« 博多ぶらり歩き | トップページ | 曇りのち雨・妙見山伴走 »

博多ぶらりグルメ

120115_g1旅行2日目のグルメ編まとめ、遅れに遅れてようやくアップ。

博多の街をぶらぶら歩いてお昼前、中洲川端の商店街でラーメン屋を発見。「博多川端どさんこ」と書かれている。どさんこ言うたら北海道やがなと思いつつも、昭和45年創業と結構歴史はあるようだし、賑わっているようなので入ってみた。

店内は手前にテーブル席と、奥の厨房を囲うようにカウンター席が並んでいる。まだお昼前だがほぼ満席である。ラーメンと半チャーハンを頼むのがお約束のようだが、後のことも考えてラーメンのみに留めおく。みそ、しょうゆ、バターとあるが、やはりどさんこということでみそを注文。

120115_g2かなり混み合っている店内だが厨房のスタッフも相当数いるので、そんなに長い時間は待たされずにラーメン登場。黒い器にみそ味のスープ。特に凝るわけではなくシンプルに旨いみそ味である。麺はやや太めで黄色い縮れ麺。いわゆる博多ラーメンとは全然違って、いかにも「どさんこ」たるゆえんである。ちなみに替え玉もないそうだ。

具はチャーシューにメンマ、ネギ、もやしなど。チャーシューは特筆するほどのことはなし。後の方で気がついたのだが、担々麺のようなそぼろ肉が入っていて、皿の底の方に溜まってしまいすくうのに難儀した。よく混ぜながら食べていった方がいいようだ。

特製みそラーメン 650円

120115_g3さらに商店街の中に川端ぜんざい広場なる店というかスペースがあって、屋台でぜんざいが売られていた。ぜんざいが博多名物とはしらなんだ。ラーメン食ったばかりで腹一杯なのでここはパスして写真撮影のみ。

120115_g4またしばらく歩いて腹もこなれてきたので、今度はやっぱり素直に博多ラーメンも食べておきたいと思い立ち、中洲にある「博多一幸舎」の中洲店に入った。博多ラーメンの中でも有名なチェーン店の一つのようだ。雑居ビルの一階にごく狭い店内がある。厨房を囲うようにカウンター席がある。

注文は食券を買う方式。ここも素直にラーメンを注文。麺の堅さを聞かれるので堅めで注文した。言ってから、しまった、通ならバリカタだったなと思った。

120115_g5さすが博多ラーメンだけあってさほど時間はかからずにラーメン登場。これぞ博多ラーメンというとんこつスープに、これまた極細の白いストレート麺。具はチャーシュー、キクラゲ、ネギとシンプル。卓上のトッピングにゴマ、紅ショウガはもちろん、辛子高菜やニンニク、濃い味用のラーメンタレなど各種置かれていた。2杯目なんだが結局替え玉を頼んでしまった。今度はバリカタで。

ラーメン 650円
半替玉 100円

120115_g6博多からは通常の山陽新幹線のぞみで帰路に就く。車内でも、駅デパ地下の食品売り場で買った炙りさんま明太子をアテに一杯。いやあ、この日も食った食った。

|

« 博多ぶらり歩き | トップページ | 曇りのち雨・妙見山伴走 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/53843199

この記事へのトラックバック一覧です: 博多ぶらりグルメ:

« 博多ぶらり歩き | トップページ | 曇りのち雨・妙見山伴走 »