« 『地震と噴火は必ず起こる』 | トップページ | なゐふること »

つけ麺 渡辺製麺(西院)

130410_1異動になっても相変わらず残業続きだが、ノー残業デーということでほっぽらかして久々の早めの帰路に就く。阪急西院駅で途中下車してラーメンパトロールである。駅出口のあるブロックを囲う路地の一画にあるのだが、場所が非常に分かりにくい。つけ麺・渡辺製麺という店である。後で調べてわかったことだが、発祥は大阪の豊中にあるようだ。西院店というような書き方は特段見当たらなかったが、チェーン店ということになるだろうか。

店内に入って先に食券を買う。カウンター席とテーブル席が少しばかり、2階にも席があるようだ。つけ麺のチケットを買ったのだが、さらにスープの種類を何にするかを告げないといけないらしい。魚介、ベジポタ、四川風とあるうちの魚介系を注文。

130410_2出てきた麺は極太で薄い茶色というか灰色がかった縮れ麺。そもそも食券の時点で太麺、中太、平打ち麺を選べるのだがこれがおすすめとされている。つけ汁はこれもカーキ色っぽいややとろみのあるスープに粉状のかつお節らしきものが降りかかっている。麺は冷水で締めてあり、モチモチの食感。スープはその名のとおり魚介ダシの香りと旨みがいっぱいに広がる。

麺の丼には細切りのネギがトッピングされ、つけ汁には焼き海苔が刺さっているのと、中には厚切りでジューシーなチャーシュー2枚とメンマが入っていた。ゆず七味でアクセントをつけることもできる。つけ麺がぬるくなるので、温め直せるようIHヒーターが付いているので試してみたが、あまり変わらなかった。これも後でネット記事を見るとIHヒーターの火力が貧弱という評をいくつか見かけたのでそういうことなのだろう。

つけ麺 太麺(並)濃厚魚介 800円

並盛りの量だとちょっと物足りない。50円アップで100グラムずつ増やせるので中盛りか大盛りにすべきだった。

|

« 『地震と噴火は必ず起こる』 | トップページ | なゐふること »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/57147198

この記事へのトラックバック一覧です: つけ麺 渡辺製麺(西院):

« 『地震と噴火は必ず起こる』 | トップページ | なゐふること »