« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

舞鶴日帰り出張

110928_1今日は舞鶴へ日帰り出張。京都駅で出発を待つのはきのさき・まいづる1号。今年春から導入された新型車両の287系だが、その初登場は3月12日のダイヤ改正時、つまり東日本大震災の翌日であったため、華やかなセレモニーもなく実に地味なデビューとなってしまった。ちなみに、まだ新型車両の導入数が少ないため、以前の183系も一部残っている。

110928_2前寄り4両がきのさき号、後寄り3両がまいづる号である。そういえばきのさき1号は福知山が終点で、この場合以前なら「たんば」と呼んでいたはずだが、もうその名前は使われなくなったようだ。ついでに言えば福知山線周りで大阪と城崎温泉を結んでいた特急「北近畿」は今回のダイヤ改正時に「こうのとり」と改名された。

東舞鶴駅を降りると、なぜか駅前にロシア人らしき水夫がやたらいるのを見かけた。ロシアの船が寄港しているのだろうか。

110928_3仕事を終えて帰りの東舞鶴駅。18時過ぎの特急はいつも見慣れたKTRのディーゼル特急車両KTR8000形だが、列車名はまいづる14号と変わっていた。以前はタンゴディスカバリー4号と言う名前だったはずだが、これも改称されたようだ。

自由席の運転台側に向かって右の最前列席が1人用シートとなっており、これが自分の特等席。綾部までは逆向き走行なので最後尾だが、綾部でスイッチバックするので先頭車両に変わる。既に暗くなっていて、運転席のある左側は暗幕が下げられてしまうが、右側はずっと前方景色を見ることができる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

mammy poppo

110924_3ちょっと遅めの昼ご飯に、家からすぐ近くのところにあるカフェとラスクの店「mammy poppo(まみぃぽっぽ)」を訪れた。位置的には阪急富田駅南へ徒歩数分。ここは今年に入ってからつい最近になって出来たばかりの店で、2階はフィットネスになっているそうだ。

店内はテーブル席が5つほど、全部で10数名ほどしか座れない、ごくこぢんまりとした広さ。他にラスクや手芸小物なども陳列して売られている。ランチのメニューはまみぃランチ、ぽっぽランチ、数量限定ランチの3種類。今回は数量限定ランチを注文した。

110924_4今日の数量限定ランチは、爆弾コロッケを中心とした品々。爆弾と言うから何かと思ったら、まん丸のコロッケにちゃんと導火線が突き刺さっている。ちなみにこの導火線もちょっと苦い味だったが食べることが出来た。野菜たっぷりでご飯も十五穀米なのがありがたい。デザートにイチジクのムースも出てきた。

数量限定ランチ 900円

ちなみに9/27から10/3までメニュー充実のためお休みとのこと。再オープンしたらメニューが変わっているかもしれない。日・月定休。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポンポン山フルコース

110924_13連休の真ん中のこの日も好天、特に予定はないがお出かけ日和。ところが相方が風邪気味で、家で寝ているとのことなので、一人ポンポン山を目指して走ることにした。

今の家に住むようになってから、実はポンポン山までを完全往復したという記憶・記録がない。時間が足りない、気合いが足りない等の理由で、途中引き返しや自転車でのワープ等何らかのショートカットが入ってしまっていたような気がする。そこで今日は気合い一発、全区間手抜きなしの完全往復ランを目指すことにした。以前の実家からの往復に比べ約10数分ほど余計に走る距離が伸びているので、往復で35km程になるだろうか。

途中の原立石バス停から車道本線を離れて斜めに入る道のところが、工事により通行止めとなっていた。いつもより若干多め、400mほど車道沿いに進んでから右折する迂回路を余儀なくされた。さらにその先では、通行止めではないが山側が工事をしていて今までの道より外側に道が変わっている区間があった。台風で土砂崩れでもあったのかと思ったが、あとで考えるとひょっとして第二名神(新名神)の工事の関係かもしれない。確かこの辺りに高速道路ができるはずだ。

110924_2神峯山寺でも途中停車せず、一気に本山寺まで走りきって休憩。さすがに休日の好天とあって、ハイカーやランナーの姿が多い。本山寺から頂上までも大変快適な気候でのトレイルランだった。頂上はハイカーで満員状態。

最近走っていないせいで、走力の衰えをひしひしと感じた。神峯山寺-本山寺の急傾斜区間は、全盛期なら上りキロ5分、下りキロ3分半で走っていたが、今日のペースだと上りキロ7分、下りキロ5分弱程度までペースが落ちているようだ。平地に戻ってきて、脚に疲労を感じつつも何とか無事帰還。走行時間3時間5分程。久々にまともなランニングをしたという感じである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちゃんぽん 和風堂

110923_1シルバーウイーク後半の3連休初日はとてもいい天気となった。特段出かけると言う予定はなかったが自宅から散歩がてらぐるっと歩いて回る。国道170号線の高槻市駅から南方1.5kmあたりのところにあるちゃんぽんの店で遅めの昼食を取ることにした。「ちゃんぽん和風堂」という店で、外観はいたって地味である。

店内はカウンター席とテーブル席がいくつかある。初めて来店の方におすすめとメニューに書かれていたので、この店の筆頭メニューである和風ちゃんぽんを注文。

110923_2出てきたちゃんぽんはとても和風の香り。スープは澄んだ豚汁のような見た目、あっさり和風味でダシの旨味が効いている。麺は白みが強い中太のストレート麺。具はさすがちゃんぽんだけあって、豚肉、キャベツ、もやし、キクラゲ、にんじんなど野菜たっぷりなのがありがたい。

食べていて、この旨味、何かに似ていると思ったが、アサリの酒蒸しのスープの旨味と似ているようだ。しばらく食べ進んだところで、ちゃんぽんのお約束、酢を少々入れる。卓上には普通の酢の他に黒りんご酢があったのでこちらを入れてみた。もともとあっさり系だが、さらにサッパリした和食の味わいに変化した。

和風ちゃんぽん(大) 730円

並は680円。後で気がついたが、プラス300円で残りスープを使った石焼き雑炊にできる。しまった、こっちにすべきだったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々のわか練

前に参加したのがいつだか分からなくなってしまったぐらいの久しぶりにわか練に参加。練習会レポートによれば昨年の10/7以来のようだ。ここんとこ慢性的な業爆で22時退社がデフォルトだから仕方ないところ。

あれだけ暑かった夏が一気に涼しくなった、というか半袖では寒いぐらいまでに気温が下がった。でも走っていると汗が出てきた。

110922走り終えてトイレで着替えようとしたところ、個室内に英語の案内があった。以前はこんなものはなかったと思うが。どうやら和式トイレの使い方を知らない外国人向けに置かれたもののようだが、果たしてこれで理解してもらえるだろうか。まさにGoodLuckである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弥栄あしぎぬ温泉

110918_5マラソン応援の合間を縫って、弥栄あしぎぬ温泉にも立ち寄る。大きくあしぎぬ温泉と書かれた縦長の構築物は展望エレベーターだった。温泉はこのエレベーターで上に上がってさらに奥に進んだところにある。入浴料は600円。

ここも施設はきれいな方だろう。内湯にはジャグジー、サウナ、水風呂とあるが、目を引いたのが個室サウナとでも表現したらよいのか、首だけ出して体が箱の中にすっぽり収まる蒸し風呂。あまり長居できなかったのでちょっと試しただけだがかなり汗が出そうな代物である。露天風呂は高いところにあるだけあって眺望はよい。まだ走っているランナーの姿も眼下に見えた。

肝心のお湯の方だが、表示を見つけることが出来ず。無色透明無味、わずかに塩素臭。ヌルヌル感もなく、露天の浴槽の縁にも析出物は見あたらなかった。これもパンチ力不足。

★★★☆☆ お湯以外は結構いいと思うのだが、やはり泉質あっての温泉なので評価伸びず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹後半島ウルトラマラソン応援

110918_1翌朝、この日は丹後半島ウルトラマラソンの開催日である。出場するわけではないが、応援がてらの旅行ということもあり、がんばって早起きした。週間予報の天気では曇りだったが、雲は多いものの何とか日の出は見られそう。

110918_2というわけで外海側の海岸に出て、御来光を拝む。地形の関係上、海からではなく海岸延長上の地平線から太陽が昇ってくる。あんまり晴れすぎるとランナーにとってはつらいことになる。

110918_3さてコース沿道にスタンバイしてランナーを待つがなかなか現れない。正確に把握していなかったが、ここ小天橋あたりは、100kmの部でいうと27kmあたりだそうだ。4:30にスタートした先頭ランナーが現れたのは6:30頃。さすがにこれぐらいの距離となるとランナーの姿はまばらで、ピークらしいピークというものがわからない。結局8時前頃までここで応援した。

その後は宿に戻って朝食を取り、チェックアウトして次の応援ポイントへ向かうが、宿の鍵を持って帰ってしまうチョンボに気がついてまた宿へ引き返す。そうすると、今度は9時スタートの60kmの部のランナーが大挙してやってきてすれ違った。

再びランナーを追いかけるようにほぼマラソンコースに沿って車を走らせる。最初は浅茂川温泉あたりに行くつもりだったが、出遅れたのでさらに先へ進んで、弥栄町のあしぎぬ温泉前に陣取って応援。そこは50kmを超えたあたり。思ったより晴れ間も出て、ランナーは皆暑そうである。小天橋よりもさらにランナーがばらけており、お目当てのランナーがどの辺にいるのかもよくわからない。結局見つけられず12時過ぎに撤収してあしぎぬ温泉で昼食にした。わがままを言ってこの温泉にも駆け足で浸かるがそのレポートは別項にて。

110918_4応援予定だったランナーはこちらの予想よりはるかに遅れてあしぎぬ温泉を通り、次の関門でリタイヤしたことが判明。というわけで第三の応援移動は取りやめてゴール地点のアミティ丹後に向かった。100kmの部も60kmの部も速いランナーは既に続々とゴールしていた。表彰式やゴールするランナーの紹介で大忙しのわかちゃんも確認。

第三地点の応援を取りやめたので、せっかくだからとゴールから逆走しながらランナーを応援した。5kmほど遡ってまた戻ってきたが、わずか10kmでも暑い、キツイ。100km、60km走ってきたランナーはさぞや大変だったことだろう。

16時頃に会場を後にして帰路へと就く。京都縦貫道がいつの間にか与謝野町までも伸びていたのでそこから高速道路へ入る。まだナビにも載っておらず、何も道が記されていない山の中を突き進んでいった。与謝野町から宮津までは無料の自動車専用道となっているようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

民宿 大力

110917_5夕方前に、この日に泊まる宿「民宿 大力」に到着。久美浜の湖と外海を隔てている小天橋に居並ぶ宿の一つである。

110917_6部屋の窓からは湖を一望できる。ただ残念なことに天気がいまいち。

110917_7夕食にはとんでもない量の海鮮料理が出てきた。刺身舟盛りに始まり、炭火焼きのエビ、アジ、ハタハタ、サザエ。シーズンではないがカニもついていた。普段の夕食なら3日分はいけそうなネタである。これは食べ切れないかと思ったが、ペース配分をうまく考えて見事完食。

お風呂は男湯・女湯交代制だが、何とこの日の宿泊は自分らも含めて2組だけだったので、風呂は貸し切りだった。麦飯石などの鉱物を用いた「温泉風」という掲示はあったが、つまりこれは天然温泉ではない。男湯の方は窓が大きく開けていてここからも湖を眺めることができる。

それにしても、これだけのサービスで休前日割り増しもなく1人あたり10500円とはかなりのお値打ちである。しかも行楽シーズンの3連休なのに2組だけとはもったいない話。夏の海水浴や冬のカニにも外れており、ここでのこの時期はオフシーズンということなのだろうか。唯一苦情をつけるとすれば、バスタオルが有料貸し出し(200円)となっていること。ふつうなら置いていると思うもの、事前に明記してくれれば持ってくるので示しておくべきだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕日ヶ浦温泉 花ゆうみ

110917_4道中、夕日ヶ浦温泉のエリアにある「夕日ヶ浦温泉 外湯 花ゆうみ」に立ち寄った。夕日ヶ浦温泉の日帰り温泉施設である。住所は旧網野町内ということになる。比較的最近にできた施設のようだ。グラウンドゴルフも併設されている。

入浴料は600円。浴室は内風呂にジャグジー、サウナ、水風呂とあり、露天風呂もある。露天風呂からは人工の滝が見えるが、滝自体は風呂ではなく中には入れない。カラン等の設備もまだ新しく、シャンプー、ボディーソープ備え付けあり。温泉種別としては弱アルカリ性・低張性・低温泉の単純温泉となっているが、浸かってみた限りでは無色透明無味、わずかに塩素臭。弱アルカリ性とのことだが、ヌルヌル感は感じられなかった。四要素は加水なし、加温あり、循環あり、消毒ありの三重苦。

★★★☆☆ 施設は申し分ないが、肝心のお湯にパンチ力がないのが惜しいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹後・久美浜へ

110917_1この3連休は京丹後市久美浜町に一泊二日で旅行することとなった。プランを立てたのは一週間前と間際だったが、何とか宿とレンタカーを確保。レンタカーはプリウス1.8を借りていざ出発。

一旦亀岡まで山道を抜けて京都縦貫道に入る道取りをしたら、茨木亀岡線に見慣れない新しい道が出来ていてびっくり。どうも安威川ダムと第二名神建設がらみで作られたようだ。以前はくねくね山道だったところが2本ぐらいトンネルでぶち抜かれていた。

110917_2縦貫道、国道27号、再び縦貫道と走って宮津で昼ご飯。やはり宮津と言えば宮津駅前の富田屋。駅前は閑散としているのに店内は大賑わいである。

110917_3刺身定食をいただく。1000円也。

ここからさらに久美浜方面へと向かうが、温泉・宿は別項にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

穴埋め

110915_1この日の出張はちょっと変わった現地視察だったので記録しておく。

この風景、自然にできたものではなく、かつての乱開発で掘り尽くされた跡なのだそうだ。今は、掘るのではなく埋め戻す作業が続いている。

110915_2ダンプカーが来て、土砂をザパーっ。

110915_3ブルドーザーでザザーっ。

こんな作業が延々繰り返される。あと20年はかかるそうだ。気の遠くなるような話である。

いろいろ話で聞くよりも、現場を見てみるとよくわかる。まさに百聞は一見にしかずである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オーガニックカフェ 寿

110911_1ちょっと前から存在しているのは知っていたが、見た目が怪しそうなのでなかなか入る勇気のなかったカフェに、今日初めて入ってみた。「オーガニックカフェ 寿」という店で、陶芸も一緒にやっているようだ。カフェだけの利用でもOKとのこと。玄関に入ると靴を脱いで中にあがるようになっている。靴がたくさん置いてあり、先客がいるようだ。

110911_2店中はもと普通の民家だったという感じで、畳敷きの和室にテーブル席か座敷席が数セット置かれている。ランチメニューがいくつかあって、一番品数の多いのを注文。

110911_3出てきたランチは、長岡式玄米ご飯にスープとおかず5皿で構成されている。長岡式酵素玄米とは初耳だが、まあ要は十五穀米のような見た目だ。ただうちで炊くご飯よりもかなり赤色が強く、赤飯みたいな感じだ。他のおかずは、いわしハンバーグ、なすの煮物など。まあ店名が店名なだけに、オーガニックな素材で作られているのだろう。こちらはそこまで見分けるだけの舌をもっていない。

Aランチ 1000円

若干量は少なめか。店内に食べ物に関する書籍などがたくさん置かれていたが、その中で「食べてはいけない」という本をちょっと見ただけで、おそらくほとんどの安物は食べるのは危険だということを思い知らされた。安いだけで飛びつくという消費者傾向が変わらない限り、安全な食品が普及しないのだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸源ラーメン 茨木店

110910_1今日の昼ご飯は一人でとることとなったので、以前割引券をもらったラーメン屋に行ってみた。また残暑がぶり返す中、家からはそれなりに離れている。国道171号線と府道14号線の畑田交差点からすぐのところにある「丸源ラーメン」茨木店を訪れた。結構全国的なチェーン店を持っているようだ。看板にはでかでかと「熟成醤油ラーメン丸源肉そば」と書いてあった。

店内に入ってみると、1時過ぎだというのに空席待ちの客が並んでいた。まるでかき入れ時のファミリーレストランのようである。そういえば店内もテーブル席、座敷がたくさんあってわずかにカウンター席もあるという感じでまさにファミレスである。当然メインの肉そばを注文するが、野菜の多いやつにしておいた。

110910_2出てきたラーメンはキャベツ・もやしを中心に野菜がてんこ盛りされて、さらにその上に細切りの青ネギが載せられていた。添えられたオレンジ色の塊はゆずおろしだそうだ。スープはしょうゆ味にさらにコクを加えた感じである。麺は黄色のストレート麺、これは特筆するほどの特徴はなし。堅さが選べることを後から気がついたが遅かった。個人的にはもう少し堅めがいいと思う。

それで、席にはおすすめの食べ方が書かれていて、まずはそのまま、次にゆずおろしを混ぜる、その次は卓上のどろラー油を入れる、さらには酢を入れる、と4段階もの変化を味わえるのだそうだ。酢を入れるのは長崎チャンポンの時にもあった。脂っこいのが少しさっぱりしてきていい。最初は具が野菜ばっかりで肉がないと思ったら、底の方になるとたくさん出てきた。掘り返してバランスよく食べないと最後は肉ばっかりになってしまう。

野菜肉そば 819円

子供の場合、塗り絵に色を塗って渡すとソフトクリームがサービスで付いてくるんだとか。何かまさにラーメンのファミレスという感じだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

虫に祟られる

110803_1最近になって、部屋に小さな羽虫が見つかるようになった。いったいどこからわいてきたのかと思ったら、原因は米だった。

110803_2玄米を入れている袋を空けてみると、その羽虫が出てきた。これは穀蛾(コクガ/正式名:ノシメマダラメイガ)という蛾の仲間だそうだ。成虫の他にサナギと思われるうっすら繭に包まれたものも見つかった。密閉しているから出られないはずと思ったのだが、スーパーのレジ袋程度では簡単に食い破って穴を空けてしまうようだ。

いろいろ調べて見ると、まずは密閉容器に入れること、冷蔵保存が最適であること、虫除けに唐辛子をいれておくとよいことなどが判明。また、この虫が出た米自体は食べても大丈夫のようだ。

それにしても先日のダニ一件といい、我が家は虫に祟られている。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »