« 今城塚古墳公園の死角 | トップページ | 〆フランス »

木津川マラソン伴走2013

120203_1今日は木津川マラソン伴走のオファーを受けて京田辺市へ向かう。正確な記録が残っていないのだが、2002年の大会で伴走、2004年の大会で3時間ペースメーカーをやって以来実に9年ぶりの訪問ということのようだ。伴走パートナーはAさん。種目は5km。パラリンピックの女子トライアスロン出場を目指して、短めの距離を中心に走っている。

しばらくご無沙汰している間に、会場回りはだいぶ状況が変わっていた。確か以前はどこかの学校の敷地内を会場に利用させてもらった覚えがあるが、今では川の手前に出来ている住民センターが着替え・荷物預かり場所で、山城大橋下の河川敷がメイン会場となっている。天気は好天。前日がやたら温かく、一転して寒くなるとの予報だったが、思ったより気温は下がらず、過ごしやすい陽気。そして以前と違って、言葉は悪いが木津川ごときでもあっという間に定員オーバーになって締めきられてしまう時代になったということだ。

5kmのスタート前にフルとハーフの出発を見送ったが、どれだけ湧いてくるのかと思うほどのランナーの波。ここは河川敷で狭いコースなのでさっそく渋滞していた。10:30にスタートする5kmは人数少なめというものの、やはり出だしは前が込み合って最初の1kmに6分15秒もかかってしまった。取り戻そうと頑張ったらちょっと飛ばし過ぎて次の1kmが5分13秒と設定ペースより速すぎた。それ以降距離標識がよくわからなくて、ゴールタイムは27分13秒ぐらい。スタートロスが18秒ほどあったと思うので、当初の目標だった27分切りはネットタイムなら達成したのではないかと思う。

120203_2木津川マラソンの終了後はすぐに会場を後にして、枚方公園近くの淀川河川敷で開催されている寛平マラソンの応援に向かった。第1回の開催ということらしいが、とてもたくさんの人出だった。吉本の芸人が多数参加しているからというのもあるだろうが、これだけマラソン大会がかぶってもどの大会も盛況というのは、隔世の感がある。会場でたまたま合流できた知り合いランナー数名と枚方駅近くの王将で飲んだ。

|

« 今城塚古墳公園の死角 | トップページ | 〆フランス »

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/56690373

この記事へのトラックバック一覧です: 木津川マラソン伴走2013:

« 今城塚古墳公園の死角 | トップページ | 〆フランス »