容となっているのでご了承願います)

| | コメント (0)

麺屋 優光

19121712月某日、烏丸姉小路西入ルのラーメン店「麺屋 優光」を訪れた。ここは相当人気があり、早めに並んでおかないと行列待ち必至。というわけで、この界隈に出張の用事があり、かつ、お昼ちょっと前に自由時間にならないとありつくのが困難となっている。

この日いただいたのは「黒竹」(くろちく)というメニュー。しっかり味の濃い醤油ラーメンと記されている。その名のとおりスープはかなり黒い。系統としては新福菜館、富山ブラックあたりか。

190618ちなみにこの時は初訪問ではなく2回目。同年6月にも訪れていたがブログ掲載をサボっていた次第。いったんその場でSNSに載せてしまうと、それで満足してしまうのか記事掲載まで至らないことが多くなっている。

初回訪問時にいただいていたのはこちら「淡竹」(はちく)。一番人気がある貝系ラーメン。その名のとおり色は淡白であっさり系、貝のダシの旨味を存分に味わうことができる。

(本記事は、だいぶ後になってからの投稿のため、相当記憶が薄れており、そんなことがあった、という記録程度の内容となっているのでご了承願います)

| | コメント (0)

香住釣りツアー

191022_01即位礼の日ということでこの年だけ特例的に祝日となった10月22日、早朝から車で兵庫県北部方面へ。市町村合併で今は香美町となっている、旧香住町の香住漁港へ釣りに行く。

191022_02実はここへ来るのはこれで2,3度目ぐらい。前に訪れた際のブログ記事掲載をサボっているだけ。

以前に来た際は小アジが入れ食い状態で、しこたま釣れたが、今回はボチボチ程度。岸壁からサビキを投げる釣り方である。ジュニア達は釣ることそのものよりも釣れた魚をいじくる方に関心があるようだ。

191022_03お昼ごはんは近くの「れんが亭」というレストランで、かに丼定食をいただいた。

191022_04釣りばかりではジュニア達も飽きてしまうので、近くの公園に連れて行って遊ぶ。海の間際にあり、そこから漁港の方面を見やる。

191022_05帰路途中、地元の銘酒「香住鶴」の直販店、福智屋に立ち寄り。土産に日本酒を購入。

191022_06さらに帰路を進めて、道の駅あゆの里矢田川に立ち寄り。この道の駅は、近年香住方面に高速道路が延伸されたことにより、一般道でないと通りがかれない立地が災いして客足が激減し、潰れる寸前まで追い込まれた。しかし、その逆境を比較的若い駅長(店長)が半ば自虐的にTwitterでアピールしたことで、ネット界隈でちょっと話題になり、息を吹き返しているという状況にある。その話題を知った時から一度は立ち寄りたいと思っていたので、ようやく念願がかなった。なお、当該道の駅の、かなりクセが強いTwitterアカウントはこちら(@tajimaayunosato)

191022_07土産に買って帰った品々。ちなみに、あゆの里矢田川では天然鮎が入手できなかったので鮎の甘露煮を買ったのだが、よく見たら愛知県豊川市製造だったというオチ。

(本記事は、だいぶ後になってからの投稿のため、相当記憶が薄れており、そんなことがあった、という記録程度の内容となっているのでご了承願います)

| | コメント (0)

関東遠征・再び

190604_016月某日、再び神奈川県内某所への出張へ。今後は経由地となる新横浜駅で昼食を取ることにして、ラーメン博物館に立ち寄る。ここに来るのは初めてではなく、2000年ごろにも一度訪れた記憶があるが、まだその頃は本ブログも立ち上がっておらず正確な記録が残っていない。

190604_02まずは熊本ラーメン「こむらさき」という店に入る。

190604_03白湯ベースのスープ。博多ラーメンに近い感じか。

190604_04続いての店は「琉球新麺 通道(とんどう)」。

190604_05焦がし黒醤油ラーメンをいただいた。

190604_06出張の用務を終えて、今度は都内の某所へ向かう。以前は小田急を使ったので、今度は東急田園都市線を利用するルートにしてみた。まずは長津田駅で乗り換え。

190604_07車両が見慣れないうえに、押上行きと書かれていても、それで合っているのかどうか全く土地勘が無い。

190604_08東急は渋谷駅を経由してそのまま半蔵門線に直通。九段下で東西線に乗り換え。営団、じゃなかった、東京メトロは発車メロディーがないと思っていたのだが、九段下駅では爆風スランプの大きな玉ねぎの下でが流れた。

190604_09東西線は水色のイメージカラーだが、オレンジ色のラインの車両。直通運転している東葉高速鉄道の車両なんだろう。

そして、某駅近くにてこれまた9年ぶりぐらいとなる、小学校同窓生との飲み会。恩師も更に年を重ねられたが、ありがたいことに健在で出席いただけた。卒業以来30数年ぶりに会う同級生もいた。懐かしいことこの上なし。先生は早めに帰られたが、残った有志で夜更けまで。


