« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

祝・JR総持寺駅開業

180317_1この日のダイヤ改正で、JR京都線の茨木-摂津富田間に新駅「JR総持寺」駅が開業。早起きできず、一番列車で見に行くことには失敗したものの、夕方になって相方から、走って極楽湯茨木店まで走って風呂に入ってビール飲んでJR総持寺駅から電車に乗って帰るのはどうかという素晴らしい提案があったので乗ることにした。子供たち2人はベビージョガーに乗せて出発。途中買い物もしながらで極楽湯到着。休日料金800円だがwebのクーポンで550円にて入浴。子供はいずれも6歳未満なので無料で済むようだ。

極楽湯茨木店は近すぎる故か意外にもこのブログではリポート記事がなかったのでここで改めて紹介。内湯はジェットバスや水風呂などいくつかあり、サウナも付いている。カラン・シャワーはきちんと整備されており、シャンプー・ボディーソープも備え付けあり。温泉浴槽はドアを開けて露天部分に2ヶ所ある。泉質はナトリウム・カルシウム・塩化物泉。かすかな濁り、結構強い塩味、匂いは残念ながら消毒の塩素臭がする。

総合評価としては ★★★☆☆ ぐらいか。

180317_2自分と長男は先に上がって、併設の食事処で生ビールをいただく。しばらくして相方と次男も上がってきて家族4人で食事へ。しかしまあ小さい子がいると落ち着いて食べられたものじゃない。他にも子連れ家族で食事という客も複数いて、風呂と食事がいっぺんに済ませられるというところは、ニーズによく合致している。出される食事のおいしさは及第点だが、注文から提供までだいぶ時間がかかることと、値段がやや高めなのがネック。

180317_3さて食事を終えていよいよメインの新駅・JR総持寺駅へ。徒歩6分ほど、安威川を橋で渡った先にある。

180317_4入り口にたどり着く。

180317_5
改札口。ホーム下に1箇所ある。

180317_6ホームに上がる。ベビージョガーでもエレベーター(通り抜け式)が付いているので楽々だ。1面2線の島型ホームで、内側線上り下りの間にある。外側線はホームに接していない。JR京都線・神戸線に新設される駅はこのパターンばかりだ。

ホームドアが最初から設置されている。電車到着時の動画も掲載

180317_7摂津富田駅の看板も、当然のことながら隣駅表示が茨木からJR総持寺に変わっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥取・グルメ編2018

180310_g1若干時系列は前後するが、今回の鳥取遠征関係でのグルメ関係をこの項にまとめ。まずは往路、スーパーはくと乗車中にいただいた駅弁。京都駅構内で買った「牛すき膳」。真四角の弁当箱を斜めに仕切った半分に、すき焼き風味の牛肉、しらたき、ごぼうが盛られており、その下にご飯が敷かれている。

180310_g2マラソン前日、高校の同級生及び上回生合同の前夜祭。日本酒の「獺祭」と「香住鶴」がお出まし。

180310_g3オードブルで出てきた、ハタハタ、豆腐ちくわ、らっきょう。ハタハタといえば秋田のイメージだが、鳥取でも出てくるようだ。豆腐ちくわはちくわが柔らかめで豆腐に近い食感。らっきょうと合わせて鳥取名産となっている。

180310_g4そしてメインディッシュのカニすき鍋。1人1個ずつ小ぶりの鍋で提供された。

180311_g1最後はマラソン後、帰り際にイオンモール鳥取のフードコートで遅めの昼食というよりは早めの夕食としていただいた牛骨ラーメン。

牛骨ラーメンは鳥取のB級グルメだそうだが、本拠は鳥取県西部。鳥取市は県東部にあたり、提供していた「ごっつおラーメン」という店も本店は倉吉市にある。ダシを牛骨から取るだけあって、テールスープのような味わいのラーメンだった。おなかが空いていたので半チャーハンも付けておいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日乃丸温泉

180311_06鳥取マラソン終了後、着替えて、同窓生ら他のランナーの帰還を待つも、だいぶ時間がかかりそうだったので、先に鳥取駅前に戻りひとっ風呂浴びさせてもらうことにした。事前のあてはなかったのでその場で検索すると、「日乃丸温泉」という銭湯があるらしい。

鳥取駅から北東方向へ徒歩10分ほど、市街地の中にあるのを発見。さすがにこの日はランナーで賑わっている。入浴料400円と、タブレットの電池がほとんど切れかけだったので携帯充電40円、石鹸も持ってなかったので貸し石鹸30円のチケットを買って番台へ。

浴室はまあ古くからの銭湯、カランもだいぶくたびれている、と思いつつ湯を出してみると、おや、これはもしや温泉ではないか。関西では「○○温泉」という名前の銭湯は結構あるので、ここもそうだろうと思っていたら、何とびっくり、天然温泉が出ている銭湯だったとは。いやあ、昨年2月以来の久しぶりの温泉。湯船のお湯はごく薄い黄色か黄緑色でかすかな濁り、味はごく薄い塩味と何かが混ざっているような味、匂いはごくかすかに金気臭があるような、ないような。ヌルヌル感はなし。

後で掲示を見てみると、加水あり、加温あり、循環あり、消毒ありの四重苦ではあったが、そのようなビハインド感はほとんどなかった。風呂を上がった後もしばらくは体がポカポカしていた。惜しむらくは、温泉浴槽が一つあるだけで、水風呂やサウナなどが一切なかったこと。それでもまあ十分マラソンの疲れを癒し汗を流すことはできた。

★★★★☆ 思いがけなく出会えた嬉しさ、久しぶりの温泉にちょっとご祝儀★4つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥取マラソン2018

180311_01鳥取マラソン当日朝。鳥取駅前からシャトルバスで会場へ。鳥取砂丘の近くがスタート地点となっている。会場には鳥取マラソンのロゴやタイトルが刻まれた砂のオブジェが鎮座しており、多くのランナーがスマホのカメラを向けていた。

180311_02そもそも何で今回の鳥取マラソンに出ることになったかというと、高校の同窓生からお誘いがあったから。1学年上の先輩から話があったそうで、自分の学年で4名、1つ上で6名と結構な数が集まった。

それで、予想通り結局練習もろくに積めなかったので、予想通りサルの着ぐるみで走ることにした。既にこれがユニフォームとなりつつある。仮装ランナーは他にもいて、まず同級生が馬に乗ったカウボーイ、他にはカオナシや子泣きじじい、目玉おやじなどがいた。仮装している者同士、妙な連帯感が醸成される。

180311_03当日の天気予報は晴れだったのだが、スタート時刻が近付くと曇りはじめ、時折小雨もぱらつくような肌寒い天気となった。ポジション取りは無難に4時間程度のブロックにした。ピストルが不発で拍子抜けしながら、午前9時スタート。

180311_04序盤はウォーミングアップ代わりにゆっくり入り、そののちキロ5分少々ぐらいの巡航速度で進んでいく。サルの仮装のおかげで応援でも声をかけてもらいやすい。沿道の、特に小さい子供の応援に精一杯の愛想をふりまきつつ走る。

180311_05練習できていないからどこかで落ちてくるだろう、と思ったが、意外とペースは落ちない。30km手前あたりで、隣を走っているランナーから、これだとどのぐらいのタイムでゴールするかと尋ねられた。若干落ちたとしてもサブフォーは行けそう、と答えると、ついて行ってもいいか、と聞かれたので、どうぞどうぞと歩を進める。そのランナーはまだマラソンを始めて間もない様子で、生徒に駅伝の指導をするので自分でも走ってみたということだそうで、いろいろな話を交わしながら走る。

どうもこの2人組での走りがハマったのか、ペースは落ちるどころか、むしろキビキビと5分ひとケタ台を維持。さらに順位を上げていく。落ちてもサブフォーどころか、このまま行けば3時間50分も切れる、3時間45分も切れる、と、どんどんゴール予想タイムが繰り上がって、最後は3時間42分58秒というタイムでゴール。サルで4時間切り、「サル4」を達成。

ゴール後はサル姿故か地元テレビのインタビューも受けた。地元新聞のネットサイト動画でも、ちらっとだけ映っていた。

最近はほとんどマラソンの途中経過など気にも留めていなかったが、今回は自分でも驚きの内容だったので、5kmごとの経過も含め詳しく振り返る。何と、前半1時間54分、後半1時間48分の驚異的なネガティブ・スプリット(前半タイムより後半タイムの方が速いこと)を達成。順位も全区間で上昇していき、スタート地点以降、最終的には949人を抜きサルこととなった。

       SPLIT   LAP   RANK
Start-0 0:01:54  00:00  1387
00-05k 0:31:40  29:46  1354
05-10k 0:58:01  26:21  1159
10-15k 1:24:10  26:09   987
15-20k 1:48:49  24:39   847
(HALF  1:54:26/1:48:32)
20-25k 2:14:16  25:27   742
25-30k 2:40:15  25:59   644
30-35k 3:05:35  25:20   547
35-40k 3:31:33  25:58   450
40-FIN 3:42:58  11:25   438
----------------------------
記録 3時間42分58秒 (ネットタイム3:41:04)
総合順位 438位

この鳥取マラソン、昔は「日本海マラソン」という大会名で鳥取にて開催されており、自分も13年前に出場していた。実はその際もネガティブ・スプリットでのサブスリーを達成していた。鳥取という地はネガティブ・スプリットに縁があるのだろうか。

(くりりんの問わず語り「日本海マラソン」にトラックバック)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーはくと2018

180310_t1京都駅6番ホーム。スーパーはくと9号に乗って、一路鳥取へ。

180310_t2列車は14:51発なので、前の記事で述べた駅伝大会の5区だと時間的に余裕がないために、1区に回してもらった次第。

180310_t3スーパーはくとに乗るのは実に10数年ぶりとなる。窓側の席には電気コンセント、車内にはWiFiサービスが提供されている旨の掲示がある。

なお、多客を見込んで車両が増結されているようで、この車両は「増(まし)2号車」。号車の数字をインクリメントするのではなく、「増」という字を付加するのは、かなり独特である。

180310_t4進行方向右側前方に、先頭部分の展望画像を映すモニターがあることは事前に知っていたので、ちょうどよい見栄えのする2Aの席を確保。

ただ、このモニター、昔はブラウン管だったような気がすると思い、過去の記事を振り返ると、やはりそうだったことが確認できた。ブラウン管のときはあまり気にならなかったが、液晶画面だと周りの枠が太すぎて画面が小さく感じてしまう。ちなみにこれで前回スーパーはくと乗ったのが13年前の2005年3月ということがわかった。


動画での車内の様子も載せておく。

180310_t5スーパーはくとが通るのは、京都から東海道線で大阪へ、山陽本線に入り播磨灘を左手に見ながら西へ。途中の明石付近では明石海峡大橋も見える。さらに姫路へと進む。

180310_t6上郡まで来て、ようやく山陽本線と分かれて、三セクの智頭急行の区間に入る。大ざっぱに言うと、京都からほぼ真横かむしろ左斜め下に進んで、ここから一気に真上に北上して鳥取に至る。京都から鳥取なら山陰本線でも結ばれていて、道のりならその方が短いはずだが、線形のよいこのルートの方が速いのである。

その線形のよさを遺憾なく発揮して、スーパーはくとは単線ながらも山々をトンネルでぶち抜きつつ高速で駆け抜ける。

180310_t7京都を出て3時間ほどで鳥取に到着。速いとはいえ、かなりの長時間だった。車内販売もないので、食事などは予め買い込んでおく必要がある。

180310_t8鳥取駅構内には、翌日開催の鳥取マラソン参加者への応援メッセージが書かれていた。そう、これに参加するためにはるばるやってきたのであった。

(くりりんの問わず語り「鳥取〜」にトラックバック)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅伝大会2018

180310_1今年も恒例の職場の駅伝大会に参加した。天気は事前の予想よりいい方向にずれてほぼ晴れ。今回は部内の複数の課で作った連合チームの一員。当初は出ないつもりだった(というか勝手に補欠に登録されていた)のだが、ちょっと前にメンバー同士で予選会を開いて、2番手だったのでレギュラー入りさせられた、というのが実情。

この駅伝では2周を走る1区と5区に速いランナーを充てるのがセオリーで、2位だった私は本来なら裏エースの5区を担当すべきところ、諸般の事情により1区を走らせてもらうこととした。

さて、レースが始まると、思ったほどずば抜けて速いランナーはおらず、先頭集団は牽制し合っている様子であった。そのおかげでしばらくは先頭集団の後方に着ける。でもやはり地力の差で徐々に離されて、7位でタスキリレー。1桁順位で帰れば御の字と事前に言っていたとおりとなった。タイムは3.6kmのコースで13分51秒とかろうじて14分を切り、昨年よりはだいぶましだった。

180310_2その後に続くランナー達のがんばりもあって、終わってみればびっくりの4位入賞(全体参加チーム数52組中)。5区に回った際に前方チームが結構詰まっており、ここで表エースを切り札として使えたことが奏功したようだ。また誰も大きな穴を開けなかったことがよかった。やはり駅伝は、チームプレイだなあ。そして諸般の事情のため、閉会式を見届けることもなく鴨川河川敷の会場を後にするのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いちごのツブツブが外側にある理由

Strawberry長男(4歳)がデザートのいちごを食べていると、「何でいちごの種は外側に付いているの?」と聞いてきた。「それはなあ、いちごが進化してくる中で、それがいちばんいいと判断したからや」と言いつつも、ネットで調べてみたら、びっくりした。

「種」だと思っていた、いちごの外側にあるツブツブこそが本来の「果実」であり、赤い(内部は白い)部分(要は食用となるメイン部分)は、「花托(かたく)」という、萼(がく)とか茎の方が発生学的には近い部位だそうである。こういった、果実のように見えて本当は果実ではない果実のことを「偽果(ぎか)」と呼ぶのだそうだ。
(参考例:JAさがのページより
従って、質問に正確に答えるのなら、いちごの「種」も内側にある(「実」であるツブツブの中心に「種」があり、その周りには果肉がほとんどない→そういうのを「痩果(そうか)」というそうだ)。実のように見える赤い部分は、花托が肥大化したもの。が正解であろう。

…と、これで一件落着かと思いきや、さにあらず。よくよく考えれば、長男にとって、いちごが偽果でありツブツブが本来の果実であることはどうでもいい話であり、当初の質問を言い換えた「なぜいちごのツブツブは(中心部ではなく)外側に配置されているのか」には何ら答えていないではないか。

そこで改めてネットで調べてみると、地方独立行政法人北海道総合研究機構が掲載しているページが最も正面から答えているようだ。

 いちごは、受精後、種子をのせている、種子の内側にある花床が肥大して食べる果実となります。ですから、花床の外側にある種子は果実の外側にあるわけです。
 一方、りんごは種子の外側にある花たくが肥大して食べる部分となりますから、種子は食べる部分の内側にあるのです。つまり、肥大して食べる部分が種子の内側か外側にあるかによって種子のある場所が違うのです。
地方独立行政法人北海道総合研究機構のページより

話は逸れるがりんごも「偽果」だった(りんごの芯の部分が本来の果実相当箇所)。今度こそこれで決着だろうか。いやまだだ。メカニズムとしては上記のとおりだが、何故外側にしなければならなかったか、には答えられていない。

さらにネット検索を続けると、いちごを種から育てることについて書かれた記事を見つけた。そこでは、「イチゴは、好光性種子…日が当たらないと、芽が出ません」と記されている。これだ。もし種がいちごの中心部分にあると、日光が当たりにくく、発芽しない。

いよいよ決着か。残念、まだ足りない。何故花托が肥大化する必要があったのか、に答えていない。ここで、Wikipediaのイチゴの項目や、イチゴの原種は当初ケーキの装飾用として使われていたと述べるページ、さらには、植物全般に言える、種子を移動させる戦略(参考ページ)について合わせて考えていくと、おぼろげながら答えが浮かび上がってきた。以下、それを文章にしてまとめてみた。

-----
植物は、自らは移動できないため、その種子をいかに様々なところへ散布させるかということが生き残り戦略上一つの大きな課題となる。風に乗って飛んでいくもの、水に浮かんで流れていくものなどもあるが、種子ごとその実を動物に食べてもらい、その動物が移動した先で糞として出てくることで、離れたところでの発芽を果たすというものも少なくない。いちごの祖先も、そのような選択をした。

さて、動物に食べてもらうためには、自身の実を動物に見つけてもらわなければならない。緑の葉が生い茂る中で、緑の補色となる「赤」は目立ち、見つけてもらいやすい。また、動物にとってのインセンティブとなるよう、大きく膨らみ、栄養ある食べものとなるよう変化することが、より好んで食べてもらえるので有利となる。そこで、いちごの祖先もそのような「実」を作ることとした。だが、膨らませる部分を、一般的な果実における「子房」ではなく、「花托」とすることを選んだ。それは、いちごが「好光性種子」であるため、子房を膨らませると、果実の中の方に種子が取り込まれる形となり、その後の発芽で不利となるからであろう。かくして、実(ただし正確には「偽果」)の外周部に種子(ツブツブ)があるという構造の原型が出来上がった。この頃のいちごの祖先は、野イチゴのような実をならせていたのだろう。

その後、動物の中でも特に高い知能を持ったヒト(人類)が現れ、他の動物と同様にいちごの祖先の実を食べた。あるいは、鮮やかな赤色の実を、食材の装飾として用いた。ところが、突然変異や種の交雑等で、たまたま甘い実がなったり、大きな実がなることもあった。人類はそうした実を特に好んで選りすぐるようになり、さらには品種改良で、人為的に人類が気に入るような種へとどんどん作り変えていった。それが、今の「いちご」に至るのだ。もはやこうなると自然に種で発芽して、と言う増え方ではなく、株分けしたものを次々植える、言わばクローンによる増殖、しかも、いちご独力での自身の種の維持はもはや不可能で、大部分が人の手助けで維持しているという状態である。
-----

ここまで書いてみると、最初に苦し紛れで「イチゴが進化してくる中で、それがいちばんいいと判断したから」と返したのが、ざっくり言えば当たっていたということに気が付いた。

そして、上記の見解の趣旨を、なるべく平易な言葉で長男に説明してやった。ところが、長男の感想は「よくわからない」だった。何でやねん。

とまあ、壮大な徒労に終わってしまったが、大人では当たり前過ぎて疑問にも思わないことを、素直に「なぜ?」と問える、子供の純真さには驚かされる。おかげでこれだけのたくさんのことを考える機会を得られた。昔の人はうまく言ったものである。「一期一会」と。(違)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »