« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

中国高速鉄道事故雑感

110731中国浙江省温州市で7月23日に起きた高速鉄道事故は、当初雷と言われていた事故原因が、どうも設計上の致命的な欠陥と、人的な対応ミスが重なった人災である疑いが高まってきている。また、事故原因を覆い隠そうとしている、早急な幕引きを図ろうとしている中国政府当局に、中国国内からも非難の声が上がるという、今までとはちょっと異なる様相を見せている。

そもそも今回の事故自体、今の中国の状況の縮図のような形になっている。急速な経済発展、インフラ整備が進んでいるが、その陰で繰り返される汚職や賄賂、また式典などの政府側の都合に合わせた無茶な突貫工事、それらのしわ寄せとしての手抜き工事、欠陥工事。鉄道技術についても日本をはじめとする先進技術を「コピー」しているが、まねしたのはうわべだけで、それを扱う人員の意識は旧態依然。事故は起こるべきして起きたと言えるだろう。

こうした不名誉な事故をこれまではもみ消してきたのが、さすがに今度ばかりは隠しきれなかったというのが実情だろう。当局がどれだけ言論統制しようとも、これだけインターネットが発達した今、それこそ網からしみ出るように情報は漏れてしまう。「寄らしむべし、知らしむべからず」のやり方が今後どこまで通用するか、この国の政治のあり方が試されることだろう。(ちなみに余談だが、孔子の「寄らしむべし、知らしむべからず」は「民衆は為政者に黙って従え、本当のことは知らせてはいけない」という趣旨かと思っていたが、これは誤解で、正確には「為政者は、人徳を磨き、信頼を得て民衆を導かなければならない。政策や政府の情報を、全て民衆に教え浸透させるのは、大変難しく不可能に近いからだ」という意味であることをこの記事の作成で初めて気がついた。)

さてこの中国の鉄道事故を見て何かに似ていると思ったら、日本の原発政策がまさにこれだということに思い当たった。絶対安全だと言い続け、情報統制とまでは言わないが世論を意図的に誘導し、実際事故が起きたときはひた隠しにしようとする。確かに福島第一原発は地震の衝撃そのものでは壊れず自動停止したようだが、津波に耐える設計になっていなかったという点では中国の高速鉄道と同類と見られても仕方ないだろう。

それにしても、同じ高速鉄道でも日本の新幹線はあれだけの地震でも誰一人死傷者を出すことなく止まり、その後の復旧も驚異的な速さだったのに、原発のお粗末さといったらいかばかりか。同じ国なのにこうも違うのかとあきれるばかりである。ただし、賞賛に値する日本の新幹線も、その設置に当たっては陰で政治的陰謀が渦巻いていたことは中国と大差ないのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっぱれ!なでしこジャパン

110718ドイツで開催されていた2011FIFA女子ワールドカップ決勝戦において、日本がPK戦の末アメリカを破り初優勝。といっても寝入っていて生中継は見ておらず、起きてからニュースで知った。ライブで見ていたらさぞやしびれる展開だったことだろう。

それで日本はもともと優勝争いの本命ではなく、ダークホース的な存在だったはずなのに、試合を重ねるたびに強くなり、注目され、あれよあれよという間に優勝してしまった。選手からは「このチームは楽しい、絶対優勝できる」という趣旨のコメントもあったそうだ。一般的には各所属チームからの寄せ集めで、下手すればぎくしゃくするおそれもあるナショナルチームが、うまくまとまって勢いが付いたという好例なのだろう。震災以降沈みがちな日本に久々に明るい話題と勇気をもたらしてくれた。まさにあっぱれである。

ところで代表選手達の普段を見ていると、いわゆる「プロ」ではなく、普通に仕事をしていて、午後からサッカーの練習という、何とも過酷な環境の中でサッカーをやり、ここまで勝ち上がってきたのだから恐れ入る。これは女子サッカーに限らずマイナースポーツの宿命かもしれないが、世界で勝って初めてマスメディアに採り上げられ、注目される。

そういえば冬季五輪の女子カーリング、北京五輪のフェンシング銀メダルなどの事例もあった。世界で勝つ、あるいは単に美人ぞろいという場合もあるかもしれないが、そうしたトピックがないとマスメディアに採り上げてもらえず、その存在すら知られない。スポンサーが付かなければ練習も遠征費もすべて自腹でやらねばならない。こんなに面白い、すごいマイナースポーツもあるぞともっと採り上げられれば、スポンサーも付くチャンスがあるかも知れないし、注目を得ることで選手もやりがいがあるのになと思う。どうも日本のスポーツ報道は特定の種目に偏りすぎているのではないか。その辺をもっとうまくやれば、女子サッカーに限らずいろいろなスポーツでいろいろな選手の活躍を見られる機会が増えるのではないかと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舞洲2011

110717何だかんだで今年も舞洲24時間リレーマラソンに参加。今年は梅雨明けも早く、最初から最後まで真夏の天気であることが保証済み。ただ、昨年に比べてずっと風が吹いているのと、夜は気温も下がってしのぎやすかったような気がする。

それで今回は友達の友達で参加者数が増え、2チームでのエントリーとなった。テントサイトが広くなりゆったりしていたのはいいのだが、1チームあたりの人数は若干減ってしまい、途中参加や途中休みのメンバーが出ると走るメンバーが少ななって、休みに余裕がない感じだった。結局大会中は1つもビール等アルコールは飲む機会がなかった。それでもテントサイトで提供される料理は前回同様ハイレベルでうまい。

走る方は1周1.7kmのコースを最速でも6分20秒台と、衰えること甚だしかった。自分の周回数は17周ぐらいか。順位はマジ走りチームが60位ぐらい、ゆったりランチームが180位程度。24時間経過後の記念撮影の待ち時間が前回よりは大幅に短縮された。ただ、長蛇の列を作ってゴールと撮影を待つこのやり方、何とかならんものかと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日傘男子

久々に長居わーわーず伴走練習会に参加。引き続き暑い一日で、わずか4周で切り上げた。他に走っている人の姿も少なかった。

110710それで、帰りにふと、日傘があったらこの暑さもだいぶしのげるのではないかと思いつき、H百貨店に立ち寄ってみた。最近は男性用の日傘もだいぶ普及しているそうで、探してみたら、確かにあった。

晴雨兼用ではあるが、主に日傘を主とするようにと書かれていた。遮光率99.99%以上、遮熱効果25%以上、UV遮蔽率99%以上といかにもありがたそうな数値の書かれたタグが貼ってあった。見た目は普通の雨傘と全然変わらない。3500円とちょっと値が張るが思い切って購入。というか1000円以上する普通の傘すら最近は持っていない。

早速試してみると、確かに効果ありを実感。帽子をかぶるかかぶらないかでもだいぶ違うのに、これだけ大きな陰を作ることができるのだからその差は明らかだ。こんな簡単なことなのに、これまでは日傘は女性の持つ物という思い込みが普及を妨げていたのだろう。「男が日傘?」という変な視線で見られることは何とも思わないので、どんどん利用させてもらおう。日傘男子、大いに結構。(というか、空調服に比べればはるかにマシcoldsweats01

(まこてぃん日記「rain or shine」にトラックバック)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

勝手に七夕駅伝

110709ラン仲間が今回「勝手に七夕駅伝@服部緑地」というイベントを開催するとのことで誘われて参加した。服部緑地公園内の2km周回コースを4区間でタスキをつないで、終わったあとはその場で野宴、ということだそうだ。

すでに梅雨明けを思わせるような暑さの中、夕方の服部緑地に60余名のランナーが集まる。スタートは18時。12チームが一斉に走り出すが、先頭には速すぎてついて行けなかった。およそローカル大会とは思えないハイレベルなペースである。2kmを7分7秒で走り5番目ぐらいでリレー。まああまりタイムや順位を競うようなものではなく、それぞれのチームが皆無事完走。

それで、表彰式の後の宴会が秀逸だった。その場で焼いたハンバーグを挟み込んだハンバーガーをメインに、おつまみなどいろいろと缶ビール1本がセットで支給される。これで参加費1500円とは見事なコストパフォーマンスである。コンセプト的には今年で終了してしまった安威川駅伝に似た感じだった。これは今後も人気が出そうだ。走ったのはわずか数分、その後日も暮れてから数時間も宴会が続いた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

西日対策

110703うちのリビングの窓は西向きで、夏場にかけての西日は相当厳しいものがある。昨シーズンは一方の窓によしずを掛け、もう一つにはゴーヤなどのグリーンカーテンにするつもりだったのだが、思ったように育たず日陰にはならなかった。

そこで今シーズンはよしずを追加するとともに、カーテンを遮光性のあるものに変えた。カーテンを変えたら夕方以降部屋がぐっと暗くなった。逆に言えば、これまでは西日がカーテンを突き抜けて降り注いでいたということだ。これで少しでも暑さが緩和できればいいのだが。

ちなみに昨今の電力事情を反映してか、すだれやよしず、扇風機が売れまくって品薄なのだとか。なお今シーズンのうちでのエアコン稼働は1回のみ。なるべく使わずに済むようにしたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »