« 富田屋泊、再び | トップページ | あす流 »

ショートカット妙見山

120430_1今日は鯖街道に向けた練習と言うことで箕面-妙見山を走るべく箕面駅に降り立った。何か駅前の雰囲気が変わっている。そういえば先日箕面駅前に立ち寄った際に駅前が改修工事中だったことを思い出す。その工事が終わったようで、えらいきれいになっていた。

120430_2それで、駅前広場の一郭に見慣れない石像が置かれていた。「滝ノ道ゆずるくん」という地元箕面のゆるキャラだそうだ。その横には「東海自然歩道西の起点」と書かれた石碑がある。以前は同じ言葉が書かれた街灯が立っていたのだが、それがなくなってしまった。コース紹介のページ変えないといかんかも。(後日更新済)

120430_3さて肝心の練習の方は、3名という少人数のパーティー。それも一番鍛えなければならないはずの相方が、早々と脱落して余野折り返しに短縮することになったので、頂上アタック隊は2名となった。今回は後の予定のため一定時間内に切り上げなければならないということで、コース中のショートカットを多用した。

まずは箕面ビジターセンターのところから4号路を経由して箕面ダムの手前にワープするつもりだったのだが、現在は木造の遊歩道部分が壊れており通行止めになっていた。仕方なく3号路を使ってダムの向こう岸に出て、ダムを横切るルートを利用。また、高山から下り国道を越えての金石橋からの上り区間では、法輪寺の少し先のところから道路右のトレイルコースに入るショートカットを利用。突入地点の写真を取り損ねてしまったのだが、道路脇にある土木事務所の札で、「池土177」という番号になっているところ、というのが目安になるだろう。車道が光明山を大きく迂回しているところを、トレイルでは比較的まっすぐにに進めるので、スピードが出せなくてもかなりの距離をショートカットできる。

120430_4前述のトレイルショートカットコースは、道路と平行になるこの区間で道路に戻る方が、時間短縮のためにはよい。この先もトレイルはしばらく続くが、距離的アドバンテージがないのにアップダウンばかりが多いのでかえって時間がかかる。ちなみにここでの掲載画像は復路側から見た場合である。帰りもここから行きのルートの裏返しを進んだ。しかし途中で道を間違えたようで、車道に戻るときに藪をかき分けて出なければならないという羽目になった。(だから前段の突入地点画像が撮れなかったのである)

120430_5復路も野間口を通らない往路そのまま引き返しのルートだったので、コンビニまでは行かずスーパーだいやすに久々に立ち寄った。ここのコロッケをいただくのも実に久しぶりだ。店先にベンチとテーブルが置いてあるのは今までと変わりないのだが、今回は猫が一匹イスの上で昼寝していた。ふつう猫は放し飼いにするものだと思うのだが、この猫は紐でつながれていた。ちょっとかわいそうな気もした。

今日の気候は前日のピーカンとは変わってずっと薄曇りだった。この気候の方が走りやすくてありがたい。連休中と言うことでさぞや多くのランナーがいるものかと思ったが、滝道でちょっとすれ違う程度で、妙見上り下りでは全然出会わなかった。自転車集団はたくさんいたのだが。9時スタートでゴールは2時頃だった。

|

« 富田屋泊、再び | トップページ | あす流 »

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/54597231

この記事へのトラックバック一覧です: ショートカット妙見山:

« 富田屋泊、再び | トップページ | あす流 »