« 中国食府 上上 【京都ラーメン紀行】 | トップページ | 一段落 »

ひとり妙見山

091018_1今週末はお一人様モードなので、久々に妙見山を走ってみることにした。他のランナーには散々妙見山を勧めておきながら、自分自身が走るのは今年4月以来のようだ。箕面駅まで一緒に阪急に乗り合わせていたボーイスカウト引率の人から「妙見山まで走るんですか」と聞かれた。そういえば電車の中で何マラソンに出てうんぬんという話をしていたからこの人もランナーなのだろう。

走るのには最適な気候なので、極力休憩ポイント・時間とも少なくすることを念頭にスタート。これもお一人様だからこそできること。しかし、体の動きにキレがない。そりゃそうだ、ラーメン食い過ぎで既にベスト体重から5kgはオーバーしているのだから。キロ5分を目標に走ったのに、5km地点では1分遅れ、8km地点のマリアの泉では2分遅れ。途中休憩はこのマリアの泉のみで、山頂まで一気にたどり着く。往路所要時間はネットタイムで1時間42分。紅葉にはまだ早いが、さすが下界より気温が低いだけあって奥の方の木が若干色づきはじめているようだ。山頂での休憩時間も極力短めにして復路スタート。

091018_2山を駆け下りた休憩ポイントは、その多くがファミマに食われているのだろうが、あえて外すことにした。やはり開拓時からの仁義を切ってだいやす行かねば。ちなみにその手前にあったコンビニ(コミュニティーストア)のシャッターが下りていて、閉店になったのかもしれない。食われたのはこちらか。

さてだいやすまでたどり着くと、何かが違うと思ったら看板のデザインが変わっていた。「丹波牛」という文字と共にデカデカと肉の絵がかかれている。別にランナーは肉を買いにここへ寄るわけではないのでちょっと違和感。

復路の重要ポイント、高山への登り3kmがさらに酷いありさまだった。全くもってスピードが出ない。この区間に18分もかかってしまった。かつてのバトル展開の時は15分切るペースで攻めていたのに。これでは今シーズンのフルマラソンの結果が思いやられる。しかし、だからどうした、という心境の変化が一番の問題点ではあるのだが。

帰りの滝道は散歩する観光客が多くて走りづらい。これが紅葉になれば超満員で全然走れないという事態になるのだろう。ランニングコースとしては間もなくオフシーズンが近い。なお、石橋温泉に寄ったら、10/25(日)は臨時休業との掲示がされていたので、来週日曜に箕面-妙見山ランを予定されている方はご注意をば。風呂上がりの打ち上げもひとり王将。これはまあお一人様でも十分OKの店ではある。久々の40kmランで脚がクタクタ。

|

« 中国食府 上上 【京都ラーメン紀行】 | トップページ | 一段落 »

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

5Kg増!
内蔵脂肪が心配だ。

ドナルドは、久々にこってりのラーメンをはやから少しもらっただけでお腹こわしたよcoldsweats01

体を大事にねぇ〜。

投稿: ドナルド | 2009/10/18 23:21

これから更にラーメン天国な気候やしねぇ(笑)
雲が畑コースのゴールを修学院にして、是非一乗寺ラーメン街道にもおこしを!!
お疲れさまでした。

投稿: カカリチョー | 2009/10/19 00:30

コンビニのコミュニティーストアがファミマになった筈です。つまり経営者は同じですね。
今年1月に行った時「来週からあっち(ファミマ)で営業しますので」・・って言われましたから。

そぉか、来週は石橋温泉が臨時休業なんですね。
25日行く予定なので、少し狭いけど平和温泉だなぁ~。

投稿: AKA | 2009/10/19 13:33

コメントありがとうございます。これほど反応があるとは意外。

ドナルドさん:
健康診断では、まだギリギリ標準体重に入っています。というかランナー的に追い込んだ状態だと、健康診断では痩せ過ぎという注意が出るようです。

カカリチョー さん:
そうなんですよ。まだ聖地・一乗寺を残したままラーメン紀行をやめるわけには行かないので。ラーメン目指してジャーニーランも検討事項です。

AKAさん:
あら、同じ経営者でしたか。食った食われたではなく平和裡の移転でよかったconfident。それでも、「今日走って来たの?」というレジのおばちゃんとの会話があるスーパーだいやすを私は応援したいですが。

投稿: くりりん | 2009/10/19 22:19

今日はぁ 私も11月3日に 初めて単独でいってきました。 タイムはいえませんが(苦笑;)
往路は霊園でトイレ休憩 妙見山では本堂おまいり。
復路は 滝道にはいらずロードで駅まで
遠かったですが 一方通行規制がかかっていて
大会の雰囲気で走れました~

投稿: たけちゃん | 2009/11/05 10:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/46521073

この記事へのトラックバック一覧です: ひとり妙見山:

« 中国食府 上上 【京都ラーメン紀行】 | トップページ | 一段落 »