« 子育てノート(13) | トップページ | STAP細胞に思うこと・2 »

愛宕参り

140323_13歳までに愛宕山にお参りすると一生火事に遭わないという信仰があるそうで、我が子を背負える軽いうちにお参りに行くこととした。嵐山までは阪急で、駅から京都バスで清滝へ向かう。嵐山は台風の被害など忘れたかのような賑わい。京都バスは最近清滝までを料金均一区間に変更したらしく、京都駅発でも清滝まで220円で運んでくれる。

愛宕山表参道の4kmを通って行く。途中約100mごとに標識があり、40個目の標識でゴールとなる。序盤の登りが結構きつい。中間点付近で昼食を兼ねた大休止をして、愛宕神社まで休憩も含め約2時間半ほどで到着。下界は汗ばむぐらいだったが、境内の温度計を見ると2℃。さすがに寒い。道理で雪が所々残っていたわけだ。

140323_2無事お参りを済ませて下山。登りは自分が抱っこして行き、下りは相方がおんぶして帰る。我が子にとってはかなり刺激的な光景だったのでハイテンションだったが、しばらくおぶわれているうちに眠りに落ちた。

140323_3愛宕神社で授けていただいた「火迺要慎(ひのようじん)」のお札を台所に貼る。何か京都の家らしくていい感じだ。

|

« 子育てノート(13) | トップページ | STAP細胞に思うこと・2 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/59345231

この記事へのトラックバック一覧です: 愛宕参り:

« 子育てノート(13) | トップページ | STAP細胞に思うこと・2 »