190605_01翌日は残念なことに丸一日は休めず、午前半休しか取れなかったので、朝の新幹線で職場へ直行。となると、朝8時台の東西線に乗らなければならない。すっかり忘れていたが、この時間帯の東西線は地獄の混雑だった。

(本記事は、だいぶ後になってからの投稿のため、相当記憶が薄れており、そんなことがあった、という記録程度の内容となっているのでご了承願います)

| | コメント (0)

グリーンパーク想い出の森

190525_015月末の週末、複数の家族連れと一緒に、1泊2日で旧朽木村(今は合併して高島市)にある「グリーンパーク想い出の森」を訪れた。

190525_02コテージの周りにはアスレチックもあり、子供らを遊ばせておくのにもってこい。

190525_03同行者の中に料理の達人がいて、単なるバーベキューだけではなく、鶏の丸焼きといった凝ったものまで出てきた。

190525_04また、本格的なビールサーバーまで持ち込んで、生ビールを楽しめた。なお、一つはビール、もう一つはジュースが出るようにして、子供らも自らジュース注ぎを面白がってやっていたのだが、ビールの蛇口を出しっぱなしにした奴がいたのか、思ったより早くビールが無くなってしまうという残念な結果に。風呂あがりにも飲もうと思っていたあてが外れ、ワインをがぶ飲みしてしまったために、翌日は酷い二日酔いに襲われることとなった。

190526_01翌日は、同じ施設内にある「くつき温泉てんくう」を利用。宿泊者は1回分の温泉入浴券がセットになっている。併設のプールは追加料金を払って利用した。

子連れでの利用ゆえ、どちらかというとプールで遊ぶのがメインだった。二日酔いのため、プールにあるジャグジーで、ずっとへばっていた。温泉の湯は、ちょっとだけツルヌル感がある程度で、特筆すべきことはなし。好天だったこともあり、露天風呂での山々の眺望はよかった。

★★★☆☆ まあ一応は温泉だねという程度。

(本記事は、だいぶ後になってからの投稿のため、相当記憶が薄れており、そんなことがあった、という記録程度の内容となっているのでご了承願います)

| | コメント (0)

横浜探訪

190517_01某日、神奈川県内某所での出張の仕事が入ったのを奇貨に、夜は横浜市内でラン仲間と飲み会をして横浜泊、翌日は年休を取って横浜界隈で遊んでから帰る、という行程を敢行。


翌朝は横浜ベイアリアをプラプラとジョギング。

見て回ったところを全部画像で上げていくのも面倒なので、ランニングアプリで記録した地図とともに動画で掲載。 




なお、走っている最中にレンガ造りの建物に見とれたのか、つまづいて派手に転倒、左手指3本の関節部分で皮膚がえぐれるほどのかなり酷いけがを負ってしまった。


190517_02走り終えたら、横浜駅西口のビル内にある横浜天然温泉 SPA EASへ。


ここのリポートも、以前別に書き留めた記事から流用。

24時間営業と思ったら、10時半からの開場で、平日にもかかわらず開場直前には結構待ち行列ができていた。
クーポン利用で料金は2140円(入湯税100円含む、支払いは退去時)。値段のことだけあって施設は大変豪華。浴室は、屋内と露天の2箇所に天然温泉の浴槽。お湯は薄い茶褐色、ほぼ無臭、濃い塩味。化石海水だろうと思ったらまさにそのとおりだった。そのほかサウナ、水風呂、岩盤浴、リラクゼーションスペースあり。一日中過ごすにはうってつけ。メンズデーということでドリンク1杯無料サービスをいただく。

★★★★★ 某所でもランキング一位を成し遂げただけあって、あっぱれ。

190517_g1昼食は、横浜に来たからには家系ラーメンの元祖を外すわけにはいかない。というわけで、家系総本山吉村家を訪れた。12時よりやや早めの時間にもかかわらず、既に行列ができていた。

190517_g2行列は長いが、回転は速いのでほどなくしてラーメンにありつけた。極太麺に、とんこつ・鶏ガラベースのスープと特製醤油ダレ、というのが横浜家系の基本的特徴である。そして板海苔が立てかけてあり、これをスープに浸してドロっとなった状態で麺やごはんなどと一緒にいただく、というのがお約束らしい。

こうして半日ちょっとの横浜観光を後にして帰途に就いた。

(本記事は、だいぶ後になってからの投稿のため、相当記憶が薄れており、そんなことがあった、という記録程度の内容となっているのでご了承願います)

| | コメント (0)

鳥取・グルメ編2018

180310_g1若干時系列は前後するが、今回の鳥取遠征関係でのグルメ関係をこの項にまとめ。まずは往路、スーパーはくと乗車中にいただいた駅弁。京都駅構内で買った「牛すき膳」。真四角の弁当箱を斜めに仕切った半分に、すき焼き風味の牛肉、しらたき、ごぼうが盛られており、その下にご飯が敷かれている。

