« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

ほくりく紀行(後編)

前編からの続き)
190715_01翌朝。朝食前に、宿の近くを散歩。名勝「窓岩」を改めて眺める。岩の真ん中に穴(窓)が開いている。年間のごくわずかの期間に、ちょうどこの穴のところを通る夕日、あるいは月を観ることができるそうだ。

190715_02さらにもう少し歩いたところに、「せっぷんトンネル」なるスポットもあった。かつて映画のロケでここで撮られたキスシーンがあったのでそう呼ばれるようになったとのこと。トンネルの中に、見る角度によってはハート型に見えるイルミネーションが施されているが、それが写るように明暗調整すると、トンネル手前の地面が白飛びしてしまう。

で、なぜこのようなトンネルがあるのかというと、ずっと昔は、この海岸を行き来するには、波打ち際の岩場を通るしかなく、遭難事故が絶えなかったそうで、そこを通らなくていいように手彫りでトンネルを作ったのがこれなのだそうだ。今でこそ片側1車線の道路が整備されているが、昔は移動するのも命懸けだった。

190715_03宿を後にしてしばらく車で進むと、「輪島塩」という看板が目に付いたので立ち寄る。その名のとおり、昔ながらの製法で塩を作っている。見学や体験もできる。

海水から塩を作る場合、海水をいきなり煮詰めるとたくさんの薪が必要になってしまうので、まずは砂に撒いて天日干しをして、濃い塩分を含む砂をさらに海水で溶かして、十分に塩分濃度を高めてから煮詰めるのだそうだ。

砂に海水を撒く体験もさせてもらったが、スプリンクラーのように広く薄く飛ばすのは非常に難しく、また装備も重くて重労働だった。なお、かつてなぜそこまでして塩を作ったかというと、能登の地では地形上の制約から米作りが困難なことが多く、米で納める年貢の代わりに塩で納めたのだとか。ここで作られた、結晶の大きなお塩をお土産で購入。

それにしても、今の技術ならば、塩分濃度を上げるためなら、砂に撒くのではなく半透膜を使うのだろうけど、それだと味気ないのだろうか(塩だけに)。

190715_04さらにしばらく車で行くと、千枚田というスポットがあったので見物。「白米千枚田」は要するに棚田のこと。平坦な土地の少ない能登で何とか米作のためにと造作された見事な棚田だ。

さっきの塩といい、米作りが大変な能登の土地柄を感じた。

190715_05今度は世界一長いベンチがあるとのことで、サンセットヒルイン増穂の道の駅に立ち寄った。ここも夕日の名所なのだそうだ。端から端までは確かめなかったが、記されているところによれは全長460m。

190715_06旅行二日目のメインの目的地、石川県羽咋市にある「コスモアイル羽咋」に到着。元天文部としては期待するところ大。屋外にはロケットのレプリカが立ちはだかっていた。

190715_07展示物を見て驚くのは、「本物」も中にはあること。画像のヴォストーク宇宙船カプセル(旧ソ連)も、実際に宇宙から帰還したホンモノ。どうやって手に入れたんだ?。

で、展示を見ていくうちに、ネタが微妙に古いということが気になる。冷戦期に米ソがこぞって宇宙開発競争してた時期のものばかりで、スペースシャトルすら出てこない。ボタンを押すと流れる映像も、何かそこはかとなく漂う少し古い感。極めつけは、UFOとか超常現象とかの、科学からすれば結構「トンデモ」扱いされているテーマも正面切って展示されていた。いったい何なんだここは。

一つ一つの展示ももっとよく見たかったのだが、前日同様、息子らのご機嫌取りと後を追うことにばかり労力が裂かれてしまう。ミニシアターで上映される映像も見たかったのだが、始まった途端真っ暗な会場でグズリだした次男坊を連れて泣く泣く退散(なお、シアターは別料金だったがこの場合は払い戻してくれた)。子連れで博物館に行っても大人はほとんど楽しめない。

190715_08最後の観光立ち寄り(と言っても車窓見学だが)スポットは千里浜なぎさドライブウェイ。自動車で堂々と波打ち際の砂浜を走れる道だ。ここは昔々若かりし学生の頃にドライブツアーで遊びに来て通った記憶がある。時を経て妻子連れで通ることになるとは、感慨深い。

(本記事は、だいぶ後になってからの投稿のため、相当記憶が薄れており、そんなことがあった、という記録程度の内容となっているのでご了承願います)

| | コメント (0)

ほくりく紀行(前編)

190714_017月某日、夏の家族旅行第一弾として、車に乗り込んで一路北陸方面へ。まず最初の目的地は福井県立恐竜博物館。博物館手前で表示が出ていて、博物館の駐車場は満車だからここに車を止めてシャトルバスに乗れとの案内があり、素直に従った。それが正解のようで、案内を無視して博物館敷地の駐車場に向かった車は、目的地だいぶ手前から渋滞にハマっていた。シャトルバスはこれを避けるような抜け道の林道を通って博物館前に到着。

ここまではよかったが、昼食を博物館内で取るのは失敗だった。ファストフードのプレートランチを買うだけでも大行列の長時間待ち。フードコートのような飲食スペースはあるものの、混雑で場所を確保するのも大変。食事は館に来る前に済ませておくか、弁当などを持って入るべきだろう。

190714_02さてようやく館内を見学。比較的新しい時期にできた博物館ということもあり、精巧にできた動く恐竜模型など興味深い展示が目白押しだった。

ただ、残念なことに、息子たちのご機嫌を伺いつつ迷子にならないよう監視するのが手一杯で、じっくり思う存分見るといったことは不可能だった。

190714_03博物館を後にして、この日の泊地を目指す。福井県から石川県へ入り、それも能登半島の曽々木海岸まで、だいぶ長いドライブ。名勝「窓岩」のすぐ横にあるからか、その名も「横岩屋」という旅館にようやくたどり着いた。

190714_04西側が全部海岸線という立地なので、水平線に沈む夕日を拝むことができる。左側に写っているのが窓岩。

190714_05この宿の特筆すべきときろは食事。この日も地元で採れた海産物などをふんだんに使った料理がこれでもかと出された。時期的に「夏枯れ」のためかなり貧弱とのことだったが、それでも十分。食材豊かなシーズンにも是非訪れたいものだ。

190714_06旅館内の屏風に揮毫やら絵画やらが貼ってあった。それらが何かはよく分からない。

なお、この宿はかつて漁師の家だった建物を温泉民宿に改装しているそうで、館内は古き良き時代の趣がある。また、運び湯だとは思われるが輪島温泉郷の温泉に浸かることができる。お風呂はごくこじんまりとした浴槽が1つあるのみ。無色透明、塩味、かすかにツルヌル感あり。加水・加温・循環・消毒ありの「四重苦」だったが、気にならないレベル。

★★★★☆ 最低でも2泊はして食事を満喫したい宿。

後編に続く)

(本記事は、だいぶ後になってからの投稿のため、相当記憶が薄れており、そんなことがあった、という記録程度の内容となっているのでご了承願います)

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »