« 長居大BBQ | トップページ | 春のヤキヤキ会2013 »

親になるということ

130511_12013年5月11日午前1時過ぎ、トイレに向かった相方が、破水したと言ってきた。相方は既に臨月を迎えており、いつ産まれてもおかしくない状態だったが、連日何も音沙汰がなかったのに急にこの展開である。かかりつけの産院に電話するとすぐに来てくださいとのこと。しかし、こんな夜更けではなかなかタクシーが見つからない。3軒目に掛けたタクシー会社でようやく空車を手配してもらい、産院へ向かった。着いたのは午前2時頃であった。もちろん、自分も出産に立ち会うのである。

産院では個室の病室のような分娩室に通された。こんな夜中でも当直体制を敷いて対応してくれるのである。しかも自分たちも含め現時点で3件のお産がスタンバイ状態だそうだ。部屋には義母にも来てもらっていた。ここの産院は相方の実家からすぐのところにあるのだ。まさにこういうときに実家が近いと助かる。

ベッドに寝かされた相方のお腹には聴診器らしきものが複数取り付けられ、そのつながった先の機械で赤ちゃんの心拍や陣痛の度合いをモニタリングできるようになっている。最初は2分何十秒かごとに陣痛の波が来ているようだが、事前に聞きかじった知識ではここからまだだいぶかかるそうなので、長期戦を覚悟した。

ところが次第に陣痛は大きくなっているようで、時折パニックを起こしかけて呼吸が浅くなるので、ゆっくりと鼻で息を吸って一旦止めてゆっくり吐くよう繰り返し話しかけた。お産を手伝う看護士さんらも、意外に早いという認識のようで、やがて、いきんでいってよいという指示に変わった。この「いきむ」というのが壮絶な作業で、一定のタイミングで来る陣痛に合わせて、要するに超頑固な便秘を押しだすかのように踏ん張らねばならないのだ。呼吸を合わせながらいきむので、1回の陣痛の波で3度いきむのが精一杯。最初のうちはあまり進展していないように見えるが、これで次第に出口の穴が拡がっていき、赤ちゃんの頭が見えるようになってくる。途方もない作業のように思われたが、看護士さんらの評価では大変順調とのこと。下手すれば丸一日これが続くこともあるそうで、無駄に体力を使わない、まさにマラソンのようなペース配分が必要だということは予めの知識として聞いていた。

かなり進んできたところで産婦人科医がやってきて正面に陣取った。そこから3回ほどのいきみで、思ったよりあっけなく赤ちゃんがにゅるっと出てきた。5月11日午前4時23分、男の子が元気な産声を上げた。ほんとにオギャーと泣くのだなと改めて実感した。産院についてから3時間もかからないぐらいの超スピード出産、超安産であった。体重は3050グラム。

130511_2相方が出産後の処置をしていもらってる間、産まれてきた子を抱かせてもらった。小さいが、ちゃんと人間の形をしている。手指も小さいがちゃんと爪まで生えている。産まれたての赤ちゃんはしわくちゃでサルみたいだと思っていたがそうでなかったので意外だった。その辺は個性でだいぶ違うらしい。それから、赤ちゃんはずっと目を閉じたままなのかと思っていたが、これまた案外と目を開いてきょろきょろしている。まぶしそうにしてまた目を閉じた。

それから、産声を上げた時こそ泣いたものの、その後はいたっておとなしいのも意外だった。ただ、抱いていると小さな口からひたすらよだれというか泡が垂れてくるのが気になった。肺にたまっていた羊水を出しているとも聞いたがこんなもんなのだろうか。

というわけで、何もかもが初めての体験、しかしながら拍子抜けするほどのスムーズさで、我が家にもう一人の家族が増えた。今はまだ、嵐の前の静けさ。そして明け方に自分は自宅へ戻り、つかの間の独身生活に入る。おそらくこのブログも、子育て・親バカネタに多くを占められるようになるのだろう。

|

« 長居大BBQ | トップページ | 春のヤキヤキ会2013 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます。これから新しい 楽しい生活がまってますよ~~~

投稿: たけした | 2013/05/11 12:13

ほんまにほんまにおめでとうございま〜す。

新米パパさん、子育て奮闘記を待ってま〜す。

投稿: はなてんちゃん。 | 2013/05/11 15:38

ご無沙汰しております。XJR13クジラです。ご子息のご誕生、おめでとうございます。

束の間の独身を楽しんだあとは、頑張って父親して下さいね。大変ですが、楽しく面白いことも一杯ありますよ。

子供と奥様と一緒に、父親としての成長を期待しています。

デワデワ

投稿: XJR13クジラ | 2013/05/11 16:49

ご出産おめでとうございます。安産だったようで、よかったですね。
赤ちゃんもご両親に似てとても目鼻立ちがよいですね。将来楽しみです。
さあ、生まれてからがスタートですよ。くりりんパパもがんばってくださいね〜o(^▽^)o

投稿: まりも | 2013/05/11 19:39

皆様コメントありがとうございます。
親になるというタイトルとはかけ離れて、今回は純粋に出産という神秘体験の感想記にとどまっていますが、今後の試行錯誤で、かつてマラソンにはまったように、育児にも邁進していきたいと思います。

投稿: くりりん | 2013/05/11 21:31

おめでとうございます~!(o^-^o)
安産でよかったですね。
何もかもが初めての経験、くりりんさんの奮闘がこれから始まるのかな?(^^;

投稿: くー | 2013/05/11 21:41

おめでとうございます!
このブログファンとして嬉しく思います。

投稿: kimuheguri | 2013/05/12 00:41

おぉ、おめでとうございます(^^)/
写真見ると、生まれたばかりの赤ちゃんと、イメージ違いますねぇ。
二枚目なのかぁ?(笑)
これから親バカ奮闘ぶりが楽しみです(^^;。
ハルちゃんも、おめでとう、、そしてお疲れ様でした(^^)
しかし、そんな事でマラソンンのペース配分思い浮かべるかぁ?(笑)

投稿: AKA | 2013/05/12 19:46

わーわーずのなかちゃんです!
ご出産おめでとうございます。
自分のはるか昔(笑)のことを思い出しながら拝見しました。
私も第一子、夜の11時の破水から始まり、すぐに病院に行きました。結局、生まれたのは翌日午前11時前。約半日の長丁場で後から来た経産婦さんのほうが先に分娩室に入りました。
第一子でこの時間なら超安産ですね(^-^)
母乳育児になってくれると、お母さんは大変ですが、経済的だし赤ちゃんのためには最高の栄養ですよ!
育児、がんばってくださいね(^-^)

投稿: なかちゃん | 2013/05/13 22:15

おめでとうございます  本当に安産みたいでしたね。文頭の言葉も重みがあって、親ってすごいなあと。本当におぎゃあっと鳴くんだなあと言うのもじーんとしました。

投稿: ウエリン | 2013/05/14 00:06

おお~

おくればせながらおめでとうございます。

マラソンにたとえるなら、まだゼロキロ。スタート直後です。

私の場合は・・・
ペースなんか考えられません。
そのときそのときで全力って感じですかね。

投稿: ひらの | 2013/05/14 21:48

おくればせながら、おめでとう!

投稿: トリッキー | 2013/05/15 08:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/57359929

この記事へのトラックバック一覧です: 親になるということ:

» 超安産を振り返る [くりりんの問わず語り]
我が子が生まれてから1週間が経過した。幸いにして今のところ特に問題はなく、先日には出生届を済ませた。今はひたすら泣く、おっぱい、寝る、の繰り返しである。昨日あたりから手足の皮がむけてきて、まるで脱皮のようである。 先週の出産の際の顛末は記事にはしたものの、何でこれほどの安産だったのかが一切触れられていなかったので、この際振り返りの記録をしておいて、後々の参考になればと思う。破水からわずか3時間ほどでのスピード安産につながった要因として考えられるものを以下に掲げてみた。 ・出産ギリギリまで仕事を続けた... [続きを読む]

受信: 2013/05/18 21:17

« 長居大BBQ | トップページ | 春のヤキヤキ会2013 »