180310_g2マラソン前日、高校の同級生及び上回生合同の前夜祭。日本酒の「獺祭」と「香住鶴」がお出まし。

180310_g3オードブルで出てきた、ハタハタ、豆腐ちくわ、らっきょう。ハタハタといえば秋田のイメージだが、鳥取でも出てくるようだ。豆腐ちくわはちくわが柔らかめで豆腐に近い食感。らっきょうと合わせて鳥取名産となっている。

180310_g4そしてメインディッシュのカニすき鍋。1人1個ずつ小ぶりの鍋で提供された。

180311_g1最後はマラソン後、帰り際にイオンモール鳥取のフードコートで遅めの昼食というよりは早めの夕食としていただいた牛骨ラーメン。

牛骨ラーメンは鳥取のB級グルメだそうだが、本拠は鳥取県西部。鳥取市は県東部にあたり、提供していた「ごっつおラーメン」という店も本店は倉吉市にある。ダシを牛骨から取るだけあって、テールスープのような味わいのラーメンだった。おなかが空いていたので半チャーハンも付けておいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年・正月

180101_12018年の正月はいつもと様子がだいぶ違った。というのも、年末休みに入ったとたん、相方が高熱。夜間休日の病院に行くとインフルエンザに罹っているとのこと。年末にやっている大掃除もいくつかとりやめ、寝る時も相方だけ部屋を隔離。それにしても、それまで一緒に部屋で寝ていた私と息子二人が発症しなかったのはなぜだろう。

年末年始のテレビは以前からまして関心がなくなってきたところ、年明け朝早々から長男が2チャンネル(NHK教育)のボタンを押すものだから、流れてくるのは新春狂言という、渋い幕開けとなった。

鏡餅は先月に次男坊の一升餅で作ったものをそのまま流用。橙と裏白は通販で買い足したもの。さすがに三宝はないのでお皿の上。

180101_2毎年恒例の高槻元旦マラソンも、前年と同様私一人で自転車にて枚方大橋まで出向く。比較的天気はよかった。

180101_3
コースは前年から2.5km周回の上限10kmまでというやり方に変わっている。これまた前年同様ゆっくり走りはじめて徐々にビルドアップするも、キロ4:10ペースで頭打ち。10kmを43分4秒ほどだった。ちなみに、この時の筋肉痛が2日後になってもまだ残っているという困った状況である。

180101_4おせち料理はこれも前回同様ふるさと納税(小牧市)返礼品でもらった千賀のおせち。中身的にビールよりも日本酒ということで昼間から飲む。

例年なら元日は私の実家に親戚集合、2日は相方の実家に親戚集合で夕食をともにするのだが、相方インフルエンザのためいずれもキャンセル。受験生の甥っ子がいるのと、相方の親戚も介護関係のため、発症者はもちろんのこと、たとえ発症してなくても一緒に過ごしていた人とは接触しないのだとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一升餅とバースデーケーキ

171209_1この日は、次男の1歳の誕生日祝いの宴会を行うこととして、実家に押し掛けた。3年前に長男のときにしたのと同様、今回も「一升餅」が用意された。

171209_2まだ次男はようやく立てるようになったというぐらいで、歩くこともままならないが、一升餅を背負わされても、殊勝にもはいずりまわろうとする意欲を見せてくれた。

171209_3普通のケーキはまだ食べられないので、これまた3年前と同様に相方が食パンとヨーグルトで作った特製ケーキを用意。だが、次男は全然食べず、好物のコロッケばかり食べていた。

171209_4立派な誕生日ケーキも用意してもらったが、主役の次男は食べることなく、その恩恵はもっぱら長男が享受することとなった。

(くりりんの問わず語り「子育てノート(16)」にトラックバック)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石田てっぺい 高槻駅前店

171009_g1frun合宿解散後、風呂もまだだったので高槻駅前の天神の湯でひとっ風呂浴びたあと、遅めの昼飯はどこにしようかと歩いていると、ラーメン店を発見。同じ名前のラーメン店は近所にあって以前リサーチ済みだが、これはその系列店で、昨年末にここにオープンしたものらしい。どうりで以前には見覚えがなかったわけだ。「石田てっぺい」高槻駅前店である。

171009_g2というわけで「キャベ山盛」を注文。入店時に券売機で食券を買うシステム。店内はカウンターとテーブル席がいくつか。

出てきたラーメンには極細切りのキャベツが盛られている。スープと和えると嵩は減っていく。スープは濃厚白豚骨、麺は白いストレートの細麺。細切れのチャーシューもトッピングされている。

キャベ山盛 750円
替え玉 100円

171009_g3食べ終わるとどんぶり鉢の底に「一杯感謝」の文字。これは以前から同じだ。ただ、食べ終わってから店内の張り紙をみると、キャベ山盛りではやわめん(麺柔らかめ)はお勧めと書いているのに気が付いた。先に言ってよ、最初バリカタ、替え玉ハリガネで注文してもうたがな。

(くりりんの問わず語り「石田てっぺい」「再び石田てっぺい」にトラックバック)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