« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

第24回全国視覚障害者駅伝大会

211031_1昨年はコロナで中止だったが、今年のOSAKA EKIDEN in 長居 兼 第24回全国視覚障がい者駅伝大会は意外にも「開催」となり、2年ぶりに長居公園を訪れた。開催の方針との連絡があった8月頃はまだ新型コロナウイルスの感染が蔓延中で、とても無理なんじゃないかと思っていたが、見事に収まった谷間の状況で開催の日を迎えることとなった。朝は雨だったが、会場に着く頃には上がる。

ただしコロナ禍の影響でエントリー数はかなり少なく、また、会場入場時からやれ健康チェックシートを出せ、ソーシャルディスタンスを取って並べ、チームごとの陣地も屋内練習場に感覚を空けた指定の場所にせよ、とずいぶん窮屈な状態となっていた。蔓延期なら分かるんだが、これほど収まっているこの時期はやる必要も意味もないのだがなあと苦笑い。

211031_2所属チームは例によって関東方面から遠征してくるYチームで、伴走の相手もY氏で変わらず。

だが変わっているのはお互いに老けは増し、走力は落ちていること。2区3.4kmの伴走を担当。今回「飛道具」として1区はパラリンピアンのH氏に走ってもらい、その貯金で逃げ切る作戦。

パラリンピック強化選手で構成されるオープン参加のエリートチームを除けばダントツのトップでたすきをもらってスタート。なるべく抑えようと走って途中の区間速度を測ってみるとキロ4:40ペースぐらいか。後続のチームは全く視界にないままで最後もしっかりとペースアップして3区へリレー。15分48秒で、後に記録を聞けば区間2位ということで十分役目は果たしただろう。

ところが、3区、4区とも大ブレーキではないものの結局貯金は使い果たしてしまい、最終区で2チームに抜かれて視覚障害の部で3位に終わった。2年前は4位だったので挽回したともいえるのだが、そのときは飛道具無し。結局のところ今回は優勝してても「飛道具使いやがって」だし、逃せば「飛道具使ってそれかよ」といずれにしてもツッコまれざるを得ない状況であった。

211031_3密を避けるためか、全員が集まって閉会式というのもなく、結果発表をしたらすぐ解散、入賞チームだけ賞状・賞品を取りに来て、というずいぶん味気ないものだった。

さてその後は新大阪駅の居酒屋でお楽しみの打ち上げ。1区を走ったH氏も一緒で、東京パラリンピックで獲得した銅メダルの実物を拝ませてもらった。ずしりと重かった。盛り上がりすぎて危うくメンバー帰路の新幹線に乗り損ねかねなかったが、何とか間に合ってお開き。走ることよりもむしろこちらメインで楽しみにしている感じだ。かつてのように優勝して当たり前という時代は過ぎたが、ランニング人生でも斜陽の時期に差し掛かってもなおどうやって楽しみややりがいを感じて行くかが、これからの課題なんだろうなと思った。

| | コメント (0)

京都鉄道博物館2021_10月

211017_01先月も訪れたばかりだが、3月末までにあと2回は行かないと元が取れないウメテツパスポートのノルマ達成のため、再び京都鉄道博物館へ向かう。グッと寒くなったので長袖に衣替え。

この日はニコンの一眼レフカメラも持ち出したので、電車で向かうところからでもパシャパシャ撮りまくり。先頭の運転台後ろにかぶりついて、かつ対向列車がちょうどいいタイミングで来たときに撮るのはなかなか難しい。

211017_02前回とは打って変わって、博物館入り口手前は大行列。しかも、子供らは年パス持っているのでチケットを買う必要はないが、同伴の大人が2割引となるチケットは事前購入が出来ず当日券購入の長い列の方に並ばないといけない。この辺改善はできんものか。

入場後はちょうどトーマスのおしゃべりタイムだったので、また見物。しゃべる内容はどうやら前回と全く一緒のようだ。日によってパターンが変化してもよかったのだが。

211017_03SLスチーム号横の遊具のある広場も大盛況。

211017_04今回運転シミュレーターの抽選は3人全員ハズレだったので、ひたすら館内展示等を見て回る。何度も見たことがあるのだが、何度でも飽きずによくやるものだ。

鉄道技術を学ぶことは、物理などいろいろな科学を学ぶことにもつながるのだが、どこまで伝わっているのだろうか。

211017_05そしてこれも前回も見たが、企画展示のきかんしゃトーマス展。中の展示物は撮影禁止なので入り口のパネルで記念撮影。

きかんしゃトーマスは70年の古い歴史であるが、長らくは絵本のみの展開で、模型撮影によるアニメーションが日本で流れ始めたのは、私が既に大学生となっている頃。フルCGアニメに至っては結構最近の話となる。展示では模型撮影アニメに実際に使われていたものなども飾られていた。

211017_06前回は子供らが早々に飽きて早めの退散だったが、今回は夕方近くまで滞在。そろそろ帰ろうかというタイミングで、転車台にいたトーマスが機関庫に戻るイベントがあったので見物。

トーマス自身には釜の火は入っておらず、自力では動けない。どうするのかと思ったら、小型で青い電池駆動の機関車があって、そいつが機関庫へ押し込んでいくのであった。

211017_07黒い機関車が居並ぶ機関庫に、ひとりだけトーマスが紛れているというシュールな光景が現れた。機関庫に収められてからの方が、トーマスを間近で見ることができる。

211017_08退館後、山陰線の次の電車までえらく時間が開いてしまったので、梅小路公園でちょっと時間をつぶす。ロープを張ったジャングルジムなどの遊具があって十分遊べる。ってか、ここだけで遊ばせても半日は保ちそう。わざわざ金払って博物館である必要があるのだろうかというオチだった。

| | コメント (0)

25th Anniversary

211010_1近年ではめっきり会としての活動が少なくなり、それ以上に私自身が走ってないということでご無沙汰気味のランニングフォーラム「frun」が、この日25周年を迎えた。5年前の20周年の際は京都駅前で大勢集まってのパーティーだったが、昨年はコロナ禍の真っ最中でオンライン(Zoom)飲み会だった。

今年もコロナが完全収束とはならず、イベントも何も無しかという雰囲気だったが、感染状況はちょうど減少期で谷間なので、少人数集まるぐらいなら許されるでしょうと呼びかけて、ごく少数の有志で鴨川河原で青空宴会の運びとなった。以前は毎年この頃にここでおこしやすマラソンを実施していたものだ。

鴨川か。何もかも皆懐かしい。

打ち上げでいつもビールを買い込んでいた酒屋を探してみたが、閉店したのか探し方が悪かったのか、見つからず。コロッケを大量に買い込んだ店も同様に見つけられず。結局コンビニで酒とつまみを調達。

211010_210月なのにまだ日差しも暑かったので、賀茂大橋の下の日陰で久々のメンバーとリアル飲み会。風も結構吹き抜けていたのでまあこれぐらいなら大丈夫だろう。

昨年同様、Web会議システムも用意して、オンラインでも参加可能にしておいたのだが、オンライン参加者は実質上一人だけ、しかも人数差があるので会話してコミニュケーションというのには程遠く、宴会の模様をライブ中継で流しているだけという状態だった。リアルとオンラインの融合というのがなかなか難しいという課題を改めて実感した。

| | コメント (0)

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »