« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

ステテコデビュー

120731暑い夏の通勤にと、「ステテコ」を買ってもらった。ステテコと聞くと加トちゃんのハゲオヤジを連想してしまうが、今時のステテコは柄もついてかなりおしゃれな感じ。肌触りもサラサラでよい。

それで、これを穿くときに迷ったのは下にパンツを穿くかどうか。しかし、パンツを穿いてしまうとゴワゴワになるので直接ステテコを穿く。そしてスーツのズボンを穿くと、今までと比べて涼しい肌触りが続く。特に暑くなって汗をかくようになってからの効能がよい。これまでだと汗のせいで太ももあたりがスーツに貼り付いてしまいベタベタとした不快な状態になるが、ステテコがあると汗をかいてもステテコが肌に貼り付くものの、肌触りは快適なまま、ステテコとスーツは引っかからないので動きやすい。これはハマるかも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

玄関網戸2

玄関網戸2先日取り付けた玄関網戸、真ん中の合わせ部分の隙間が課題となっていたが、某科学番組を見ていると、玄関や戸の開け閉めというわずかの隙にでも蚊は侵入してくるということがわかった。

というわけで、網戸に貼り付けるタイプの虫除けを取り付けてみた。これなら、真ん中にわずかに空く隙間は元より、出入りするときにも薬効成分によるバリアができているので、よりガードは堅いのではないかと思われる。

風上に置く方が効果があるらしいので、反対のベランダ側にも同じものを設置。これでどちらから風が吹いてもOKだ。

効果は100日間と書いてあったが、果たしてこのひと夏これで成果が上がるのか、見ものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天神の湯・開湯間近

120726この日は職場の節電対策のために年休一斉取得が推奨されているということで、久々にお休みにさせてもらった。

それで、高槻センター街を歩いていると、来月に「天神の湯」という温泉がこの街中にオープンするという現場に遭遇した。今は事前の会員登録を受け付けているとのことで、乗せられていると思いつつも登録を行った。会員になると、土日祝1200円の料金が1000円になるそうだ。ちなみに年会費は200円なので2回以上行けば元は取れる計算だ。しかも今ならタオルプレゼントとのことで、どうせ登録するなら今のうちということか。かなり強気の料金設定だが、どのみち高槻のランニング練習会で一度ぐらいは利用することになろうから、誰かは会員になっていた方がよかろう。1枚でグループ利用でも可能だ。

オープンしたら当然吟味することになろうが、単純温泉、低張性、弱アルカリ、低温泉というスペックでは泉質はあまり期待できなさそうだ。

もちろん今日はこのためだけに高槻に出かけたのではなく、普段なかなかできない平日のみ可能な雑用もまとめてこなした。最大の任務は、本籍地が書き換えられないままだった運転免許証の訂正。とはいえ、最近の免許は本籍地が表面には書かれなくなったので、あまり書き換えたという実感がない。それでも裏面には本籍変更という履歴が書きこまれた。これで2年越しのチョンボ状態がようやく解消。

それにしても、節電のためといいながら、こうも暑いと家のエアコンを使いたくなる。それではトータルでは節電にならんではないか。というわけで、極力夕方まで喫茶店や図書館などで過ごして家にいないようにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

したたり

120722_2京都・高倉通蛸薬師上ルのところにある「亀廣永」という京菓子の店で、「したたり」という名のお菓子を購入。これも祇園祭ゆかりの品とのことである。祭り期間中に菊水鉾でお茶とともに供されるために作られた菓子が、評判がいいので祭りの時だけでなく通年で販売されるようになったものだそうだ。

120722_3見た目は透明度の高い水ようかんという感じだが、寒天でつくられたものである。よく冷やしていただく。黒砂糖の甘みが広がる、シンプル・イズ・ベストの味わい。原材料には寒天、砂糖、黒糖、和三盆、水飴の5つしか書かれていない。氷出しした緑茶ともよく合う。1棹1050円也。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玄関の網戸

120722我が家は地形的要因か何かはわからないが玄関とベランダ方向の風通しがかなりよく、玄関のドアを開けておくと結構いい風が吹き抜ける。しかし、玄関から蚊が入ってくるのが問題となる。

そこで網戸をつけようと言うことになったが、網戸のドアを取り付けるタイプは数万円もの値段がしてかなりコストが高い。調べているうちに、網のシートをドア枠周りに張り巡らせるという簡易タイプのものがあるようなのでそれを試してみた。ネットでの販売価格は980円となっていたが、某DIYショップで780円で売っていたものを購入。

ドア枠周りにマジックテープを貼り付け、そのマジックテープに網戸シートをくっつけるという構造になっており、出入りの際はカーテンのように真ん中から分けて両脇に束ねることになる。もちろん鍵など掛けられないので、不在時や就寝時には使えない。開けっ放しの時に比べれば蚊の進入はだいぶ防げるが、特に真ん中を合わせている部分に隙間が出来やすく、完璧なガードとはいえない。また、風が強すぎると、真ん中のつなぎ目が外れたりシートそのものがマジックテープから外れてしまうなどの問題もある。まあこの値段ならこの程度というところだろう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

鴨川納涼床

120721この日は京都・先斗町にある「よし菜」という店の床で飲み会があった。京の夏の風物詩、鴨川の納涼床である。19時からの予約だったが、完全入れ替え制らしく、前の客がはけるまで少々待たされた。

この日は昼前頃にあちこちで激しい雷雨があり、その後も曇り空だったので、真夏ではあるものの幾分過ごしやすい気候だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らー麺 九九ッ

120719_1今日は研修で、昼ご飯もいつもの食堂というわけには行かないので食べに出かけた。最初は「いいちょ」のラーメンを食べにいくつもりだったが、この日は定休日だった。そこで、その近くの北大路沿いにある「らー麺九九ッ」を訪れた。「九九ッ」と書いて「きゅうくつ」と読む。知らないととてもじゃないが読めない店名だ。

店内はカウンター席ばかりで10席少々といったところ。確かにやや窮屈な感じではある。店主と思しき男性が調理にあたり、年配の女性がアシストしている。

120719_2出てきたラーメンは、豚骨しょうゆに背脂チャッチャのいわゆる京都ラーメン系の見た目。スープの味はこってりめである。麺を見ると茶色味がかったやや細めのストレート麺、中に粒々が練り込まれており、全粒粉を使っていると思われる。堅めの茹で方なのがよい。

トッピングは多めに盛られたもやしとチャーシュー、メンマ。チャーシューは薄切りでジューシーなものが2枚入っている。セットで出てきた五目飯はまあ普通。

五目飯セット(ラーメン並+五目飯) 700円

ラーメン並単品だと500円というのは良心的な料金設定。そういえば京都ラーメン紀行はもう店じまいしていたのだったが、まあ今では頻繁に書くこともないだろうから、シリーズ復活とまではしないでおこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祇園祭宵山2012

120716_13連休の最終日は祇園祭の宵山に出かけた。ちょうど午後6時から歩行者天国が始まるところで、四条通はすごい人だかりである。まずは長刀鉾を拝見するが、なかなかたどり着けない。


動画でも撮ってみたが、ブレまくってしまった。

120716_3まだ明るい時間帯だったのと、小腹が空いたということで寺町あたりの店でビールを飲んでから再度出直し。メインストリートは避けて蛸薬師通沿いに西へ向かったが、それでも人が多い。すると途中に骨組みだけの櫓があり、何だろうと見てみると、約400年前に焼失した布袋山(ほていやま)の復活を目指して、ようやくここまで復元させたということのようだ。しかし400年も前となると、ほとんど手がかりは残っていないだろうから、復元というよりも一からの創作になってしまうのではなかろうか。

120716_4新町通から南下して南観音山の横を通る。


祇園囃子とともに、子供達が「ちまきどうですか」と言って道行く人に声を掛けるのも風物詩である。

120716_2お目当ての大船鉾に到着。ここは再来年からの巡行復帰を目指しており、何と140年ぶりの復活となるそうだ。というわけで人気が出てきたのか、ちまきは売り切れ、腹帯も売り切れ。何とかお守りだけはいただいた。ちまきはさらに南にある船鉾のものをいただいて玄関に飾ることとした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲子園内野席

120715_2阪神甲子園球場のタイガース対スワローズ戦チケットをいただいたので、観戦に行った。昼間まで舞洲24時間リレーマラソンを走っていたので、一旦家に帰って洗濯してシャワー浴びてすぐに出かけるという強行軍。球場に入るときには既に試合が始まっていて1回裏のタイガースの攻撃中だった。席はみずほアイビーシートという1塁側内野席、銀傘の下で3階席のかなり上の方だった。ここなら雨の心配はいらないが、屋根が近くてジェット風船が天井に当たってしまう。

試合の方は、どうも先発投手の能見がピリッとせず、ダラダラと点を取られすぎ。特に、ピッチャー相手にヒットを打たれる、内野強襲のゴロをはじいてしまい(記録はヒットだが)得点につながるなど、防げた失点が多かった。一方の攻撃の方は、初回の2点(それも犠牲フライ)のみで、後はたまにヒットが出てもその後がダブルプレーなど、チャンスを広げられなかった。好調な打線でないのならヒットエンドランなど積極的に仕掛けていかないといけないと思うのだが、和田監督の采配は一体どうなっているのだろう。

というわけで余りの不甲斐なさに8回裏で席を立った。他にももっと前から帰り始めるファンの多いこと。今シーズンの成績を象徴するような試合だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舞洲2012

120714_1今年も舞洲24時間リレーマラソンに参加した。海の日のカレンダーの影響で早めの日付での開催となり、まだ梅雨明けしておらず天気が心配だったが、何とか曇りで持ちそうな感じ。

今年は例年とは会場が違って、いつものオートキャンプ場ではなく、隣接する駐車場のような敷地が会場となっていた。路面のあちこちにドリフト時のタイヤ痕があるので、普段は自動車レースとかに使うための土地のようである。前日までの大雨で一部水溜まりに水没しているテントサイトもあったが、自分たちの敷地はそういうこともなく一安心。


12時のスタートを見送る。今回は会場の関係で200チームほどに数が減っている。コースも1周1.4kmといつもより短めだ。

120714_2今回も2チームでの参加となった。ただ、1チームあたりの人数が減って走るのがしんどかったという昨年の課題を踏まえ、夜中は1チームを完全にストップさせて楽に過ごすこととした。湿度は高めだが、時折風が吹き抜けてしのぎやすい。テントサイトの料理は相変わらずハイレベルで、他所のチームの知り合いがおこぼれをもらいにくるぐらいである。

120715_1翌朝は急激に晴れてきて暑くなった。空調服を持ってきてよかった。

チーム成績は、1チームが104位、夜中に止めた方はさすがに204位と最下位だった。自分個人の走りは、22周走って、最速が1周4分57秒。ちなみに今回でこのチームの参加が10年目ということで、舞洲参加には一旦区切りを付けて、来年は別のイベントを考えるそうだ。確かに年々サービスが低下しているのに、わざわざ高い金を払ってまで舞洲24時間でなければならないか、ということは言えて、だからこそ関西の老舗ランニングチームはほとんど撤退してしまったという状況になっているのである。ここもようやく気づかれましたか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗濯機買い換え

120708_1我が家の白物家電で最後まで独身時代からのものが残っていた洗濯機が、この日ついに買い換えとなった。購入したのは先週だが、今日届いて設置された。

洗濯機の選択はかなり悩ましいところだったが、まずは縦型かドラム型かの選択で、洗浄力・洗濯時間の早さで縦型にした。もともと乾燥機は要らないと思っている時点で、コストパフォーマンスの面からも縦型が確定的だ。ドラム型は生地を傷めにくいのが特徴だが、それは洗浄力のなさの裏返しであり、洗濯時間はドラム型の方が長くかかってしまうそうである。それで、縦型は2層式か全自動型の選択肢があるが、今更入れ替えの手間の増える2層式などあり得ない。というわけで、縦型・全自動1層式の中で、あとはエイヤで選んだのがS社のES-TX910という機種。2人暮らしではそれほど大容量は要らないのだが、特に平日は毎日洗濯できるような時間的余裕もないので、まとめ洗いも1回で済む9kgの大容量にした。近所の家電量販店J社で購入、リサイクル等諸々混みで70k円也。乾燥機能も付いているタイプなので当初想定より若干高め。

それで、この日早速稼働させて驚いたのは音の静かさ。リビングと隔てるドアを閉めてしまうと洗濯機が回っているのかが分からないぐらいである。ただ、風呂水利用機能も付いているのだが、ポンプが吸い上げ式になっているので、最初は水道水を呼び水に使うのと、実際に風呂水が出てくるまでに時間がかかるのが以前と勝手の異なるところ。前の洗濯機では風呂水機能は付いていなかったので、外付けのポンプで手動で風呂水を導入していたが、ポンプが風呂浴槽側にある押上げ式だから呼び水はなくすぐに風呂水が供給できていた。もちろん、外付けだから水が十分になって洗濯機が回り始めたら手動でポンプ止めないといけなかったのが、新しい機種では自動で止まってくれる。なお、新洗濯機の音は洗濯・脱水時よりも風呂水給水時がいちばんうるさかった。

120708_2さてお役ご免となってしまった洗濯機は、京都での一人暮らし開始時に近所のリサイクルショップで10k円弱で購入した中古の全自動洗濯機である。特に故障したということではないのだが、洗浄力がいまいちなのと、洗濯に時間がかかること、それと容量がちょっと少ないということが不満ということで、とうとう退役となった。4年弱のおつとめご苦労様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とんこつラーメン無双

120707_2今宵は都合により一人で晩ごはんとなったので、久々に近所のラーメンパトロールに出た。この日の昼はバーベキューで、しこたま飲んで食ったので、もう酒は要らない、シメのラーメン1杯でちょうどよいという感じである。阪急富田駅から東の方へ徒歩10分ぐらいのところにある「とんこつラーメン 無双」という店を訪れた。

店内は町の中華料理屋という感じで、テーブル席と堀りごたつ状の座敷が全部で4卓、ごく狭いカウンターが3席。先客は学生と思われる若者が4名いた。比較的若めの男性店主が一人で切り盛りしているようである。

120707_3この店のウリは唐辛子を練り込んだ赤麺なのだそうだが、つい普通の白い麺の方で注文してしまった。

出てきたラーメンはまあごく一般的な白濁のとんこつラーメン。スープはやや濃いめの味か。店の表には自家製麺と書かれており、麺は細めの白いストレート麺である。いわゆる博多ラーメンほどの極細ではないが、かなり細い。このような麺はバリカタぐらいの堅めで出してほしいものだが、特にリクエストを付けずにいたので、自分にとってはちょっと茹ですぎという感じだったのが惜しい。

トッピングはチャーシューにキクラゲ、紅ショウガ、ネギ、海苔。チャーシューは2枚で厚めに切られておりジューシーである。

とんこつラーメン 650円

替え玉もあったのでそこで赤麺も試したかったのだが、いかんせんもうお腹いっぱいでチャレンジできず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴーヤ成長中

120707_1大きな鉢で2株だけの少数精鋭で臨んだ今年のゴーヤ、前回のリポートからさらに成長が進み、先端がポールの高さまで達した。このままだと伝う先がなくなるので、壁方向にも紐を張って延長できるようにした。壁の方まで伸びてくれれば、グリーンカーテンとしての機能が十分発揮できる。

鉢を大きくした戦略は当たりのようで、葉っぱも以前のものより大きく、伸びるスピードも速いような気がする。まだ花は咲いていないが、この調子で大きいゴーヤが実ることを期待。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

空調服、再起動

120704この夏一番の暑さになると予想されたこの日、久々に空調服を取り出した。どこぞの原発ではないが、しばらくぶりの再起動である。電力需要がピークとなる時間帯の利用はUSBではなく、エネループ充電池を電源とする。もちろんオフピーク時間帯に充電したものだ。かつてはかなりシャレの要素が大きかった空調服だが、これだけ真剣に電力供給のことを気にしなければならなくなってしまったとは、あの地震以降、時代がすっかり変わってしまったものだ。

ピーク時の電力抑制ということでいえば、職場のノートパソコンを、ピーク時間帯には外部電源を絶ってバッテリーのみで駆動させるということもいわれているが、試しにやってみたところ1時間ぐらいでバッテリー残量が底をついてしまった。ノートパソコンといえどもモバイル用に特化して電池長持ちを目指したものでもない限り、せいぜい無停電装置ぐらいの役割しか果たせないようだ。

ちなみにこの日の電力使用率は最大でも82%程度。大飯原発の電気はまだ供給されていないが、まかなえている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »