« しもやけとの闘い・続編 | トップページ | 篠山マラソン2012応援 »

西国七福神めぐりマラニック

120226_01この日はラン友Yさんプロデュースの西国七福神めぐりマラニックにドタ参した。西国七福神めぐり自体は阪急電車が設定した、阪急宝塚線沿線の神社仏閣をめぐって朱印を集める企画であり、本当は阪急電車に乗って巡ってもらうのが目的だろうが、もちろん我々は走って巡る。スタートの曽根駅にはブラインドランナーH氏も含めて5名が集合。

120226_02まずは曽根駅からすぐのところにある東光院を訪れる。ここは通称萩の寺と呼ばれているそうだ。毘沙門天が祀られている。拝観料に200円が必要。

120226_03次に向かったのは蛍池駅近くにある圓満寺。福禄寿が祀られているが、本尊は阿弥陀如来である。福禄寿は本堂左手におられる。

120226_04続いてやや距離を走り箕面方面へ。箕面駅から滝道に行くところとはちょっと右にそれた坂の上のところにある西江寺(さいこうじ)を訪れる。ここには大黒天が祀られているが、やはりそれはメインではなく、本尊は大聖喜天である。

120226_05箕面滝道に合流し、滝道のすぐ脇にある瀧安寺(りゅうあんじ)を訪れた。箕面~妙見山練習コースでは幾度となく走っているところだが、この寺を訪れたことはなかったような気がする。ここには弁財天が祀られている。

120226_06箕面駅に戻ってお昼ちょっと前だが小休止。いつもは改札横のコンビニを利用しているが、ちょっと先にあるデイリーヤマザキのパンがおいしいとのこと。ここにはパン屋さんで売られているような上等なパンが置かれている。というわけでちょっと張りこんで香味焙煎カレーパンとハムチーズをいただいた。人気No.2とNo.3とのこと。人気No.1のメロンパンも香ばしくてうまい。

120226_07ラン再開後は池田方面へ走る。池田駅で2名が加わり、駅近くにある呉服神社を訪れた。呉服は「ごふく」ではなく「くれは」と読む。呉は地名でもあるのでわかるし、服も服部の「は」ということなら理解できなくはない。ここには恵比寿様が祀られているが、これもメインではなく、本尊は呉服媛と仁徳天皇とのこと。

120226_08池田から中山方面へ向かうが、途中の道が狭い国道沿いで歩道もない区間があり危険とのことで、川西能勢口まで走ってそこから山本駅まで2駅ワープ。山本駅からは巡礼の道という旧街道っぽい道がずっと続いており、目的地ではないが道沿いに神社仏閣が何軒もあった。そして中山寺へ到着。安産の寺として知られるこの寺自体への訪問は最近では3度目。ただし今回目的の七福神は本堂ではなくその手前にある寿老神。本尊は観世音菩薩である。さすがにたくさんの人が行き交う。

120226_09七福神最後の寺は清荒神(きよしこうじん)。寺の名前としては清荒神清澄寺というそうだ。ここは参道がえらく長い。参道にたどり着いてから寺の境内までが遠かった。このころから天気が悪化して雪がちらついてきた。この寺には布袋様が祀られている。ここもメインの本尊は大日如来である。ランはここまでで終了、あとは清荒神駅から阪急に乗った。

120226_10この朱印巡りでは、各社寺で七福神のミニチュアをもらうことができ、すべて集めると阪急の主要駅で阪急電車の模型をもらうことができ、その上に七福神を載せることが出来る。ただしもちろん有料、各社寺でも朱印をもらう際に300円を納めるので、全部だと結構なお値段となる。というわけで自分はやらずに、コンプリートされたラン友のものの写真を撮らせていただいたのみ。ちなみに土台の阪急電車は6000系、車輪は回らない。

ラン後は例によって石橋温泉で暖まってから王将で打ち上げ。散々食って飲んでも1人1500円。

|

« しもやけとの闘い・続編 | トップページ | 篠山マラソン2012応援 »

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/54083621

この記事へのトラックバック一覧です: 西国七福神めぐりマラニック:

« しもやけとの闘い・続編 | トップページ | 篠山マラソン2012応援 »