« 新長田と摂津市と | トップページ | 鶴はし 【京都ラーメン紀行】 »

かやぶきの里

100316_1今日は美山町まで出張。美山町といっても今は合併して南丹市の一郭となっている。亀岡まで山陰線で行って、そこから車に乗せてもたったのだが、これがまたえらい遠い。園部を通って日吉も通ってようやく美山へ。途中美山かやぶきの里で昼食休憩。今までニュースや写真でしか見たことのない茅葺き屋根の立ち並ぶ風景を、生で初めて見た。

100316_2昼食は地元の産品を、ということで奮発して鶏せいろ手打ちそばを注文。鶏肉は地鶏を使っているそうで歯ごたえの強さが全然違う。アゴが疲れるぐらいの噛みごたえだった。キビ入りご飯もセットで1170円也。

100316_3移動時間がかかるので正味の仕事に長時間はかけられなかったが、何とか終えてその周辺を見学。さっきのかやぶきの里とは別の場所なのだが、ここにも茅葺きの建物があり、いろりも実際に使えるそうだ。ここで宴会もできるそうで、趣があってよいねえ。宿泊施設、レストランもあるので機会があれば客として訪れてみたいものだ。

|

« 新長田と摂津市と | トップページ | 鶴はし 【京都ラーメン紀行】 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/47831122

この記事へのトラックバック一覧です: かやぶきの里:

« 新長田と摂津市と | トップページ | 鶴はし 【京都ラーメン紀行】 »