« DEEPEST OSAKA | トップページ | しもやけとの闘い・続編 »

はじめてのたまひも

120222今夜の晩御飯に「たまひも」が出てきた。玉ひもって何だ。初めて聞く名前。初めて見たときは金柑かと思ったが、確かに見た目が似ているので、キンカンと呼ばれることもあるそうだ。しかしこれは果実の金柑ではない。鶏の卵の黄身になる前のものと卵管なのだそうだ。言うなればホルモンの一種だ。あまり一般的には売られていないものらしい。

では早速いただいてみた。まず玉の方、ゆで卵の黄身の部分と見た目は似ているが、その食感はレバーに近い感じ。レバーよりもさらにゴムっぽい。次にひもの方。これはだいぶ肉に近い食感。脂っ気の少ないスジのある肉という感じだ。内臓だけにかすかに独特の風味があるが、嫌な感じはしない。劇的にうまいというものでもないが、ゲテモノというほど変だとは思わない。最初の見た目は確かに何じゃこれはと思うかもしれないが。

調理方法は今回のように煮付けることが多いそうだ。焼き鳥のメニューとして出ることもあるそうだが、今まで見たことないなあ。今度焼き鳥であったらそれも試してみたい。

|

« DEEPEST OSAKA | トップページ | しもやけとの闘い・続編 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

なつかしなぁ~~
子供の頃よく食べてました~~

最近はたべれません 嫁が嫌いなんで
食卓に上がることはありません。
それに最近なかなか売ってないし~~

投稿: たけした | 2012/02/23 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/54049751

この記事へのトラックバック一覧です: はじめてのたまひも:

« DEEPEST OSAKA | トップページ | しもやけとの闘い・続編 »