« 欲張り沖縄観光 | トップページ | ろおじ 【京都ラーメン紀行】 »

あかつき 【京都ラーメン紀行】

100119_1京都ラーメン紀行もいよいよ90杯目の大台に突入noodle。向かった先は、北白川方面。ついに、聖地巡礼が始まる。白川今出川をやや北に上がったところにあるラーメン「あかつき」を訪れた。京都ラーメンの中でも屈指の有名店だそうだ。その割にはあまりぱっとしない店構え。

店内はカウンター席ばかり10席少々、その半分ほどが埋まっていた。店の切り盛りは比較的若い男女の2名。麺の堅さやしょうゆの濃さがリクエストできるということで、もちろん麺堅めで注文した。

100119_2出てきたラーメン、これはまさに京都ラーメンのスタンダード、とんこつしょうゆのこってり系である。背脂は乗っていないようだ。麺は黄色みの強いやや細めのストレート。店内の能書きには自家製麺でコシの強さにこだわっているとのこと。堅めにゆでてもらってこれがベストである。

他には柔らかいチャーシューが何枚かと、メンマ、そして刻みネギ。具はいたってシンプル。それにしても、見た目の割には味が意外とおとなしいので、卓上のヤンニンジャン(辛子味噌)を入れてみた。最後になって気が付いたのだが、これよりもノーマルのニンニクを入れた方が京都ラーメン度が増してよいと思われる。

ラーメン(並) 600円

他のメニューでギョウザやチャーシューご飯などがある。これらはどんなもんだろう。

|

« 欲張り沖縄観光 | トップページ | ろおじ 【京都ラーメン紀行】 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

うぉーーーー!!!なつかしい。思わず書き込み

とんこつ醤油ベースの好きな店。基本は細麺ストレート以外認めない九州男児ですが、この店だけは別。

96年ぐらいの開店じゃなかったかな?どこか別の店の暖簾分け的な店だった記憶がある。開店当初ラーメン一杯100円セールやってて行列ができていた記憶が。トリッキーも98年ぐらいからハマりだして、しょっちゅう通ってました。通ってた頃は(並)500円(大もり)550円だった気がするけど、値上げしたのかな?

たしか大将の奥さんと思しき人が途中からおなかが大きくなって、ある日別のバイトの人に代わってた。無事に生まれたのだろうか?だとすると、もうその子は10歳近いはず。

投稿: トリッキー | 2010/02/14 23:29

コメントありがとうございます。
学生当時は全然関心がなかったのですが、いわゆる京都ラーメンの中でもここはかなり有名な店の一つだそうです。激戦区の中で10年以上続いているということは、人気が衰えていない証でしょう。

投稿: くりりん | 2010/02/16 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/47340135

この記事へのトラックバック一覧です: あかつき 【京都ラーメン紀行】:

« 欲張り沖縄観光 | トップページ | ろおじ 【京都ラーメン紀行】 »