« 渾身 | トップページ | 京都 龍旗信 »

ひらかたハーフ2013伴走

130114_1この日は、枚方新春走ろう会(ひらかたハーフマラソン)の5km伴走のリクエストを受けて、枚方大橋南詰の淀川河川敷へ向かう。2010年にも伴走で参加して以来3年ぶりとなる。昨夜からのあいにくの雨で、会場一帯が水溜りとぬかるみの海と化しており、受付場所に向かうだけで靴下の中までずぶ濡れとなってしまい、走る前から戦意喪失。この大会は何度か出ているが、これだけドロドロだったことは過去記憶にない。

伴走のパートナーは先月の守山ハーフから引き続きのRさん。レースが短距離なので、レース前後にももっと走る予定だったのだが、この状況なので外へ出る気にもなれずテント内で待機。しかしそのテント内もあちこちが水溜り・ぬかるみで、まともに過ごせる場所がない。

レースは遅めの12:30スタート。コースは大部分が舗装されてはいるのだが、避けようのない巨大な水溜りがあちこちに出来ていて、覚悟を決めて突っ込むしかなかった。なお、伴走者以外にもH高校の男女生徒が一人ずつあてがわれたので、男子生徒には前方の露払い、女子生徒には後方からの無理な追い抜きをブロックするポジションでのサブ伴走をお願いした。ただ、女子生徒にはちょっと厳しいペースだったようで、後半は落伍してしまったようだが。

130114_2結果は、23分36秒で視覚障害者女子の部では1位(9人中)。壮年女子全体の中でも4位相当だった。自己ベストからは2分ほど遅れているが、この状況では致し方ないところ。悪いなりにも手ぶらでは帰らせない、と最低限の任務は果たせた。表彰は3位までだが、皆さんお知り合いなのはご愛敬。

レース後は、着替えるのもままならないので、上着を着た状態で枚方市駅近くのイタ飯ファミレス・サイゼリアで、仲間8人で遅めのランチ。結構飲み食いしたのに値段が安いのにびっくり。店の帰りがけにすれ違った、大会役員と思しき人が枚方市長だったとのことでまたびっくり。

|

« 渾身 | トップページ | 京都 龍旗信 »

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/56541083

この記事へのトラックバック一覧です: ひらかたハーフ2013伴走:

« 渾身 | トップページ | 京都 龍旗信 »