« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

ヨドガワベース

Img20160729_1今日は某所へ赴くべく、JR塚本駅に降り立つ。大阪からたった一駅なのにごっつう下町感満載の街並み。駅からすぐのところにあるラーメン屋「ヨドガワベース」で昼ごはんにした。

カウンター5席、テーブル4つほどのごく狭い店内で、先に食券を買う形式。とりあえずセオリー通り左上を選択。
l

Img20160729_2
待つことしばし、現れたラーメンは鶏ガラ醤油に細めのストレート麺。スープはあっさりめで素直。トッピングは炙りチャーシューに味玉、キクラゲ。かなり熱くて若干舌をヤケド気味。味変化を求めるなら卓上のラー油、コショウ、柚子胡椒を用いる。

特製中華そば 680円
白ごはん (ランチタイムは無料サービス)

ネット情報によれば最近オープンしたばかりのようだ。客足はそこそこ順調のようなので、今後の動向お手並み拝見というところか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康診断2016

以前は健康診断の記録をほぼ毎年載せていたのだが、2013年の人間ドック以降途絶えていた。今日健康診断を受けたので、久々にアーカイブした。

身長:171.8cm(前年比-0.4)
体重:61.9kg(同+1.9)
胴囲:70.4cm(同+2.4)
矯正後視力:左0.9(同+0.1)・右0.6(同+0.1)
血圧:92/69

徐々に、徐々に、デブっている現実から目を背けるために、ここ数年アップしていなかったのかも。
現実を直視せよ!>自分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子ども夏祭り

160724_1近所の自治会で子ども夏祭りが行われるので、息子を連れて行った。

すでに子供たちがたくさん集まっていて、揃いの法被を貸してもらえる。我が子にも着せてみたのだが、すぐに嫌だと言って脱ぎ捨てられてしまった。神輿のスタート前に記念撮影をするのも、我が子一人だけ法被なし。

どうやら我が子には、周りのみんながやっていることと一緒のことをしようという意識がごく薄いか、存在しないようだ。もっとも、周りに合わせることが絶対必要かといわれると、そうとも限らないので、難しいところである。

160724_2
さて、神輿の練り歩きが始まると、沿道からバケツで容赦なく水がぶっ掛けられる。そんなこともあろうかと、息子には水着を着せていたのだが、そもそも神輿の列には加わらずに、私の肩車に乗って後方からついていっただけなので、水をかぶることもなかった。

子ども神輿の練り歩きを動画でも保存。

160724_3神輿は午前で終わり、夕方からは屋台や花火などが自治会集会所の敷地で繰り広げられた。盆踊り向けの音楽が流れていて、一部の子供らが踊っている。息子を肩車しながら、それに合わせてグルグル回っていると楽しそうにしていたし、花火が上がるとテンションもあがっていたので、まあまっとうなリアクションで一安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祇園祭後祭2016

160722_01この日は午後から夏休みを取って、祇園祭の後の祭り宵々山に赴いた。人の数も混みすぎず寂しくもなく、ちょうどいい賑わいである。

まずは役行者山から。

160722_02
家々に飾られている屏風などを見るのも風情があってよい。

160722_03八幡山。

160722_04
八幡山のご神体。何年か前に寄ったときは売り切れだった土鈴をゲット。

160722_05北観音山。

160722_06
黒主山のご神体。

160722_07
浄妙山のご神体。巡行時には左側の人形が腕一本で右側の人形の上に乗り、飛び越えるさまを表現する。

160722_08鯉山のご神体を拝みに行ったら、神事の真っ最中だった。

160722_09大船鉾。復活を遂げた以降も、少しづつ装飾品が増強されている。

160722_10大船鉾の船尾あたり。でかすぎて画角に収まりきらない。

160722_11
今回入手できた、八幡山の土鈴と、大船鉾の粽。先日の先祭でも買ったのにまだ要るのか、と相方に言われた。八幡山のご利益は、夫婦円満なのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IKEA初上陸

160717_1
家のテレビ台の不具合(特に引き出しに物を入れ過ぎて底板が変形)で買い換えることになり、今更ながらではあるが大阪のIKEA鶴浜を初めて訪れた。梅田からも送迎バスが出ているそうだが、持ち帰りを考え車でアプローチ。同じ府内なのに結構遠い。10時過ぎぐらいに到着。自走式立体駐車場はとてつもなく広大だが、それでもだいぶ埋まりつつあった。

店に入ると、まずは2階のショールームからスタートする。様々な家具が実際の部屋を模したところにずらっと並べられ、気に入ったものがあれば品番をメモしておいてくれとなっている。そのショールームも迷路のように延々と続く。途中で息子がトイレに行きたいと言い出すものだから、急いでトイレを目指すもゴールの遠いこと。

