« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

PHOTO-U TVの解約とその他もろもろ

Photou_tv以前相方がauでスマホを買った際におまけで付いてきた、地デジも見られるフォトフレーム「PHOTO-U TV」について、2年間の基本料金無料期間が切れるのを機に、先日きっちり解約した。その際の顛末やその他もろもろについて雑駁ながらこの記事にまとめることとする。最大の関心事項について結論から言うと、契約切れてもフルセグの地デジは見られるし、録画も可能である。

・2年間の基本料金無料期間最終月に解約すると、最後だけ1ヶ月分の料金を取られた
 これはちょっとどうかと思うのだが、2年間(24ヶ月間)基本料金が無料となるのは、引き続き有料となって使い続けた場合のみで、24ヶ月の最後の月に解約するとその月1ヶ月分の料金850円は徴収するのだとか。もちろんPHOTO-U TVの本体自体は解約してもそのままもらえるのだが、結論からすれば850円+24ヶ月分のユニバーサル料金(都合200円ぐらい?)でフォトフレームを買った、という算段となる。

・PHOTO-U TVの通信契約解約後も、地上波デジタルのフルセグを視聴可能だし、本体やSDカードへの録画も可能である
 要するに通信用のSIMと地デジデコード用のB-CASは別物なので、SIMの権利が切れようが地デジ視聴には何も関係ない、という至極当たり前の結論なのだが、念のため解約後数ヶ月たってもその状況に変化はないことを確認したので、それで間違いなかろう。

・PHOTO-U TVでSDカードに録画した地デジの動画は、他のPCはもちろん、他のPHOTO-U TVでは見られない
 SDカードに録画すれば、カードを本体から取り出すことができるのだが、それを他のPCで見ようとしても不可能。それと、たまたまPHOTO-U TVに不具合が出て本体を交換してもらったのだが、前の機器でSDカードに録画していたものを交換後の機器で見ようとしてもこれもダメだった。まあ、そもそもコピーガードされているはずなので、見えちゃったらおかしいのではあるが。(フルセグの場合の話。ワンセグは録画したことないので未検証。)

・SDカードとの相性で地デジが見えない障害が起こる?
 これは確定はできなかったのだが、突如地デジが見られなくなったのでショップに申し出ると、特に不具合はないはず、と返された事例から推測された事象。ショップに出す際はSDカードを取り外していたので不具合が再現されなかったのではないか。ネットでも調べてみたがよくわからなかった。結局この押し問答の結果、PHOTO-U TVの本体を交換してもらった。上記の通り、前の本体で使っていたSDカードの録画が見られなくなったので、カードをフォーマットし直したところ、新しい方の本体では同様の不具合は起きなかった。

・時々充電できなくなる不具合が起きる
 PHOTO-U TVのACアダプタ端子は特殊な形状をしている。やたら細く、他では見かけない。このせいかどうかはわからないが、時々充電ができなくなる不具合が起きた。これはネット検索でも時折見かけた現象だが、基本的に主電源を落とすことで解消した。ところが、2年目の最後の方ではそれでも回復せず、端子を刺し直したり回したりでたまたま直るというような状態が続いた。これもショップに話を聞いたところ、非常手段としてメンテナンス用のmicroUSB端子(外部アンテナ端子の隣にある)でも充電できることを教えてもらった。で、結局は、解約時にたまっていたauのポイントでACアダプタを買ったところ、あっけなく解消した。

・解約後も緊急速報メールは受信できる(検証済)
 (※後日追記・更新)
 このことを検証したかったので解約後しばらく待っていたところ、2017年9月5日に、大阪府が「大阪880万人訓練」を実施し、その際に大阪府内全域に訓練用の緊急速報メールが発信された。このメールを、PHOTO-U TVは受信したのである。その画像が以下。
170905

ネット検索で、解約後のガラケーが緊急速報メールを受信したという記述を見かけたので、この解約後のPHOTO-U TVも同じことが起こる可能性があるのではないかと推測していたところ、果たしてそのとおりであった。電源はスタンバイ(画面は落ちているが、赤色ランプが点灯)の状態であった。

(くりりんの問わず語り:「PHOTO-U TVと外部アンテナ」にトラックバック)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺笑 有田屋

170604_1この日は日中一人でお留守番となったので、昼食を近所のラーメン店でいただくことにした。JR摂津富田駅北口すぐの雑居ビル1階にある「麺笑 有田屋」。実は昨年夏ごろにはオープンしていて、半年前にも一度訪れていたのだが、その時はリポートを書かないまま放置していて、今回2回目の訪問である。

以前は焼肉店だったところを居抜きで改装しているので、その影響か店内にはテーブル席が5つほどと、まん中の大きなテーブルを1人用のカウンター席にしている間取り。食券を先に買う方式である。先日たまたま駅前でチラシを配っていて、そこに書かれていた新発売の京都ラーメンを注文した。

170604_2待つことしばし、出てきたラーメンは、とんこつ醤油に背脂チャッチャのいわゆ京都ラーメンの様態。スープの色も濃い目で、細いストレート麺がスープの濃い茶色に少し染まっているぐらいである。トッピングには、九条ネギに、ぶ厚めのチャーシュー、メンマ、鳴門、焼き海苔と、追加トッピングの煮卵である。味はほどよくまとまっている。

京都風ネギらーめん 680円
(煮卵はチラシ持参で無料サービス)

前回来た時にブログ記事まで至らなかった理由の一つが、ラーメン自体にあまり特徴ないなあと書く意欲が薄かったことがあるのだが、今回のラーメンであればむしろ主力にしてもいいぐらいの出来栄えだと思う。それと、前回訪問時と違ったのが、店先の張り紙に「家族連れでもどうぞ」と書かれていたこと。それで一つ思い当たったのが、最初に出される水の入ったコップが、オレンジ色のプラスチックのコップだったこと。普通なら透明ガラスのコップなのに、えらい安っぽいなあと思ったのだが、これは子連れで来て落としても割れないという配慮ではないかと気づいた。そういえば店内の間取りも大きめのテーブルがラーメン店にしては多く、家族連れに向いているともいえる。前回訪問時から戦略を変えたのかもしれない。と、食べているうちに新たに子連れのファミリー客がやってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »