« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

ICOCA定期券・汚損による再発行

200329_1長年利用してきたICOCA定期券、最近は定期券部分の表示が薄くてかすれて見えにくくなってきた。

定期券表示の部分は、熱によって繰り返し消したり書いたりできる特殊なインクが使われているようだが、どうやらそのベース自体がだんだん剥がれてしまい、定期券を更新しても新たな有効期限等の書き込みは薄くてかすれたままになるようだ。

200329_2ネットでいろいろ調べていると、こういう場合(「紛失」ではなく「汚損」のケース)は手数料無料で定期券のカードを更新してくれるようなので、駅のみどりの窓口に向かう。

すると、更新したカードの交付は翌日となり、その間は更新前の方のカードは自動改札では使えなくなるそうなので、有人改札でICOCAとともに提示するための証明書のような券面を発行してもらった。まあ、申請日が土曜日で、翌日日曜日にもらえるのなら定期を使うことはないのだが、これならば平日でも安心して手続きできる。

200329_3そして翌日、再びみどりの窓口に向かうと、くっきりハッキリと定期券表示ができるようになった新しいICOCAを無事入手。なお、ICOCAにチャージしていた電子マネーも同額で引き継がれている。

一点だけトラップがあったのは、保育所での登降所管理が最近はICカードタッチによるタイムスタンプになっており、手持ちのICOCA等ICカードも登録すれば使えるのだが、今回ICOCAを更新したことでカードID(JWxxxxxxxの番号)が変わってしまっており、改めて登録をし直さなければならなかったということである。

(本記事は、実際は記された投稿日よりだいぶ後になってからの投稿のですのでご了承願います)

| | コメント (0)

高槻伴走練習会

200322_01年明けあたりから中国・武漢で猛威を振るい始めた新型コロナウイルス(covid-19)が、当初は海外ニュースの他人事だったのが、日本に立ち寄った豪華客船ダイヤモンド・プリンセス号で多数の感染者を出し、次には欧米や日本国内でも爆発的な感染拡大を出したため、瞬く間に世界が変わってしまった。3月に出場予定だった静岡マラソンも中止となり、他の大会も軒並み中止となった。人が密集するイベントの類はどれも中止、見合わせ、自粛が相次いだ。

伴走練習会の長居わーわーずもその影響を受けて実施を見合わせており、ブラインドランナーが練習できないという状態が続いていた。そんな中、6月に予定されている水都ウルトラマラソンのために練習しておきたい、という話が上がったようで、なぜかその舞台に高槻が選ばれ、地元民なんだから企画してよと依頼されてこの日に至った(しかも、依頼してきたH氏本人は直前に足を故障して不参加)。訳の分からないまま駆り出されて、高槻駅に10名ほどのランナーが集まった。
200322_02ひとまずはポンポン山練習会の摂津峡経由ルートをベースに走る。摂津峡桜公園のしだれ桜はほぼ満開。

200322_03摂津峡の途中、白滝のところで曲がって、東海自然歩道沿いに萩谷公園を目指す。

200322_04萩谷公園に到着。ここで、予め買っておいた軽食類でお昼ご飯。相方とジュニア達は車で先にこの公園に来ており合流。公園内の周回路を使って各自で練習とした。ここは高槻クロスカントリーでもコースとなっており、相当のアップダウンがある。

その後は、普段通ったことのない林道を経由して上の口に抜け、高槻駅に帰着。

200322_05ラン後のお風呂はいつもの錦温泉ではなく、高槻新温泉を利用。温泉と名が付いているがいずれも普通の銭湯である。

お風呂後の打ち上げはこのご時世もあり予定していなかったのだが、結局皆でイタリアンバーの店に寄る。店員は皆マスクにゴム手袋、窓を開けはなっているなど、ここにも新型コロナの影響が如実に現れていた。クラスター発生源にならないでホントによかった。
ちなみにその後、水都ウルトラマラソンも中止と相成った。

(本記事は、だいぶ後になってからの投稿のため、相当記憶が薄れており、そんなことがあった、という記録程度の内容となっているのでご了承願います)

| | コメント (0)

ドクターイエロー2020

200307_01
3月某日、ドクターイエローが運行されるとの情報を得て、一家総出で新大阪駅に向かった。待つことしばし、想定時刻どおりに入線してきた。
200307_02車番を確認すると923-7と記されている。JRのマークがオレンジ色なので、JR東海所属の923形0番台T4編成ということになる。

200307_03ホームにはママ鉄・子鉄に鉄道マニアが大勢いたが、溢れかえるというほどではない。やはり新型コロナウイルスの影響で外出を手控えている人が増えてきたということか。

200307_04近い時間帯に500系こだまが新大阪にいたので、ホームを移ってこちらも撮影。こだま運用になってからも既に相当年数が流れたが、今なお人気のイケメン新幹線である。

ちなみに、ドクターイエローについては3年前にも長男とともに見に行ったことがあるが、当時次男はまだ生まれたばかりなので母子ともにお留守番、500系TYPE EVAに長男と2人で姫路に行ったのは5年前で、当時3歳だった長男本人も覚えていないという状況である。

200307_05さて、新大阪駅から今度は阪急の十三駅に向かい、鉄分補給おかわりということで「京とれいん雅洛」を見物に行った。本来は神宝線所属の7000系を魔改造した車両なので、京都線を走るのに車体番号百の位がゼロという激レアな存在である。

200307_06土日祝にはバンバン往復しているのを見かけてはいるが、その停車駅が沿線住民にとっては全く使えないので、乗る機会はほとんどない。しかも中間駅をすっ飛ばす割には、通常停車駅パターンの特急の後ろを数分遅れで引っ付いて走るだけなので、梅田ー河原町間(いや、これも大阪梅田と京都河原町に改称したんだった)の所要時間は特急と変わらない、という何とも実用性のない列車ではある。

(本記事は、だいぶ後になってからの投稿のため、相当記憶が薄れており、そんなことがあった、という記録程度の内容となっているのでご了承願います)

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »