« 京都鴨川おこしやすマラソン2009 | トップページ | らーめん日本一 【京都ラーメン紀行】 »

○竹食堂 【京都ラーメン紀行】

091005_1すっかり涼しくなってラーメン向きのシーズン到来。今日は中立売通智恵光院下ルにある「○竹食堂」を訪れた。○竹という特徴あるネーミング、やはり先日行った麺屋○竹の姉妹店としてオープンしたもののようだ。ネット上のサイトの中にはここに「新座」という店があるという記述もあったが、以前の話であり、その後釜にこの店がオープンしているらしい。「自家製麺」「名物牛そば」と書かれた看板が目立つ。

店内はカウンター席とテーブル席がいくつか。先客は1名のみ、店の切り盛りも男性1人のみ。メニューの中で中華そばなら塩がおすすめと書いてあったので、それを注文。

091005_2現れたラーメンは、透明なスープ。魚介系ダシがよく効いたあっさり味だ。確かに麺屋○竹の時と通じるものがある。ちなみに味の濃さはある程度リクエストが効くらしいので、物足りない人は濃いめをオーダーしたらいいだろう。麺は白みがかった中太のストレート麺でコシがある。チャーシューは肉厚でジューシー、これはなかなかうまい。他に細く切られたメンマ、煮玉子、ワカメなど。

どうも、ここのラーメンは沖縄そばをかなり強く意識したつくりのようで、卓上には「唐辛子クース」(泡盛に唐辛子を漬けたもの)とか「ヒバーチ」(八重山特産の島コショウ)が置いてあった。途中で唐辛子クースをちょびっと垂らしてみると、あら不思議沖縄そばに早変わり。

中華そば・塩(並) 700円

量的なコストパフォーマンスはやや物足りないが、味は大変結構。

|

« 京都鴨川おこしやすマラソン2009 | トップページ | らーめん日本一 【京都ラーメン紀行】 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/46405451

この記事へのトラックバック一覧です: ○竹食堂 【京都ラーメン紀行】:

« 京都鴨川おこしやすマラソン2009 | トップページ | らーめん日本一 【京都ラーメン紀行】 »