« ぐるりん切符 | トップページ | マンナンレバー »

ゆっくり妙見山伴走

120825_1この日は、4ヶ月ぶりぐらいで箕面・妙見山をMさんの伴走で走ることとなった。今回はA氏主催でWindRun関西のメンバーが中心となり総勢10数名の結構な大人数となった。初心者も多いということでゆっくり走るのが絶対条件とのこと。

8月末だがまだ残暑厳しい箕面を9時過ぎに出発。滝道に入ると若干空気が変わって涼しさを感じる。セミの鳴き声もクマゼミからミンミンゼミに変わった。

120825_2初心者多めといいながらも、誰一人脱落することなく妙見山頂に到達。久しぶりに寺の本堂のあるところまで上がってみた。山門の気温計は29℃を指していた。展望台から見る能勢の街並みと、はるか向こうには六甲山系も見える。

復路・高山の登りでは、例によって本隊に先に行ってもらい、時間をおいてからスタートして追いかけて抜かすというお遊びをやったのだが、別働隊でたまたま合流した2人の現役サブスリーランナーと一緒に3人でのバトルとなってしまい、想定外のキロ4:30ペースに引っ張られて早々にバテて惨敗。やはりこの坂の走りで実力のバロメーターとなるというのは正しかった。

ゆっくりということで箕面駅ゴールが16時過ぎ。高山のバトルで疲れ切ってしまい、その後はゆっくりでもかなりしんどかった。石橋温泉は既に閉店してしまったので、平和温泉を利用。

120825_3打ち上げはこれも例によって石橋の王将。いつもは昼食か夕食か微妙な時間帯だが、今回は18時スタートと完全に夕食といえる時間帯。散々食って飲んだのに1人あたり1300円少々と恐るべき王将。さらにはスタンプカードが一気に2枚分もクリアしてしまった。

それで、二次会も行うこととなり、なぜか十三で降りることとなった。よくよく考えると、十三駅で降りるのはこれが初めてかもしれない。駅を降りてすぐのところにある沖縄料理大衆酒場「平八」を訪れた。大箱なのが特徴で、50人でも収容可能だとか。2階に座敷があり使い勝手がよいとのこと。今後はディープな十三も開拓していきたいところだ。

二次会ではおさまらず、三次会も梅田でワインを飲む。石橋ではまだ早い時間かと思っていたのに、結局日付が変わってからの帰宅となった。

(走る事・そして飲む事。「妙見山・のんびり隊(8/25)」にトラックバック、関連記事:虎っ娘ランナーのランニング日誌「獣になった日」)

|

« ぐるりん切符 | トップページ | マンナンレバー »

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした~。

高山でガチバトルが見れて、
ギャラリーとしては大変楽しませてもらいました。

またどこかの練習会ではよろしくです。

投稿: ざっきぃ@わーわーずな人 | 2012/08/27 15:44

お疲れ様でした。
大変なバトルだったようですが、見られなかったのが残念。
元と現ではえらく違うものですなぁ(笑)
早いとこ復活して下さいませ(^^)

投稿: AKA | 2012/08/27 22:26

お疲れさまでした、コメントどうもです。
ざっきぃさん:
高山バトルは情けない姿を晒してしまいお恥ずかしい限りです。また走りましょう。
AKAさん:
8分置いて追いかけたのですが、届きませんでした。復活の日は遙か遠いです。

投稿: くりりん | 2012/08/29 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/55512260

この記事へのトラックバック一覧です: ゆっくり妙見山伴走:

« ぐるりん切符 | トップページ | マンナンレバー »