« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

京都鉄道博物館2021

210223_01飛び石の祝日となったこの日、京都鉄道博物館を一家4人で訪れた。元々は相方がいくつかお出かけ先の案を提示しており、その中では最も相方が興味なかった選択肢をジュニア達が選んだので、相方は朝から不満タラタラ。スキーに行く際と真逆の立場である。

で、私が以前にここを訪れたのは2018年1月とこのブログに記録があり、3年ぶりの訪問となる。その際は既に次男も生まれていたが、まだ小さかったので私と長男2人のみで行っていた。その3年前にはまだ開業していなかった梅小路京都西駅が今はあるので、アプローチは楽になった。早めに着いて昼食用の弁当などをコンビニで買っておいた。新型コロナウイルスの緊急事態宣言はまだ発令中だが、お構いなしで開館前に長蛇の列ができはじめる。っていうか感染者数は1月初旬でとっくにピークアウトしたのは目に見えているのにいつまで緊急事態出し続けるねん、と見切っている人が多いということだろう。

210223_02博物館側はコロナ対策に腐心しているようで、入館時には手指の消毒を求められ、サーモグラフィーで体温をチェックされた。また、行列ができるような箇所には間隔を空けるような指示が床面に記されていた。

まず最初は私と長男、相方と次男の二手に分かれて、それぞれジュニア達の行きたいところ、見たいところを回るよう好きにさせた。

210223_03期間限定で余所から運んできた列車を展示するコーナーには、四国・徳島からのトロッコ列車らしきものが来ていたが、ジュニアには興味が無かったようでじっくり見られず。

210223_04その後組み合わせをチェンジして、私と次男、相方と長男2ペアでの自由行動へ。まずは電気機関車の運転台でガシャガシャ。

210223_05いわゆる「湘南電車」の初代、モハ80形(モハ80001)の車内を見物。半屋外部分に常設展示されている車両ではあるが、普段は外から眺めるだけのところ、この日は特別に車内にも入れた。

コロナ対策ということで1組ずつ時間を置いての見学なので、少し列を作って待つことになる。老舗の百貨店を彷彿とさせるような上品な高級感があった。

210223_06初代トワイライトエクスプレスの電気機関車の前でパチリ。この電車と同じヤツがうちのプラレールにもある、ということを次男も認識できているようだ。

210223_07プラレールといえば2階のキッズスペースなのだが、コロナ禍のため現在コーナーの利用は休止となっていた。

コーナーの展示ケースにはシンカリオンのプラレールがズラリ勢揃いしていた。我が家にもE5とN700Aがあったのだが、いじくり倒してボロくなったので既に廃棄されてしまった。

なお、画像には無いが、3階のホールの一部が休憩スペースとなっており、テーブルとイスがあって持ち込み飲食物を飲み食いできる。食堂は相変わらず混んでいるようだが、このスペースは穴場なのか比較的ゆったり利用できた。そういえば、以前長男と来た際に弁当を買って食べたブルートレインの食堂車(1階の半屋外展示)は、コロナ禍のため閉鎖中だった。
210223_08蒸気機関車の機関庫と、実際に走らせているSLスチーム号のところへやってきた。機関車には「無限」と掛かれたプレートが掲げられており、大ヒット中の「鬼滅の刃」に関係しているそうだが、一切見てないのでサッパリ分からん。

動画でも撮っておいたので掲載。


210223_09その蒸気機関車の横に、遊具コーナーがあったのでそこで遊ばせる。同じようなちびっ子達で賑わっている。

風向きによっては、蒸気機関車の煙が漂ってきて石炭臭いので要注意。あとで気がついたが、子供の手袋も煤が付いて黒く汚れていた。

210223_10ドクターイエローの形をしたすべり台などの複合遊具もあり、大盛況。後に長男も合流して、寒空の中ひとしきり遊ぶ。

結局のところ、ここで遊ぶのが一番楽しかったとの感想で、予想していたとはいえ、それならわざわざ博物館に出向かんでもええやん、というオチとなった。

| | コメント (0)

ハチ高原スキーツアー

210210_1祝前日に休みを取って、家族総出でスキーツアーに行った。元々はGoToトラベル利用のはずだったのが、同スキームは一時中止となり、しかも新型コロナの緊急事態宣言が延長となって期間内に飲み込まれてしまったが、ツアー自体は取りやめにはならないとのことで、どうすべきか悩みつつも参加のジャッジ。

行き先はハチ高原スキー場、早朝の新大阪からバスに乗る。スキーバスなんて学生の頃以来か、10数年、下手すりゃ20年ぶりぐらいのこと。このブログ記事を振り返っても、スキーに行った記録はない。で、新大阪駅前には他にも何台か大型バスが止まっており、結構な賑わい。当然ながら若者が多い。コロナ禍もへったくれも無い。一応乗車前に検温をし、バス内はマスク着用、飲食禁止。また、換気モードになっており数分程度で車内の空気は入れ替わっているそうだ。中国道、舞鶴道、北近畿豊岡自動車道と経由して3時間程でハチ高原に到着。

210210_2宿にチェックインしてスキー板などをレンタルしたらもうお昼。朝食はパンをちょっとかじった程度で腹が減っていたので滑る前にまず昼食。

この日は平日で、ランチ営業をしている店が少なく、そこに客が集まるのでそこそこ混んでいる。ピザを頼んだらだいぶ待たされたものの、ちゃんと石窯で焼いた本格的なピザが出てきて満足。ただし結構なお値段。そうだよ、思い出してきたよ。スキー場の食事メニューがどれもぼったくり価格であることを。

210210_3私はてっきり次男坊(4歳)の雪遊びそり遊びのお守りでもするのかと思っていたが、何と次男も午後からのスキー教室に放り込むとのこと。

長男(7歳)はこれまで何度か相方とその仲間のスキーツアーに行っていて経験者ではあるが、同じくスキー教室で勘を取り戻してもらうことに。というわけで、子供の面倒見からはしばし解放されて、相方(ちなみにスノーボーダー)と滑りに行った。平日でしかもコロナ禍ということもあり、空いている。

ものすごい久しぶりのスキーだったが、何とか滑ることはできた。ただし相変わらずの下手っぴいだ。変なところに力が入っているのか、太ももの普段使わないような筋肉がもう痛い。そうだよ、思い出してきたよ。なぜ私がスキーから遠ざかったのかを。行くのも大変、機材も食事もコストが高い、ちっともうまくならないスキーに何で好き好んで何度も行かなアカンのかと。一方で、マラソンを始めたらわずかの間でサブスリー、さらに高みを極めたので、自分はマラソンの方が得意だし性にも合っているのだと。だからスキーを棄ててマラソン一筋になったんだよ(といいつつ最近は走ることも無くなったが)。

210210_4今回のツアーは、旅行会社によるバスと宿がセットになったプランで、しかもどの宿になるかは指定ができず、直前に決まる(その分だけややお得な値段)という商品だったが、それであてがわれた宿は「ロッヂみゆき」というところだった。合宿など比較的大勢で利用する感じの施設で、学生時代の天文サークルでの夏合宿を思い起こした。チェックイン時は手指の消毒、検温に加え健康状態の問診票を書き、館内はマスク着用といった感じでコロナ対策をしていた。

利用客はうちらも含め4グループ程度。バスの乗客とは違って、他は比較的年配の男性グループだった。書き入れ時のこの時期に、満室には程遠いこの利用状況、経営的にはどうなんだろうと少し気がかりである。

210211_1翌日も好天。2日目もジュニア達を午前のスキー教室に行かせる選択肢もあったが、両名とも自由に滑りたいとのことで、まずは私と次男、相方と長男で組むも、自分が滑るだけでも精一杯の自分が、生まれて初めてのスキー2日目の4歳児の面倒を見られるはずもなく、即座にギブアップ。ペアを組み替えて午前は私と長男が組んだ。

長男は、緩斜面なら既に一人で難なく滑れる。さすがにこの日は祝日で利用客も多く、メインのゲレンデではリフトの待ち行列が長くなっているので、空いている林間コースを何本か滑った。

昼食後、午前の訓練で、このゲレンデなら一人で滑れるように相方が次男を鍛えたとのことでメンバーチェンジして午後の部へ。超初心者用にスキー教室が行われているのと同じゲレンデ、上るのもリフトではなくベルトコンベアー状の動く通路に乗る緩斜面で、次男と一緒に滑ってみてビックリ。本当に一人で滑ってやがる。

そのときの模様を動画で記録した。まだ筋力が足らず、左右のバランスも取れないので左側に常に寄ってしまうという難点はあるようだが、たった2日でここまで出来てしまう身体能力に感心した。

夕方頃発のバスで帰路に就くが、車両トラブルがあって機材変更のため予定より30分遅れの出発となり、加えて道中は同様のスキー帰りと思われる車両の混雑で下道から豊岡自動車道まで大渋滞、大幅に遅れての帰着となった。

| | コメント (0)

