« 2017年4月 | トップページ

二度目に挑む

170507_1
甲子園球場のプロ野球観戦は年1回と思っていたら、意外にも前回から1ヶ月も経たずに再度訪れる機会を得た。これまた某所から、行くつもりだったのに急遽行けなくなった、残念、代わりにどうぞ、ということで譲ってもらった1塁側アルプス席のチケットである。対広島戦、何と気づけば首位攻防戦(しかも現時点で阪神が単独首位)。今回は私と長男の2人で観戦することにした。階段を3階まで上がる、かなり高い位置にある席だ。

170507_25月5日からこの日までの3連戦は、こどもの日にちなんでキッズデーと位置付けられているそうで、小学生以下の子供には先着順で特製Tシャツがプレゼントされる。長男坊ももらったのだが、着ようとせず、これとは別に予め用意していた黒のタイガースシャツも着ようとしない。まったくノリの悪い性質である。

ところで、スコアボードをよく見ると、全ての選手名がひらがなで表されていた。これもキッズデーの一環ということか。

170507_3選手が登場する際の紹介もひらがなで出てくる。しかも、各選手ごとに、子供のころ憧れていたヒーローの名前が紹介されていた。アニメのキャラクターとかは、なるほどそうだねと納得だったのだが、一人「城島健司」を挙げている選手がいて愕然。城島氏、引退したとはいえ私よりも年下。それを「子供の頃」に憧れていた野球少年が現在はプロ野球選手となっているわけね。ずいぶん歳を取ってしまったものだ。

170507_4
さて試合展開の方は、先発投手の能見が、初回こそ満塁のピンチでどうなることやらの立ち上がりだったが、結局無失点のまま切り抜けて投げ続け、打っては4回裏に鳥谷のタイムリーで先制、追加点も重ねて優位の展開。この試合の前日には9点差で負けていたのをひっくり返す大逆転勝利を収めた勢いそのままに攻める。

そうした試合展開を長男は全く意に介していないようだったが、ジェット風船飛ばしだけはやりたいらしく、準備してやった。しかし、放すタイミングが早すぎて、ファンファーレが終わる前に飛んで行ってしまった。何で待てなかったのかを聞くと、風船を押さえておく力がなくなって飛んでしまったと泣く。また、事前に膨らます段階で、周囲のあちこちでバンバンと破裂させてしまうケースが続出して、風船怖い、次はやらないと言い出す始末。いいか息子よ、2回飛ばせるチャンスはそうそうないのだぞ。

170507_5最後には藤川投手が出てきて、完封リレーで試合終了。6-0の完勝である。ヒーローインタビューは鳥谷と福留。このブログでの記録が確かならば、実に2011年以来6年ぶりの六甲おろし凱旋唱和。長男は3回目の観戦にしてようやく初勝利。というか、自分は子供生まれて以降、球場での観戦では一度も勝ってなかったのね。

170507_6さて初勝利を味わった長男はというと、やはり何とも思っていないようで、試合の最中もおもちゃで遊ぶか、それに飽きるとタブレットでひたすら動画を見るばかり。アイスクリームが食べられるからと食べ物で釣られて来ただけなので仕方ないといえばそうなのだが。最初着なかったタイガースシャツも、かき氷を食べていたら寒くなったというのでようやく着せられた次第。

そういえばこの試合で大活躍だった鳥谷、それと同じ背番号1を前回買ったご利益があったなと思って背中を見ると、まだ空白のまま。背番号はまだ貼られることなく家に置いたままだった。

帰りは阪神甲子園駅が大混雑している感じだったので、歩いてJR甲子園口駅まで向かったが、思いのほか遠かった。しかも、長男が疲れて眠ってしまったので、約14kgの重い荷物を担いでの大変な移動。そういえば前も同じような経験をして、今度はケチらずに阪神バスに乗ろうと思い至ったような気もするが、めったに来ないものだから、そのことをすっかり忘れてしまったようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポンポン山&ジャズスト2017

170504_1
今年もポンポン山マラニック&高槻ジャズストリート鑑賞を開催した。例年は5月3日の実施だが、今年は4日にスライド。理由としては、銭湯の休業曜日を避けたことと、例年伴走者の確保に苦労しており、(伴走者が取られやすい)武庫川ユリカモメとは異なる日にしたことが挙げられる。

こうして今回は昨年のような伴走者勧誘工作もしなくていいやと油断していると、当日朝の集合場所の高槻駅で伴走が足らないことに気がついて愕然。元々伴走は1名余裕があったのだが、先月の伏見名水マラニックの際に1名ブラインドランナーから口頭での参加申し込み、その場でいいよと答えていたのをすっかり忘れて、開催直前にもメールでまた別のブラインドランナーから参加申し込み。これにもいいよと答えてしまったのがチョンボだった。ブラインドランナー4名、伴走可能な晴眼者ランナー3名。さあ、どうする。

170504_2
救いだったのは、ブラインド4人のうち1人は弱視で、前を走る人の後ろにぴったり付いて行くなら何とか単独でも走れるので、ひとまず舗装路はそれで走ってもらうことにする。トレイル区間については、その場で考えよう。

往路コースの定番、芥川河川敷のこいのぼりは、非常にいい天気で、青空に映えていた。

なお、今回の小さな改善点として、従来頂上で取る軽食はスタート時に買っていたのだが、コース途中にあるスーパー「ピーコック松が丘店」に寄って買うことにした。こうすれば持って走る距離を少しだが減らすことになる。

170504_3
7名全員本山寺までは到達。さてここからのトレイルコースをどうするか。これまで、トレイル区間では「電車ごっこ方式」のタンデム伴走(2013年の記事参照)をしてきたが、今回は1組を3人で編成し、3人縦一列で並んで走ってみることにした。先頭が私、2番目に全盲のブラインドランナー、最後尾に弱視のブラインドランナー。試してみると、スピードを出さなければ何とかなりそうだ。慎重に足を運んで、無事全員ポンポン山山頂までたどり着くことができた。

170504_4
山頂付近は連休中ということもあり多くの登山客でにぎわっていた。それほど寒くはなかったが、時折強めの風が吹いて砂埃が舞い上がるのには閉口。

復路も3人一組伴走で無事トレイル区間を走破。これを「三重連伴走」と名付けることにした。あくまで非常手段なので、今後はこうならないよう気をつけねば。なお、時間の都合により、神峯山寺口から市バスで高槻駅までワープ。こんなこともあろうかと障害者手帳も持って走ってもらったので、介助者は半額の110円でよい。運転手に申し出たら交通系ICでの支払いもできた。

170504_5銭湯で汗を流した後は、若干のメンバー入れ替わりをしつつ、後半戦の高槻ジャスストリート観賞へ。まずは阪急高槻市駅高架下会場近くで、買い込んだ弁当を食べながら聴く。

170504_6
次は高槻現代劇場大ホールに移って鑑賞。待ち行列が長かったが無事入り込めた。当初予定の演者が急に出演できなくなって、なぜかセイン・カミュ氏が出てきてお詫びのあいさつという一幕もあったが、別の演者がピンチヒッターで登場。さすが大ホールを務める演者にはハズレがない。ピアノとベースのたった2つだけの楽器なのに満員の観客を魅了。合間のMCも大いに笑わせてくれた。その次の演者も女性ボーカルとピアノだけだったが、これまた圧倒的な演奏を聞かせてくれた。津軽弁で歌うジャズなんてのも初めて聞いた。

会場を後にして、小腹が空いたのでラーメンで締めてからの解散となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