« 高槻ジャズストリート2012 | トップページ | カボチャのチーズフォンデュ »

伏見名水スタンプラリー

120506_00連休最後の日は、「伏見名水スタンプラリー」を走って回ることにした。この催しは、伏見付近のあちこちに湧き出ている水源に置かれたスタンプを台帳に押して周り、5ヶ所以上で賞品抽選の権利、11ヶ所全て回ると記念品がもらえるというイベントである。5/31まで開催されている。

120506_01朝から雨が降っていたが、昼からやみそうな感じだったので、昼前にJR藤森駅前に降り立ってラリーを始めた。まずは藤森神社にある「不二の水」をいただく。勝ち運を授ける水なのだそうだ。飲むとまろやかで柔らかい。

この神社、先日寄ったときは5月5日の祭に向けて準備中だったが、この日は祭りの翌日とあって、後片付け作業が行われるだけの境内は閑散としていた。

120506_02次に立ち寄ったのは「清和の井」。道沿いにある料理屋、清和荘の敷地内にあり、店の料理にもこの水が使われているのだとか。ご丁寧に飲むための小さい紙コップが準備されている。かなり高級そうな店だが、お昼のセットで2625円というお値打ちコースもあるそうなので機会があれば店にも入ってみたいところだ。なお月曜日は休みで敷地内に入れないから要注意。

120506_03次はしばらく走って油小路の高速道路も超えて城南宮へ向かう。境内の洗手場が湧き水になっていて「菊水若水」と名付けられている。ここの本殿の周りには、稲荷、出雲、金比羅、厳島など各地の神様が小さい社に祀られて並んでいた。

120506_04続いては住宅街の中にある酒蔵、キンシ正宗を訪れた。ここには「常磐井水」が湧いていて、当然ながらここの酒造りに使われている。会員制を敷いているそうで年会費は12000円。結構なお値段のようだが毎日ペットボトルの水を買うことを考えたら案外お得かもしれない。

120506_05この後H氏と合流して実はまた最初から回り直したのだが、それは割愛して、続いては5ヶ所目へ。大黒寺という寺の境内にある「金運清水」を訪れた。この湧き水は比較的最近に掘り出したものらしい。

120506_06次は国道24号線のすぐ横にある御香宮神社へ。ここには神社の名前の由来にもなっている「御香水」が湧いている。ここが記念品交換、賞品応募の窓口の一つになっているので、同じラリーを回る高齢者ハイカーの集団がいて混雑していた。

120506_07続いて桃山御陵のすぐ近く、やや坂道を登って乃木神社にたどり着いた。ここには「勝水」が湧いている。しかし、掲示があって、最近水脈の中で崩落があったそうで、時々水が濁るので注意するよう書かれていた。濁りはないので飲んでみたが、かなり鉄の臭いがする。これまで飲んできた水とはかなり違っていて、お世辞にもうまいとは言えなかった。崩落で水質が変わってしまったのかもしれない。

120506_08その後は伏見中心部に向かうつもりが、ちょっと道を誤って南に寄りすぎて外環からのアプローチ。月桂冠大倉記念館を訪れた。ここは「さかみづ」があるが、飲むためには記念館の中に入る必要があるそうで、有料(300円)のため水飲みはパス。

120506_09すぐ近くにある長建寺を訪問。入口の門がちょっと変わった感じ。ここでは手水場に「閼伽水(あかすい)」という水が湧いている。このお寺には弁財天が祀られている。

120506_10坂本龍馬が襲われた寺田屋事件で有名な寺田屋の近くに、キザクラカッパカントリーがある。黄桜酒造が設けた酒の販売所やレストランなどがある集客施設だ。この向かいにもあるちょっとした博物館のような建物の奥、中庭のところに「伏水」が湧いていて、この水が黄桜の酒造りに使われている。先に水を汲んでいたおっちゃんに教えてもらったのだが、隅の方にひっそりと蛇口の栓があるので、もし水が出てなかったら開けたらいいのだそうだ。逆に汲み終わったら止めること。

このキザクラカッパカントリーはなかなか興味深い施設で、展示もじっくり見てみたいところだが、時間もないのでそれはまた今度。販売所でお猪口1杯100円の冷酒を売っていたので、生酒と樽酒の二種類を飲み比べ。よく冷えていてどちらもうまい。地ビールもある。

120506_11ようやく最後の11箇所目、鳥せい本店に到着。ここには「白菊水」という水が湧いている。水汲みの列が出来ていたので飲むのはパス。この鳥せいは、神聖という蔵元がやっている鶏料理店だ。いつも客でいっぱいらしく、2時間制限としますと掲げられていた。

120506_12このあと京阪丹波橋駅まで走っていって、コンプリートしたスタンプを提示すると、記念品のお猪口がもらえる。丹波橋駅以外には中書島駅でも受領可能。このイベントは京阪が協賛しているのだが、申し訳ないことに近鉄に乗って帰路に就いた。今度は中書島から京阪乗らせていただきます。

|

« 高槻ジャズストリート2012 | トップページ | カボチャのチーズフォンデュ »

「ランニング」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/54692723

この記事へのトラックバック一覧です: 伏見名水スタンプラリー:

« 高槻ジャズストリート2012 | トップページ | カボチャのチーズフォンデュ »