« あかねの郷 | トップページ | ワイン会ホスト2 »

琵琶湖疏水・紅葉狩りマラニック

101123_1久々にfrunのマラニックイベントに参加した。集合場所は大津駅。駅からまずは琵琶湖方面へ向かう。大津港に泊まっていた船は近づいてみると「うみのこ号」であることが判明。確か滋賀県の小学生は必ずこれに乗船して体験学習をするという話を聞いたことがある。

101123_2大津港のほど近くから、琵琶湖疏水の取水口がある。すぐにトンネルになっている。

101123_3取水口近くの三井寺境内を訪れる。有料ゾーンは入らず入口だけ見たが、ここにも立派な紅葉がある。

101123_4疏水はトンネルで山を越えるが、我々ランナーは小関越というルートで峠を越える。ここは結構メジャーなハイキングコースになっているようだ。ちょうどこの日も他のスタンプラリーイベントをやっていて、それに参加するハイカーがずいぶんたくさんいた。ほぼ舗装されている道だった。

トンネルから出てきた疏水と再会。何ヶ所かあるトンネル出入り口の上には、明治の著名人が揮毫した言葉が掲げてある。

101123_5しばらく疏水沿いを走るが、途中でちょっと寄り道して毘沙門堂を訪ねる。ここにも見事な紅葉があるが、市内中心部から来るにはやや不便なためか、比較的空いていて穴場的スポットである。

101123_6再び疏水沿いを進み、天智天皇陵を通り、近くのコンビニで昼食。その先、疏水が2つめの山越えをするトンネルからの先は、ランナーはかなり険しいトレイルコースを上っていき、山科と蹴上の間の峠を越える。

峠を越えて下りてきたところに日向大神宮がある。ここも紅葉スポットとして知られているそうだ。

101123_7蹴上から南禅寺へ入るが、さすがにここまで来ると観光客でごった返している。すぐ近くの永観堂も紅葉で有名だ。有料の庭園には入らず、ここも外から眺めるだけ。

101123_8その後は当初哲学の道へ向かう予定だったそうだが、あまりの混雑ぶりにルート変更、真如寺、吉田神社と進んでいった。真如寺の紅葉も立派なのだが、いかんせん紅葉ばかり見てくるとお腹いっぱいである。

吉田神社のふもとにおりると、11月祭で賑わう京大キャンパスをすり抜け、距離稼ぎのために京都御苑まで回って三条の桜湯ゴール。約15kmぐらいの紅葉マラニックを満喫した。

|

« あかねの郷 | トップページ | ワイン会ホスト2 »

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/50115050

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖疏水・紅葉狩りマラニック:

« あかねの郷 | トップページ | ワイン会ホスト2 »