« 2019年4月 | トップページ

阪急レールウェイフェスティバル2019春

190512_01阪急レールウェイフェスティバルを初めて訪れた。事前に申し込み・抽選当選が必要なので、当日にふらりと寄ることはできない。
阪急正雀駅のすぐ隣にある正雀工場の中に、当選したはがきを見せて入場。まずは阪急電車の顔出し看板で記念撮影。これだけでも行列待ちができている。

190512_02そしてなぜか手回しオルガンの体験コーナー。これは六甲山に阪急資本系列のオルゴール博物館があって、それの宣伝で置かれているらしい。長男坊が喜び勇んでハンドルを回していた。

190512_03次に洗車機の体験コーナーへ。車両の中に乗った状態で洗車機を通るらしい。だいぶ長い行列で待たされたが、1回あたりに乗れる人数はかなり多い。

190512_04乗り込む途中では、P-6と呼ばれる昔の阪急車両の試乗コーナーもあった。こちらは整理券が必要で、既に売り切れていた。


洗車機の中を通る時の動画がこちら


1回通った後、また元の場所に戻るのでもう1回通る。そのときの動画がこちら

190512_05屋内では、Nゲージの展示・運転体験コーナーもあった。これも運転するのは事前の申し込みが必要のようだ。

190512_06大きな車両整備工場の中では、方向幕を使ったビンゴ大会も行われていた。数字と違って、これはちょっと探しにくい。

190512_07整備中の5000系車両。「イベント電車」「予備車」の表示幕が激レア。

190512_08屋外の一角では、子供向けのマナー啓発のためのヒーローショウが行われていた。暑くて日なたではとても見ていられない。

190512_09再び屋内のプラレール体験コーナー。これも整理券が必要で、入手はできたものの、割り当てられた時間が終了間際の最終組14時30分だったので、それまでの間ずっと会場に居ることになったのだ。子供らが持たないかと思ったが、いろいろ回って何とか時間はつぶせた。さすがに次男坊は疲れてこの頃には昼寝モード。

190512_10レイアウトは既に一定のものが完成していた。ただしよく見ると1回出てしまうともう戻って来れない区間があり、私的には美しさに欠けると感じた(どうでもいい話)。長男はせっかくできているレイアウトをいじって不通区間を増やしていた。まあ好きにすればいいさ。
とまあ、ガッツリ丸一日費やして会場を後にした。

| | コメント (0)

ポンポン山&ジャズスト2019

190503_01今年も、毎年この時期恒例のポンポン山マラニック&高槻ジャズストリート鑑賞を敢行した。今回も広めに募ったところ、昨年に迫る20名もの参加者が高槻駅に集合。なお今回は車で来られたランナーがおり、駅近くの駐車場に停めたその車をコインロッカー代わりに使わせてもらうことにしてそこからスタート。

まずはこれもお約束の芥川こいのぼりフェスタ会場へ。この日留守番の相方とジュニア達がお出迎えしてくれた。天気は非常によいが、風もほとんどなくこいのぼりは垂れ下がっていた。

190503_02住宅街の途中でスーパーに立ち寄り、昼食用の食料等を購入。ちなみに今まではピーコックという名前だったのが、イオンに変わっていた。やがて街中から離れ、神峰山寺に到着。

190503_03神峰山寺から本山寺に向かう途中、道路脇の木々がバタバタと倒れているところを目にする。昨年9月に襲った台風の爪痕だ。

190503_04本山寺まであと0.9kmのところから始まる「白い悪魔」。このあたりからは隊列もばらけて前後の差が広がる。なお、本山寺の画像はないが、いつもの龍の湧き水がポタポタ程度しか出ていなかった。

190503_05本山寺から先のトレイルコース。おそらくは、台風で倒れた木がコースを塞いでいたのを、切り刻んで通れるようにしたと思われる光景に何度か出くわす。

190503_06夫婦杉付近。うっそうと木が茂っていたと思うのだが、ずいぶん見通しがよくなっている。このあたりもたくさん木が倒れたのだろうか。

190503_07夫婦杉そのものは無事だったようだ。

その夫婦杉付近の様子を動画に納める。

190503_08頂上に到着。ここで軽く昼食。天気はよく無風だが、遠くの方は霞んでいる。


今回もReliveというアプリで、行程を地図上に動画に示した。復路では、本山寺を通らないルートを取るのが通例だが、先発隊に周知が不十分だったため、先発隊だけ本山寺で長いこと待たせてしまった。そのおかげで神峯山寺で大部分の足並みがそろうこととなった。ここで数名が走りは終了でバスに乗ってもらうこととし、大半はそのまま高槻駅方面まで走って行く。自分もバスに乗らず走るのは久々だったので、高槻駅近くの市街地でなるべく車を避けるルートを何ヶ所かコースミス。行程の動画を見ているとその部分まで見事に再現されていた。

190503_09走った人もバスの人も無事再集結し、いつもの銭湯で汗を流す。その後は高槻ジャスストリート鑑賞だが、例年になく人出が多いようで、いつもなら阪急高架下近くの自転車置き場で聴くつもりが、既に他の客に占拠されて使えず。仕方ないので、やや遠くなってしまうが桃園小学校の会場まで移動してグラウンドに敷物を敷く。ここも既に同じようなことをしている聴衆も数多し。年々ジャスストの観客が増えているようで、盛りあがるのはいいことだが、混み過ぎるのも考えものである。

190503_10桃園小から場所を変えてみる。福寿舎という、もと蔵だったところをレンタルスペースに改造したこの会場では、サックスとベースのセッションが行われていた。屋外の大箱会場もあれば、こうしたこじんまりとした会場で間近で聴くこともできる幅広さは、ジャズストの面白いところである。だいぶ疲れたので、今年は比較的早めのお開きとなった。

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