« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

コストコの眼鏡

220223_1この日、2週間ほど前に発注していたメガネを受け取りに、八幡市内にあるコストコに向かう。

コストコ訪問自体はこれでもう3回目ぐらいだが、ここでは食料品以外に何とメガネや医薬品も売っているのだ。

220223_2さて、メガネの更新と言えば昨年にも行ったばかりなのにまた、ということで、その事情を説明せねばならない。そう、またまた壊れてしまったのである。

壊れた原因は先日のスキー。この際、スキー板と共にメガネをしたまま着けられるゴーグルも新調したのだが、それの付け外しのテストをした際に、呆気なく壊れてしまった。以前に壊れたのと全く同じ、レンズフレームと弦が接合する蝶番の部分。不幸中の幸いだったのは、スキー本番中ではなく、出掛ける前日に家で試していたときのアクシデントだったので、実際のスキーには一世代前のメガネを持って行って何とかしのいだ。

それにしても、二度も続けて同じ場所が壊れるというのは、構造的欠陥と判断し、同じフレームを手に入れることはせず、レンズも含めて改めて新調することにしたのであった。

220223_3それで新調したメガネがこちら。前回も、次の更新では遠近両用にしないとあかんなあという話だったが、注文時の度数等確認の際、「サポート機能」という、遠近両用移行一歩手前の、レンズ下方部分の度数が緩めてあるので、近くのものを見てもピントが合わせやすい設計のレンズにしてもらった。

早速掛けて見たところ、違和感は特にない。メガネを掛けたままでも、レンズの下の方をつかってタブレットを見ると、何とかピントが合わせられる。視線の先以外の部分の度数が違っても違和感を覚えないのは、おそらくは人間の目では視線の中心部分しか集中して見ておらず、視野周辺部の画像処理は手を抜いているから、度数が違っても気にならないのだろう。

ちなみにこのメガネ、なんとお値段2万円程で済んでしまった。流石はコストコ、恐るべしコストダウンである。なお、安いからといって決して手抜きというわけではなく、前日注文・調整した際の担当者の対応や説明も丁寧だったし、フレームもレイバンの正規品だった。メガネの値段って何なのだろうと考えさせられた。

| | コメント (0)

お宿 ひさ家

220210_s1今回のハチ北高原スキーツアーで泊まった「お宿 ひさ家」のリポートについてここにまとめる。

そもそもこの宿を選んだ理由は温泉にある。スキーツアー立案に当たり何かリクエストはあるか意見を求められた際、温泉のある宿を求めたのはこの私。正直スキーはそれ程好きじゃないので、せめて温泉ぐらいは楽しませてほしいのだ。

となると野沢温泉あたりが有名だが、ちと遠い。ハチ・ハチ北にもないかと探すとヒットしたのがこの宿だった。同宿のページによれば、先代当主が一念発起して50年ほど前に掘り当てたらしい。

220211_s1ではまずその温泉の見聞録。増改築があったからかちょっと迷路のように入り組んだ先に大浴場、カランは5個ほど、ボディーソープ等備えあり。内湯の浴槽と露天風呂の浴槽がそれぞれ1つ。

画像は朝風呂に行った際、他に誰もいなかったので撮った露天風呂だが、暗くてわかりにくい。そばを川が流れており、川向かいの裏山には雪が積もっていて風情がある。

泉質は、掲示によれば単純泉放射能低温泉、低張性弱アルカリ性低温泉。四要素の表示が見つからなかったが、源泉温度27℃とのことで少なくとも加温ありは確実。無色透明無味無臭、いや微かににおいがするのは消毒の塩素臭だろうか、弱アルカリ性だがヌルヌル感はなし。

★★★★☆ というわけで3年ぶりぐらいの温泉評価スケール。

220211_s2温泉以外の話も記録。「里山コーナー」という共同利用のリクレーションスペースがあり、卓球台やストレッチマシーン、マンガなどが置かれている。

チェックアウトした日も宿に車を置いたままスキーに行って16時までなら追加料金無しで入浴可と、大変ありがたいサービス内容である。

また、食事については、大広間ではなく、利用グループごとに仕切られた、いわば個室居酒屋のような部屋でいただく形式。おそらくはコロナ禍以降の対策で改造されたのかもしれない。宿の所々に手指消毒液が置かれ、精算時も非接触のセルフレジ(カード利用可)となっており、コロナ対策は相当配慮されていると言っていいだろう。

食事の話に戻ると、地元で穫れた蛇紋岩米に、卵も但馬の卵「クリタマ」を使っているそうで、朝食の卵かけご飯はおかわり自由という太っ腹。自家製たくわんも滋味。派手さはないがボディブローのようにじわじわ来るうまいものというのが渋い。

建物については、木造の旧館の奥に鉄筋コンクリの新館を追加したようで、その行き来が迷路のようにややこしい。また、旧館の方が少し安めだが、木造で階下にミシミシと振動と騒音が伝わってしまうのでお静かにとの掲示。子供らを大人しくさせるのに一苦労だった。

個人的には定宿にしてもいいんじゃないかという感じ(えっ、来年も行くの?)で、そのことを反映してか平日夜の泊にも関わらず結構な埋まり具合だった。

| | コメント (2)

ハチ北高原スキーツアー2022

220210_1今年も連休を1日フライングして、家族でスキーツアーへ出発。行き先は、昨年行ったハチ高原のお隣、ハチ北高原スキー場。去年はツアーバスを使ったが、今回は自家用車で向かう。このためにもわざわざ冬用タイヤを購入して装着していた。

一部リニューアル工事で通行止め中の中国道から舞鶴若狭道、北近畿豊岡道、国道9号と経由して3時間弱ほど、泊地の宿に付いたが結果的にはノーマルタイヤでも全然大丈夫な路面状態だった。

子供らのスキー板はレンタルだが、自分は中古の板を買ったので初めてのレンタル無し自前。宿の目の前にリフトがあり、すぐにゲレンデに上がれる。そういえば昨年は紙のリフト券を提示だったが、今回はICカードに変わっており、ゲートの改札機にタッチするだけでよくなり便利になった。

次男坊は生涯2回目のスキーだが案外滑れるということで、スクールには入れず一緒に滑ることとした。緩斜面なら難なく滑るが、急斜面だとボーゲンのブレーキだけでは減速が足りず暴走気味。勾配に対して真っ直ぐ下らず斜めに進めと言ってもなかなか理解せず。

まあそれでも何とかなるだろうということで、鉢伏山山頂を越えて、馴染みのあるハチ高原側へ向かう。長男坊がここの林間コースを滑りたいのだそうだ。

それで、山頂リフトの終了前にハチ北へ戻ろうとした際に罠にはまる。ハチ北側の山頂リフトは上り専用で下りは乗れないというのだ(平行して下りも乗れるリフトはあったが、この日は稼働していなかった)。かなりの急斜面を自力で滑って降りないといけない。次男ではとても無理ということで、板を外して歩いて下山することにした。これがめちゃめちゃ時間がかかる。やがて山頂リフトの終了時刻となり、上から滑ってくる人も誰もいなくなってしまった。そしてついにはパトロール隊のお世話になり、スノーモービルに乗せてもらっての救出劇と相成った。

220211_1翌日。朝方は雪が降っていたが、その後止んで、時々晴れたり曇ったり、時折雪が降ったりのまずまずの天気。

220211_2次男は昨日のことがトラウマになったのか、あまり滑りたがらない。一番麓の初心者エリアで、板すら履かずに雪だるまや雪合戦で戯れる。

こちらもガンガンに滑ろうという意欲は無いのでお付き合い。昼のレストランで新型コロナまん防適用中のためアルコールが一切出てこないというのが残念。

220211_3長男は2日目も滑りまくる。こいつもボーゲン直下りで結構スピードを出すので、ついて行くのが結構大変。ペアリングを相方と代わってもらい、自分は早めに退散して宿のお風呂に向かうのであった。

(今回泊まったお宿ひさ家については、別項でまとめた)

| | コメント (0)

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »