« 小春日和のポンポン山 | トップページ | 篠山マラソン2011 応援 »

謎多き大学入試カンニング騒動

京大などの入試問題が、試験時間中に掲示板の質問コーナー(Yahoo知恵袋)に書き込まれ、その解答も載ったという事件がニュースになっているが、よく考えると謎な部分が多い。まず、あれだけ大量の書き込みを短時間にどうやって行ったのか。おそらくは受験会場のその場で携帯から書き込んだのではなく、問題用紙をカメラなどで撮影し、その画像データをメールで送信して、別の場所で受けた者がパソコンで書き込んだというところだろう。掲示板のIDは共有すれば複数名で書き込むことも可能だ。

それにしても、だ。もしカンニングをして合格するのが目的なのであれば、なぜこれほど足のつきやすい方法を取ったのだろう。わざわざ衆人環視の質問掲示板に書き込み、それも用が終わればすぐに削除すればよいのに、そのまま放置。そもそもこんな目立つ掲示板ではなく匿名で作った個人のブログなどにアップしていれば簡単には発覚することもなかったはずだ。

いや、むしろ答えてくれる特定の人が確保できなかったからこそ、Yahoo知恵袋に書き込んで誰かが答えてくれることを期待したのか。しかし、だとすれば、誰も答えてくれなかったらどうするつもりだったのだろう。時間中に反応があるという保証がないこの手段を取るのは余りにもリスキーだ。ということは、やはり合格が目的ではなく愉快犯的な犯行だったということか。

…といいつつ、これで単独犯で携帯から書き込んでいたとしたら、ある意味すごいことではある。その能力をもっと別の場所で発揮すべきだろう。

|

« 小春日和のポンポン山 | トップページ | 篠山マラソン2011 応援 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

全く同感。
投稿に使った携帯は特定できる、なんていったって、画像をテキスト化したとしてもその人がプリペイド携帯を使っていればそこで追跡は終わるように思うし。

でも、もしかしたらこれまで発覚していないけど、予備校が組織的にやってるかも、なんてことも疑われますね。裏口入学みたいな感覚で。

投稿: くまぼう | 2011/03/01 08:10

合格が目的だったと思いますよ。
携帯でもすぐに足がつくということを知らない人は大勢います。
また、YAHOO知恵袋のようなメジャーな質問サイトなら時間中に反応があるということは、事前リハーサルで確かめていたようですね。

投稿: かわうそ | 2011/03/01 21:45

コメントありがとうございます。このわずかの日数であっという間に包囲網が狭まってきました。おそらくはせいぜい2名程度の、本物の受験生が行ったことのようです。

かわうそさん:
どうやら本当に合格したくてやったみたいですね。それにしても浅はかとしか言いようのない計画です。

くまぼうさん:
組織的にやるとしたら、こんなに目に付くやり方はしないでしょうね。ただ、問題文持ち出しはいいとして、受験者がどうやって解答を入手するかが悩みどころでしょう。

投稿: くりりん | 2011/03/03 22:08

今の少年たちが当たり前にやってる携帯ブラインドタッチ技は、おっさん世代には全く想像できないもののようです。

外部協力者に予備校講師がいれば、裏ビジネスが容易に成り立つように思います。

投稿: くまぼう | 2011/03/05 07:33

結局、方法も動機も単純やったな(笑)。
逮捕されるまで、押しつぶされそうだったやろな…
自首すればよかったのに。と思うのは
自分が年を取ったからかしら…
猛省して、その子の人生が今後良き方向へ
向かいますように。。。

投稿: いもうと | 2011/03/06 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謎多き大学入試カンニング騒動:

« 小春日和のポンポン山 | トップページ | 篠山マラソン2011 応援 »