« 木津川マラソン伴走2013 | トップページ | ジャイロゼッター? »

〆フランス

130206_1職場を早めに出られたので、今晩はラーメンを食べに歩く。以前にも行った「煌力」を再訪した。前回はシメフランスという追加メニューができなかったのが心残りだったので、そのリベンジである。というわけで今回は汁のある担々麺を注文。かなり辛いそうだが、さらにお好みで唐辛子ダレの追加もできる。スープはとろみがあって、そぼろ肉を「はじめ中にいろいろ刻んだものが入っている。ナッツ系のカリッとした歯ごたえもある。確かに辛いのだが、辛さの中にうま味がある。麺は極細のストレート麺。薄い茶色をしている。チンゲン菜と思しき菜っ葉もある。麺の量は若干少なめなので、替え玉も注文。

130206_2そして念願の〆フランスを注文。すると、別の鉢を出してきて、そこに残ったスープを入れ、IHヒーターで加熱して沸騰させる。各テーブルにIHヒータが完備されていたのはこのためだったのだ。スープが沸いたところで、そこにフランスパンにチーズを載せて焼いたものを漬ける。これが〆フランスというわけだ。さっきまで辛いスープだったのだが、少し別のスープを混ぜているのか、またチーズが絡むこともあって辛さが若干まろやかになっている。スープを十分含ませたフランスパンをアツアツの状態でいただく。うーん、さっきまでラーメンを食べていたのに、まるでフランス料理のコースの一品が出てきたようである。満足。

The担々麺  680円
替え玉    100円
〆フランス  150円

|

« 木津川マラソン伴走2013 | トップページ | ジャイロゼッター? »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

最近のラーメン屋は個性を強調しすぎる店が多いような気がします。千歳空港にラーメン道場(だったかな?)というラーメン屋が並んでいる一角がありますが、何軒か行ったけどはっきり言ってまずい(口に合わない)。
先日、京都駅の8階?で食べた京都ラーメンはおいしかったです。

投稿: くまぼう | 2013/02/07 07:51

ラーメン店は競争が激しいので、何らかの形でアピールしないといけないという焦りがあるんですかね。でも、奇を衒い過ぎるとリピーターは付きません。そうして淘汰されていくのだと思います。

京都駅ビルの8階は拉麺小路ですね。実はここも結構店が入れ替わっています。店によって当たり外れはあるでしょう。

投稿: くりりん | 2013/02/09 11:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/56712624

この記事へのトラックバック一覧です: 〆フランス:

« 木津川マラソン伴走2013 | トップページ | ジャイロゼッター? »