« 正月二日 | トップページ | 明香源 【京都ラーメン紀行】 »

インデアンカレー 三番街店

100103_1三が日の最終日、梅田に出る用事があったついでに昼飯を食べようとしたら無性にカレーが食べたいと思い立った。そういえば、かつて「おせちに飽きたらカレーもね」という名キャッチコピーのCMがあったものだ。梅田で旨いカレーとして、インディアンカレーがあるという情報を聞きつけ、阪急三番街地下2階を訪れる。「インデアンカレー」三番街店がここにある。看板を見ると、インディアンではなくインデァンと書いてある。

ずいぶん長い行列ができている。だが回転が早いので、行列自体は結構早く流れていく。店内に入る際に注文して食券を買うシステムとなっている。

100103_2席が空くまでは待たされるが、カレーなもので、出てくるのは一瞬だ。

出されたカレーを見ると、案外普通の色をしている。あまり辛くなさそうな薄い茶色だ。一口食べてみると、ほんのり甘い。なあんだ、と思った直後に、あっ、辛いのキタ――――(゚∀゚)――――。何と、辛さの一人時間差攻撃とは恐れ入った。水が甘く感じるぐらいの辛さだ。付け合わせにキャベツの酢漬けがある。実にシンプルなんだが、奥が深い。この辛さのおかげで、二日酔いで頭痛かったのが消えてしまった。

インデアンカレー 980円(ライス、ルー共に大盛)

レギュラーのカレーは730円で、ライス大盛りがプラス50円、ルー大盛りがプラス200円。玉子乗せはプラス50円である。

ちなみに、口の中の辛さが次第に収まってくると、二日酔いの頭痛が戻ってきた。単に麻痺してただけで頭痛を治してくれるわけではないようだcoldsweats01

|

« 正月二日 | トップページ | 明香源 【京都ラーメン紀行】 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/47199518

この記事へのトラックバック一覧です: インデアンカレー 三番街店:

« 正月二日 | トップページ | 明香源 【京都ラーメン紀行】 »