Thunderbird68から78へのプロファイル移行

Thunderbird_logo先日、「危篤状態」にあると述べたPCから待避したThunderbirdのプロファイル(受信したメールのアーカイブや各種設定等の一式が記録されたファイルフォルダ群)を、移行先のPCに移そうとしてハマったトラブルについて、備忘録としてここに記録する。

Thunderbirdの別のPCへの移行は、プロファイルのフォルダごとごっそりコピーすればよい、ということを以前にHDD交換した際に経験済みだったので、今回もそれで楽勝とタカをくくっていた。ところが、移行先PCにThunderbirdの現時点での最新版をインストールしたら、バージョン78となっており、プロファイルに互換性が無くこの技は使えないということが判明した。以前のPCでのThunderbirdはバージョン68。これではプロファイルが移行できず、宙に浮いてしまった。

そこで、Thunderbirdは古いバージョンもダウンロードできることを利用し、MozillaのFTPサイトから取り出すことにした。最初の数字がバージョンを示しており(.以下の数字は、同じバージョンの中でのマイナーチェンジの履歴)、それをクリックすると、OSごとにフォルダが分かれており、LinuxとかMacとかに並んでWindows用もある。うちのPCであればWin32(32bit版)でいいのだろう。それをクリックすると今度は言語別のフォルダが並んでいるので、日本語版のjaを選択。後はsetup.exeになっている容量の大きい方のファイルを選び、名前を付けて適当なフォルダにダウンロードする。ダウンロード後のファイルをダブルクリックすればインストーラーが動く仕組みだ。

古いバージョンのインストール前に、新しいバージョンThunderbirdをいったんアンインストールする必要がある。Windows10の場合は、デスクトップ左下のWindowsアイコンから左側の歯車アイコンで設定画面に移るので、「アプリ」を選択、左側のメニューから「アプリと機能」を選択するとインストールされたアプリの一覧が表示される。今回であればThunderbirdのところで表示される「アンインストール」のボタンをクリックするとアンインストールとなる。以前のWindows7ともやり方がだいぶ変わっている。

それで、移行元PCと同じバージョン68をインストールし直したのだが、これでもダメだった。というのも、68の時点で、古いプロファイルは弾く仕様に変わっているからのようだ。というわけでまたアンインストールして、今度はバージョン60あたりを再度インストール。プロファイルの移植方法はMozilla本家のサイトにも記載されているが、それとはちょっと違うものの私がやってうまく行った方法は、まっさらでインストールされたThunderbirdのプロファイルがあるフォルダと並ぶような形でいったん移行したいプロファイルを丸ごとコピー。そして、持ち込んだプロファイルフォルダ名を、まっさらでできたプロファイルフォルダ名に変える(最初にできていたフォルダの方はちょっとだけ別の名前にしておく)、というものだ。要するに、インストールしたてのThunderbird自身が作ったプロファイルと見せかけて、以前のプロファイルをThunderbirdに読み込ませてやるというものである。

すると、最初の起動のときだけ少し時間がかかったが、見事に以前の受信メールやフォルダごとに分類された分も含めて、バージョン60のThunderbirdが立ち上がった。それで、ネットに繋がっていると自動で最新バージョンを探しに行くようで、再起動を促すメッセージが出てきた。再起動すると、今度はバージョン68に更新されたThunderbirdが立ち上がった。これで更新前のPCと同じ状態になった。すると、さらに自動更新が走ったようで、またもや再起動を促すメッセージ。三たび再起動すると、バージョン78、現時点で最新のThunderbirdが立ち上がり、従前のメール等もちゃんと入っていることが確認できた。こうしてようやくメール環境の移行は完了した。

ところで、ここまで苦労したプロバイダのメール環境だが、近年その重要性が低下している。というのも、かつてメーリングリストで交流していたものはFacebook等のSNSへ主戦場が移り、友人等とのやりとりもそのSNSのメッセンジャーやLINEなどを使うので、メールが使われることが滅多に無くなった。また、各種のWebサービスのIDとしてプロバイダのメールアドレスも使用しているものの、設定した際のIDとパスワード情報を、自分自身のこのメールにも送ってアーカイブしているが、併せて別途のWebメールにも送っており、出先のタブレットで調べる際もWebメールを見に行った方が便利(というかプロバイダメールは、いったんダウンロードしたらサーバから消す設定のため、自宅のPCを開けないと確認できない)となっている状況を見るに、プロバイダメールの存在意義って何なのだろう、と思うことが多くなってきた。何かに似ていると思ったら、家の固定電話だった。

| | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »