« かやぶきの里 | トップページ | つけ麺専門 久保田 北店 【京都ラーメン紀行】 »

鶴はし 【京都ラーメン紀行】

100316_4京都ラーメン紀行もいよいよフィナーレが近づいてきた。まだまだ選択肢はたくさん残っているのだが、一乗寺方面へ向かう。東大路と北泉通りの交差点を少しだけ上がったところにある「鶴はし」を訪れた。あまりぱっとしない見栄えだが、これまた有名店の一つなのだそうだ。

店内は手前にテーブルがあり奥にカウンター席が並ぶ。先客は5、6名ぐらい。厨房でおやっさんが調理を仕切っている。メニュー左端がふつうのラーメンだったのだが、ついつい右端に目が行ったのでそれを注文。

100316_5出てきたラーメン、うず高く積まれたこの黒い物体は、岩のりである。そう、これは岩のりネギラーメンとメニューにあったもの。この店は結構創作的なラーメンがあることでも知られているそうだ。スープは、ごく標準的なしょうゆで、表面に白っぽくわずかに茶色味を帯びた脂が薄く拡がっているが、粒々の背脂ではなく、味もごくあっさりとしている。自分では判別できなかったが、鴨ベースのダシなのだそうだ。

麺は白色系の太さ標準ストレート麺。岩のりをスープでふやかしつつ麺とからめながら食す。何か海苔の佃煮でご飯を食べるようなイメージでラーメンを食べている感じだ。これはこれで面白い。

岩のりネギラーメン 650円

卓上の壺に入った辛子ニンニク味噌を入れると、シンプルなしょうゆスープが俄然ワイルドな味に変わった。

|

« かやぶきの里 | トップページ | つけ麺専門 久保田 北店 【京都ラーメン紀行】 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/47831343

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴はし 【京都ラーメン紀行】:

« かやぶきの里 | トップページ | つけ麺専門 久保田 北店 【京都ラーメン紀行】 »