160717_2
そのうち11時を過ぎると、館内放送で、食堂は混むので早めの昼食を、を呼び掛け始め、また息子もお腹が空いたと言い出すものだから、11時半頃に早めの昼食を取る。食堂もこれまたとんでもない広さなのだが、既にこの時間でも混雑している。まず席を確保してから注文してくれとなっているが、その席を取るのが一苦労。

料理の注文と運搬は相方と義母の別動隊に任せて、こちらは確保した席で留守番。館内にIKEAが用意した無料wifiが飛んでいるので、タブレットで拾って息子にはYouTube動画の見放題をさせてやると、待ち時間もぐずらずに過ごせた。

160717_3子供用のカレーは何とお値段199円(税別)。その他のメニューも、外食にしては比較的リーゾナブルな価格で提供されている。ここで食事もしてもらって、一日中IKEAに滞在して買い物をさせ続けようという戦略が見て取れた。

ちなみに旗が刺さっているのはお子様ランチということではなく、自分が頼んだ方のカレーが大盛りであることを、会計時に分かるようにするための印なのだそうだ。日の丸ではなくスウェーデン国旗というのはさすがである。

160717_4
買い物続行。ショールームが終わると、次は1階に下りて、様々な生活雑貨が陳列されているところを今度もまた迷路のように進む。そして最後に天井のやたら高い資材置場のようなエリアで、ショールームで見た棚などの材料をセルフサービスでピックアップするのだ。棚一つとっても、組み合わせがいろいろあるので、展示を見た段階で、これが気に入ったらこれこれの部材を揃えよ、というリストを確保しておかないと途方に暮れることになる。

そして、この期に及んで、相方が、テレビ台の横に整理棚も欲しいかもと言い出した。棚の部材リストは確保していなかったものだから、迷路を延々と逆走して再び2階のショールームに戻る羽目となった。しかも、戻ったはいいが、結論として今回は棚はやめるということになった。馬鹿野郎、この無駄な行程は何だったんだ!と怒鳴りたい思いをぐっと心中に留めて、再び1階へと進んだのであった。IKEAでの買い物は、あれこれ見て迷いながら、一旦保留にしてまたあとでもう一回見よう、という買い方は大変非効率なので避けるべき、という教訓を得た。

160717_5さてようやく帰宅したら、今度は購入したテレビ台の組み立て作業である。ここからは通販で買った家具と同じ工程となる。なお、通販だと先に現物を見ることができないので、届いてみたら思ってたのと違ったというリスクがあるが、IKEAならショールームで現物を確認することができる。しかも徹底したセルフサービスで手間を省いているから、通販並のリーゾナブルな価格で家具を提供できるということがIKEAの特長なのだなと理解した。

組み立て用のマニュアルには、最初の注意事項こそ何ヶ国語あるねんというぐらいたくさんの言語が書かれていたが、組み立ての説明自体には一切の言語が書かれておらず、絵や図のみで表示されていた。その冒頭ページを見て面白かったのが、マニュアルをよく読んで組み立てろ、読んでも分からないときはIKEAに電話して聞け、というこ説明が絵だけで示されている様子である。

160717_6
格闘すること2時間程でテレビ台が完成した。接着剤は使わず、ねじの締め付けだけで各部材が留められている。引き出しの滑りは実にスムーズで心地よい。

160717_7
後々の記録のために、以前のテレビ台も画像に残しておく。台の下の隙間におもちゃなどがよく転がりこんでいったのだが、新たなテレビ台は下に隙間がなくなったので、そこも改善された。引き出しの中身も、この際だいぶ処分させられた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祇園祭宵山2016

160716_01通勤経路が変わって、四条烏丸がルート上から外れているので、祇園祭に気軽に立ち寄るのがやや困難になっていたが、この日はちょっと時間が取れたので、久しぶりに宵山の街を訪れた。

南側のマイナーなところから、油天神山。

160716_02太子山。

160716_03
芦刈山の飾りの方。ご利益は夫婦和合だそうだから、しっかりとご神体を拝んでおかないとcoldsweats01

160716_04船鉾。ここの粽が欲しかったのだが、残念ながら売り切れ。代わりに安産のお守りを授けてもらった。

160716_05というわけで隣の岩戸山で粽をいただく。船鉾が500円だったのに、岩戸山は1000円とずいぶん値段が違う。

160716_06岩戸山のご神体。


ただ、岩戸山の粽には拝観券(300円相当)が付いていたので、せっかくだから上にあがらせてもらった。動画でも記録。

160716_07
山鉾の上から街を見下ろす景色もなかなか珍しくて面白い。


夕方になって、各所でお囃子が鳴り出した。こちらは鶏鉾の囃子。動画で保存。音質・画質とも劣悪にて御免候。


四条通南側から、対岸の函谷鉾を望む(動画)。どんどん人があふれてくる感じだったので、これにて退散。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »