« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

小春日和のポンポン山

1102272月最後の日曜日は、ポンポン山まで走りに行くことになった。一応プチ練習会で3人のパーティー結成。JR高槻駅から、摂津峡花の里温泉・祥風苑への送迎バスに乗り、そこに着替えを置いてスタート。

摂津峡経由、上の口から神峯山寺、本山寺と経由してポンポン山へ。2月とは思えない小春日和で暖かい。その割にはそれほどたくさんのハイカーとは出会わないなと思ったのだが、頂上に着いてみるとたくさんいること。さすがに標高が上がるので頂上は日陰だと寒い。

頂上でおにぎりランチのあと、山を下って温泉へ。往復22km程の行程。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第56回高槻市長杯駅伝

010220先日に引き続きY監督出動要請により、高槻市長杯駅伝に参加。だいぶ昔にも1度ぐらい出た記憶がある。高槻市内を流れる芥川の河川敷の一角を使っての駅伝大会だ。

一般の部はごく少数で、高校生、中学生のチームがとても多い。1区間=1周4kmのコースを、男子は6区間、女子は5区間で争う。我がチームは例によってA、Bの2チームに分かれており、今回はBチームのエントリーのままで変更はなく、さしたるプレッシャーも受けずに5区でタスキを受け取った。

コースは河川敷から一旦離れる箇所もあり、一旦かなり登ってまた下ってくる。下ってからもまだだいぶ長いので、前半は自重してとチームメイトからのアドバイス。周回遅れやカテゴリー違いの中学生などを除いて、同じ区分のライバルチームを2人抜いたと思われる。しかし、自重しすぎたかタイムは14分55秒程と、かなり遅め。

Aチームの方は優勝争いに絡んでいたようだ。自分のBチームも5位前後での争いだったようだが、なかなか集計結果が出てこないので、表彰式を待たずして会場を後にした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツール・ド・妙見山

110219_1先日は途中で引き返した自宅から妙見山までの道、何とか完走を果たそうと自転車で向かうことにした。往復50km程度と見込まれているため、さすがにいきなり全区間走るのは困難だ。ちなみに今回は都合により単独行。

キリシタン自然歩道の途中に「妙見山」と書かれた鳥居があるのが気になる。妙見山まではまだはるか手前だし、近くに神社がある様子もない。それにしても、自転車で走ると往路はほとんどが登りであることを思い知らされる。ようやく久々となる余野までたどり着いて、当初は自転車を置いて走るつもりだったが、予想以上に時間が掛かったのでそのまま自転車で行くことにした。

だが、そこから先の妙見山本格登りでは自転車を降りて押して走った。その方がよっぽどスピードが出る。以前にも登りでロードレーサー走行車を走って追い越したことがあるが、こういいうことだったのだなと納得。

110219_2これまた久々となる妙見山頂到着。過去記事の記録が確かならば1年4ヶ月ぶり。天気はとても良かったのだが、ランナーとすれ違うことはなかった。さすがにこれだけ標高が上がると道路脇のあちこちに雪が溶けずに残っていた。自転車の距離メーターによればここまで約23km。

さてがんばって登っただけあって、復路の下りの速いこと。余野まであっというまに下ってしまった。速度計を表示させると最大で時速50km出ているときもあった。復路は野間口周りで約25km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尼崎市民マラソン

110213この日は尼崎市民マラソンに参加。今回で57回というから結構な歴史ある大会だが、全然その存在を知らず、初参加である。尼崎市主催で事前申し込みはいるが参加料が無料なのがうれしい。もちろん参加賞もなく給水は水だけだが、これで十分である。

会場は阪神武庫川駅から1kmほど上流に進んだあたり。JRからでも遠く、何でこんな中途半端な場所なのかよくわからない。それでも全部で3500人ほどの参加者がいたそうで、何度も繰り返しているが、ここにもマラソンブームが押し寄せていると感じた。天気は晴れて陽も差すのだが、冷たい北風の吹くコンディション。10km、5km、3kmとあるが当然10kmにエントリー。10kmのコースは一旦上流へ2.5km進んで折り返し、スタート地点を通り過ぎ今度は下流2.5kmまで行って戻ってくるという構図である。

さて、寒いからと、長袖Tシャツにロングタイツ、しかも貴重品預かりがないのでウエストポーチまで付けて走るというなめたスタイルであったが、キロ4分は維持しようという目標でスタート。距離表示が折り返しでしかわからないので2.5kmごとでチェックしてみたところ、9:42、9:30、9:30、10:12でトータル38分55秒というタイムであった。こんな腑抜けた状態でも40分を切れたというべきか、平均速度キロ3:54でいっぱいいっぱいという低レベルというべきか。

さすがにこのようなローカル大会では出会う知り合いも1人か2人という程度で、打ち上げもなくさっさ引き上げ。そういえばこの大会、次回からはリニューアルしてハーフマラソンも設置するとか案内をしていたが、果たしてどうなることやら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大阪城練習会2

先月に引き続き大阪城練習会に参加。寒くて小雨が降ったりやんだりのあいにくのコンディションだったが、キロ4:30ペースのグループで走る。グループと言っても2人しかいなかったのだが、一人で走るのと違って相手がいるとモチベーションが違う。キロ4:30といいながらずっとオーバーペース気味の4:20ちょいぐらいで15kmとおまけの3kmを走り切る。

走り終わる頃には小雨もやんで陽が差してきた。ラン後は例によって玉造温泉とお好み焼きで打ち上げ。解散時間が18時ととてもよい子の時間なのもうれしい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

蔵開き

110211_3近所の酒造所で蔵開きをやっているそうなので、初めて行ってみた。蔵開きとは何かよく知らなかったのだが、酒造所を一般に開放して、そこで作っているお酒を飲んだり、酒造所内を見学できるようになっているイベントということのようだ。入場料は要らない代わりに、入場時に1000円分の金券を買うことが必須とされ、会場内で売られているお酒を買うことができるという仕組みになっている。その場で飲むことも出来るし、お土産用に持ち帰りもできる。

朝から始まっているようだが、こちらが訪れたのは午後2時過ぎで、すでに出来上がっているオッチャンらの多いこと。

110211_4飲むだけではなく見学もしておく。ここで取れる井戸水は硬度が高いらしくそのまま酒造りに使えるのだそうだ。まさに発酵している最中の樽も見ることができて、泡がいっぱい出来ていた。

今まさに泡が出てきている最中の樽もあったが、画像ではわかりにくいので動画で撮ってみた。

他にも利き酒コーナーがあってチャレンジしてみたが、5つの銘柄を当てる問題で2つしか当たらず。

この蔵開きは建国記念の日と9月第二土曜日にやっているそうだ。今度は朝から行ってじっくり味わってみたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第65回三島地区駅伝

110211_1建国記念の日はY監督の要請で三島地区駅伝に出場することとなり、万博公園に向かう。天気が良ければ自転車で行くつもりだったのだが、朝から雪なので電車とモノレールで向かう。途中の屋根も雪景色。

110211_2当初はBチームでの出場予定だったのだが、Aチームの人から故障しているので替わってほしいと言われて、優勝狙いのAチームに入ってしまった。4区4kmを走って14分37秒、部門別では1位でもらったタスキをキープ、別部門の高校生も一人抜いたのでしたので、最低限ノルマは果たせたと言えよう。替わってもらった人は15分台だったので一応意味はあった。で、結果はアンカーで逆転されてしまい2位。

前回いつ出たのかと過去記事を検索すると2005年と出てきた。もう6年も前になってしまうのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベーカリー・マラニック

110206_1近所で評判のパン屋さんを走って回ろうということで、朝から出かけた。まずは高槻市氷室町にある「ROUTE271」を訪れた。実家からすぐ近くなのだが、こんなところに評判のパン屋があるとはしらなんだ。朝ご飯も食べずに出かけたので、まずはここのパンが朝食だ。

いろいろあったが、カレーパンを選ぶ。これも高槻にあるカレー店とのコラボで、中にキーマカレーの入ったうまいパンだった。180円也。店の外で食べている間にも、パラパラと客が訪れる。駅からも遠く、便利とは言えないところなのだが、車で乗り付けてくる客も多い。

110206_2次は桃山台方面を目指したのだが、その途中でもパン屋を発見したので、予定外だったが立ち寄る。茨木市太田にある「シャルドン」。この店は実家にいた頃もよく名前を聞いており食べたことがあるパン屋だ。実際に訪れるのは初めてだったが、店内がたくさんの客であふれているのに驚いた。ちょっとしたバーゲン状態である。店の前は専用駐車場が何台分かあるのだが、それも満杯でちょっと離れた臨時駐車場にも停めてもらっている状態のようだ。

110206_3この店では店内や店先に座るスペースが設けられており、買ったパンをその場で食べることができる。しかも、コーヒーなどのドリンクが無料サービスとはありがたい。一緒のカフェのようにして利用している客も多いようだ。いただいたパンは、ごぼうピザパン(160円)とカボチャあんパン(130円)。

110206_4既に朝食だけで満足しつつも、さらに遠くを目指してひたすら走る。万博公園の横をかすめ、さらに旧中環を経て桃山台付近へ。たどり着いた店は「ア・ビアント」。ここも駅からは近くはないのだが比較的客が入っている。

110206_5ここでいただいたパンは緑のフォカッチャ・180円也。焼きたてのパンで中にベーコンやキノコなどが入っており誠に美味。すでにお昼を回っておりこれはお昼ご飯だ。

110206_6さらにランは続く。千里の住宅街をひた走り、吹田市岸部のあたりへ。Le Sucre Coeur (ル・シュクレ・クール)という店を訪れた。既に1時になっており、パンの数がだいぶ減っている。ここも駅近とはとてもいえないところなのだが。

110206_7ここではパン・オ・レザンという名前のパンをいただく。クロワッサン生地の中にレーズンやクリームを巻き込んでスライスして焼いたもののようだ。焼きたてだったのでまだ暖かい。180円也。

いろいろ回っての感想は、旨いパンなら不便なところでも客は来ること、そしてやはり焼きたてに勝るうまさはなしということであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々のキリシタン自然歩道

2週間ぶりのラン。いつもポンポン山方面ばかりではつまらないので、妙見山方面を目指すことにする。今の家になってからはまだ妙見山まで行ったことがない。以前の実家から妙見山往復で40km程だったが、今はそれよりは遠くなっており、今日は30km程度のランにしようということで途中で折り返しの前提で走る。

キリシタン自然歩道の入口までで40分ほどを要した。以前の実家スタートなら10分少々で到達していたので、約5km程遠くなったということになる。

110205
走行時間1時間45分ほどで折り返そうと思ったら、泉原バス停から清渓小学校を過ぎたあたりでその時間が来たので折り返し。ちなみにこの清渓小学校はかつて泉原城(といっても砦のようなもの)があったところだそうだ。その清渓小学校のすぎ近くにカフェがあったので寄ってみた。以前からあったのかどうか記憶がない。結構新しい感じだ。

「ざくろ」という名前のついたカフェ、こんな辺鄙なところで客がいるのかと思ったら、意外にも先客あり、入った後も他の客の来訪あり。むしろこの辺りで他にこのような店はなく、地元の人にとってはここ以外選択肢がないから競争することもなくニーズはあるということなのだろう。コーヒーとピザトーストをいただいた。

ホットコーヒー 400円
ピザトースト 500円

後で距離を計測してみると折り返し地点でも約13kmで往復では30kmに達していないようだ。妙見山は遠い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豆撒き

110203今日は節分。寿司丸かぶりには興味はないが、日本人たる者、豆は撒かねば。と思ったらちゃんと相方が買ってきてくれていた。小袋に小分けされて入っているから、このまま撒いておけば散らからずに済む。

それにしても食べる豆の数の増えたことよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »