« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

大阪マラソン2017応援

171126_1相方が大阪マラソンを走るということで2年ぶりの応援で大阪の街へ向かう。2年前は長男をベビーカーに乗せていたと思うが、今回は長男を普通に連れて、2年前はまだ生まれていなかった次男は家で義母と一緒にお留守番である。

まずは応援隊の集合場所である南海難波駅付近へ向かう。子連れだとここまで来るのにも一苦労。ベビーカーのときは自分のペースで歩けたが、子供に歩かせると機動力は落ちるし、肩車すると重くてしんどい。

171126_2
もう少しランナーを見つけやすいところに移動。大国町の付近まで歩く。約23km地点。

171126_3受付の時にもらっていた、ハリセン型のプラカードと、スティック状の風船で応援しながら待ち構える。

171126_4相方はミニオンの仮装。この日はほかにもミニオン姿のランナーを結構多く見かけた。

ちなみに、以前はなかったと思うのだが、大会のサイトで、応援したい人のナンバーを登録しておくと、今そのランナーがどこにいるかが地図上に示され、かつ、応援ポイントを設定すると、そこに目当てのランナーが到達する予想時刻を表示してくれるという優れたシステムが提供されていた。タイム計測はおそらく5kmごと程度でしかしていないはずだし、まさか全ランナーにGPSを渡しているはずもなく、どうしてランナーの現在地がわかるのだろうか。実際は、若干の誤差(地図上ではもうランナーが来た状態よりも1、2分程度実際は遅れて登場する)があったようなので、ペースから推測してコマを動かしているのだろう。

このシステムのおかげで、地下鉄で追っかけながらこの先も何か所かで応援する際に、相手方をちゃんと追い抜いて先回りできたかどうか、あとどれぐらいで現れるかが、かなり正確に捕捉できた。

結局相方は5時間代後半でゴール。ところが合流するのを待っている間に、長男が寝てしまった。ゴール会場のインテックス大阪から帰る際は、混雑回避のためニュートラムの駅ではなく地下鉄中央線コスモスクエア駅まで歩くよう誘導されていたのだが、約14kgの重い荷物と化した長男を背負いながら、その長い道のりをまるで避難民のように歩くのは、なかなかに苦行であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高槻市農林業祭

171112_1この週末は、高槻市農林業祭を訪れた。朝食に近所のパン屋まで一家で出かけたその足で、嶋上郡衙(しまがみぐんが)跡の会場へ向かう。今年で第44回にもなるイベントだが、長年の高槻市民にもかかわらず今頃になって初めての訪問。舞台ではバンドの演奏が披露されていた。

171112_2会場内には各地にテントが並び、野菜などの地元の農産品、木工工芸品などの販売のほか、飲食物の模擬店もあった。想像以上の賑わいである。どうやら、朝の開始直後に買いに行くのが正解だったようだ。時間がたつほど売り切れの品・店が増えていく。

171112_3舞台では地元小学生の和太鼓も演じられた。保護者と思しき観客が一段と増える。まだ11ヶ月の次男坊も案外ちゃんと見ていた。

171112_4餅つきも行われて、長男坊が参加。てっきり餅がもらえると思ったら、もらえたのはポン菓子。それ、さっき買ったばかりだったんだが。

171112_5予想外に長時間を過ごし、その帰り道で疲れ果てた長男は、自転車に乗ったまま寝てしまったとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パラダイス☆文書

ようこそここへ 稼ごうよパラダイス
祖国(くに)の年貢抜いて

マルサは見えない しゃかりきバミューダ
夢の島までは捜せない

租税惜しがるセレブ達
さもしそうだねその瞳 Ah ついておいで
しけったままの税制じゃ 欲の深さを計れない Ah
ましてカネは稼げない
スーツケースの中に
財の限りを詰めて 詰めて行こう

ご機嫌いかが ガメろうよパラダイス
欲望の性質(さが)ギラリ

マルサは追えない しゃかりきケイマン
夢の島まではガサ入れ無い

Okanemochi


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »