« 二度目の沖縄 | トップページ | あかつき 【京都ラーメン紀行】 »

欲張り沖縄観光

100117_11泊2日の沖縄ツアー、2日目はレンタカーで本島中部方面を目指す。まず最初に訪れたのは、ブセナ海中公園。沖縄道をひた走って終点の許田ICから程なくのところにある。

ここは海中展望台とグラス底ボートがあるが、その両方とも利用した。グラス底ボートは、船の真ん中の底に長方形のガラス張りが施されており、船に乗りながら海中がよく見えるという仕掛けである。やや波があって揺れたが、それなりにたくさんの魚を上から眺めることができた。

海中展望台は、海中に突き立てられた塔の水面下の部分に丸い窓が取り付けられており、そこから海中を眺めることができるという仕掛けだ。こちらから動くことができないので、窓の前に魚が現れてくれるのを待つしかない。水族館の逆で、見る方が海に囲われているという感じだ。

100117_2続いて一般道を30分ほど進んだところにある、沖縄美ら海水族館を訪れた。ここは1年ほど前のNAHAマラソンの翌日にでも行きたかったのだが、こんなに遠いところにあるとはつゆ知らずあきらめたという経緯があったが、今回ようやく訪れることができた。ここは公共交通機関で来るのは大変だろう。

着くと会場で盛んにアナウンスがされており、ランナーらしき姿の人々がいっぱい。何とこの日は海洋博公園全国トリムマラソン大会がここを会場にして開催されていたのであった。最近はあまりランナーでなくなりつつあるが、それはさておき水族館の見物。

100117_3比較的新しくできた水族館とあって、水槽がとてもデカイ。ガラスが(正確にはアクリルだが)張り出していて魚を下の方から眺めることができたり、ジンベエザメ1匹丸々が何も柱に遮られずに見渡せるような特大の水槽などがあって圧倒された。いかんせん、スケジュールが詰まっているのであまりゆっくりとは眺められず。じっくり見たら丸一日でもいられそうな規模であった。

100117_4帰りの飛行機の時間もにらみつつ、欲張りにももう1件回る。美ら海水族館から若干戻り気味の名護市にあるネオパークオキナワを訪れた。これもいわゆるテーマパークっぽい感じがありありで、入り口何ぞジュラシックパークのパクリかと思わせるような作りであった。

100117_5正直さほど期待していなかったのだが、区画一帯を巨大な鳥かごにしているような感じで、中にフラミンゴなど熱帯の鳥が放し飼いにされていて、すぐ近くに寄ってみることができる。正確にはカゴの中なので放し飼いではないのだが、鳥かごが巨大で、客もそのカゴの中に入って見るという構図であり、いわば車に乗らない徒歩のサファリパークという感じで結構面白い。

全ての動物がサファリパーク状態というわけではなく、普通の動物園のように狭く囲われた中にいる動物を見物するところもある。やはりその中でもオオハシは絵になる。この施設のシンボルマークにも使われている。

かなり欲張りな行程だったが、ようやく帰途につき、再び沖縄道をひた走る。レンタカーが2代目プリウスだったので乗り心地もよく運転しやすいのだが、さすがにトータル200km近い運転は疲れた。

帰りの飛行機は関西空港着だったのだが、ここから京都の家までがまた遠い。神戸空港よりさらに遠い感じがした。

|

« 二度目の沖縄 | トップページ | あかつき 【京都ラーメン紀行】 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

長距離運転おつかれっした。

海中公園もネオパークも行けなかった。。。
というか、チェックすらしてなかったです。

冬でも魚いるんですかねぇ?さすが沖縄っすね。

う~む、もう一回いけるかなぁ?(ひらのが)
一昨年の年末にいったばかりですし、なかなか重複してはいけないっすわ。

鉄分多いくりりんさんにはおすすめしていいものか迷いますが、関空~京都ならMKタクシーに乗ったらラクですよ。ジャンボなやつに乗り合いですが京都市内とか定額です。

投稿: ひらの | 2010/01/19 12:30

コメントありがとうございます。
立ち寄りポイントは、チェックしていたというよりも、ANAスカイホリデーのパックツアーで、それぞれの施設の無料クーポンが付いている(海中公園を除く)から、片っ端に回ったというのが実状です。

関空からの帰りはリッチにラピートを利用しました。ガラガラでした。タクシーもいつでも乗れるなら検討に値しますね。

投稿: くりりん | 2010/01/19 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/47331636

この記事へのトラックバック一覧です: 欲張り沖縄観光:

« 二度目の沖縄 | トップページ | あかつき 【京都ラーメン紀行】 »