« うちなー紀行(総括編・2) | トップページ | うちなー紀行(総括編・3) »

うちなー紀行(フライト編)

130309_f1北谷町のリゾートホテル、ザ・ビーチタワー沖縄の2階に「フライトシミュレーション沖縄」という施設がある。本物の操縦士訓練として認められるレベルのフライトシミュレータが2機設置されており、実際に訓練もやっているのだが、空いている時間は一般の人でも利用することができるのだそうだ。

130309_f2というわけで事前に予約をしておいて乗り込んだ。部屋の中は暗くなっていて、精巧に出来たコックピットの前には3面の巨大なスクリーンが設置されており、外の風景をCGで映し出している。

利用コースは何種類かあるが、一番人気のある1時間弱ほどのコースを選んだ。機種もいくつか選べるようだが、大きなジェット旅客機はなく、セスナ機などの小型プロペラ機ばかりである。今回はビーチクラフトの「バロン」という双発プロペラ機を使用。どこの空港かも選べるので、もちろん大阪・伊丹空港を選択した。

一応コースのメニューでは飛行機の基本操作から離陸、旋回、着陸と一通り教わるのだそうだが、今までもフライトシミュレーションゲームなどでやりこんでいて自信があったので、教習抜きでいきなり飛ばせてもらった。

スロットル全開、120ノットで離陸、ギア格納、フラップ格納あたりまでは楽勝だ。ちゃんとギアのレバーがタイヤの形、フラップのレバーが翼の形をしているリアルさがうれしい。

ところが、高度3000ftで真っ直ぐ飛んで見てくださいとスタッフの指示を受けてからが一苦労。なかなか安定して高度を維持できない。ちょっと油断すると高度が上がりはじめ、逆に押さえ込むと下がってしまう。エレベータートリムの使い方もいまいちうまく行かない。高度に気を取られているうちに進路もちょっとずつズレて行ってしまう。

それでも何とか飛行を続け、スタッフの指示で進路を変えていき、今度は高度を下げて着陸へ。ここが腕の見せどころ、100ノットをキープしつつ少し機首を上げ気味にしてタッチダウン。ちょっとだけバウンドしてしまったが、無事降ろすことが出来た。いやはや感動。

他の場所も選べるとのことで、昔の香港の啓徳空港をリクエストしたが、さすがにそれはないとのこと。仕方ないので羽田空港から飛び立って東京の街の上空を遊覧してから成田空港に着陸した。時間帯も昼、夕方、夜と自由自在、天気も曇り、雨、雪といろいろできる。

130309_f3自分の持ち時間はここで終了し、次は相方の順番になった。すると今度は本物の教官が登場してレクチャーしてくれた。飛行機の基本から教えてもらえて、相方にはちょうどよかった。

実際にフライトを始めてからのレクチャーは自分にとっても目からウロコだった。水平飛行には、まず窓から見える景色(特に水平線の高さ)を固定した状態にして、それから高度計を見て答え合わせをすべきなのだ。自分の場合、計器を見ながら一定を保とうとしたから、いつまでもフラフラしてしまっていた。計器を見てまだ動いていれば、姿勢を少し変えてまた固定、それから計器を見て答え合わせ、これを素早くスムーズに繰り返すことで安定した飛行となる。エレベータートリムは、一旦安定飛行になった際に、操縦桿を押し込みっぱなし、引きっぱなしだとしんどいので、手を離した状態でその姿勢が保てるようにサポートしてもらうために使うのだ。

さて相方の操縦も着陸に移った。まずは教官が手本を見せる。実に滑らかで美しいタッチダウンだ。続いて相方自身の操縦で着陸へ。クラッシュするのではと密かに期待していたのだが、教官の教え方がうまかったのか、相方の飲み込みが早かったのか、何と無事にタッチダウンしてしまった。(映像での記録はこちら

着陸の際のポイントは、滑走路が真っ正面の一点に見えて動かないという状態をキープすること。その状態であれば真っ直ぐ滑走路に向かっていることの証だ。逆に、他の航空機が風防上の一点に留まって見える場合は、衝突するコースにいるので危険だ。進路を変えて、相手の見える位置が少しずつ変わるようになったら衝突しない。

話がそれたが、着陸時は滑走路の見え方と速度に集中すればよく、高度計や昇降計は気にしなくてよい。ただし機首が下を向いたままだと減速できないので、水平かやや上向きぐらいの姿勢で、でも高度は徐々に下がっていくというのがベストだ。

夢のような時間はあっという間に過ぎ、終了時刻となった。このコースは本物の操縦訓練と同等に扱ってくれるので、最後には修了証をもらえた。これで1人あたり8,925円。この手の相場というのはよく知らないが、かなりお値打ちなのだろう。是非ともまたやってみたい。

|

« うちなー紀行(総括編・2) | トップページ | うちなー紀行(総括編・3) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

くりりん様、

フライトシミュレーション沖縄の高江洲と言います。
先日は、フライトシミュレーション沖縄にお越しいただきどうもありがとうございました。

ゲームと実際の訓練用シミュレーターではやはり大分感覚が違うのですが、あの着陸は圧巻でした!
いくらゲームしていると言っても、あのようなスムーズな着陸はなかなかできませんよ。

相方様も初めてとは思えないくらいお上手でした。

沖縄にお越しの際には、また是非お立ちよりくださいね。心よりお待ちしております。

ご来店どうもありがとうございました。

投稿: 高江洲 | 2013/03/24 16:01

高江洲様
その節はお世話になりました。水平飛行以外は、思ったよりは簡単に操れた感じでした。また機会があれば今度は本格訓練コースでチャレンジしたいですね。

投稿: くりりん | 2013/03/24 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/56949615

この記事へのトラックバック一覧です: うちなー紀行(フライト編):

« うちなー紀行(総括編・2) | トップページ | うちなー紀行(総括編・3) »