« 幸麺亭これでもかっ!! 【京都ラーメン紀行】 | トップページ | ラーメン壱番館 【京都ラーメン紀行】 »

JRA京都競馬場大運動会

090923_1淀の京都競馬場で、人間がリレー形式で馬場を走る「JRA京都競馬場大運動会」というイベントがあり、わか練チームの一員として参加することとなった。

高架線の工事途中で上下線ホームが分かれている京阪淀駅に降り立つ。実は京都競馬場の中に入るのはこれが初めて。

090923_2競馬場って実に広いものだなあ。観覧席も巨大でだだっ広いし、正面に据えられたオーロラビジョンのデカいこと。しかもとても解像度の高いカラー映像が映し出される。

さて我らがチームが出場するのは第6レース。出走30分前からパドック前に集合、担当区間ごとによって徒歩またはバスでそれぞれの待機場所へ移動する。自分は3区担当で、ダートの7ハロン棒あたりに待機するので、バスで移動となった。競馬場の地下にトンネルがあって、芝とダートの間にある作業用道路につながっているとは初めて知った。なお、奇数のハロン棒は本来存在しないそうなのだが、奇数部分でのリレーがあるため仮設のハロン棒が立てられたそうだ。待機開始からレース発走までの待ち時間がやたら長い。

京都6R (一般の部 4組)
 ダート・1000mリレー(200-100-200-200-100-200)
 天候:曇 気温:27℃ 馬場状態:良

1枠(白)京阪バス美女と野獣
2枠(黒)チーム摂津
3枠(赤)ダブルSと不愉快な仲間達
4枠(青)Olive Island
5枠(黄)チーム味福
6枠(緑)リンテック
7枠(橙)わか練!軽量級チーム
8枠(桃)RUN楽堂

スタートから1区で出遅れ、2区のわかちゃんから渡されたバトンは7位。いきなりブービーかよgawk、と思いつつ追撃開始。ダートというと土というイメージがあったのだが、これは砂である。海岸にある砂浜とほとんど同じ様な感じだ。それも乾いていて足が埋もれる。

ダートではμ(表面摩擦)があまりにもないので、普通のロードでの走り方は通用しない。そこで考えたのは、つま先から着地し、ある程度足を砂地にめり込ませたうえで、足裏全体が通常よりかなり前に傾いた状態で砂地を蹴ること。つまり、足のひら全体で砂地をひっかくようにして前方への推進力を得ようとした。一応奏功したようで、先行するランナーをゴボウ抜き。3位まで順位を上げたが、残念なことに中継カメラはこの活躍を捉えてくれなかったようだbearing。その後抜きつ抜かれつの攻防で我がわか練チームは見事3位入賞。

それにしてもこの大会、レースの模様がオーロラビジョンに大写しになるし、実際のKBS京都アナウンサーが実況してくれてかなり本格的だ。大学生のレースではアンカー勝負でもつれて写真判定に持ち込まれるほどの熱戦。それよりも面白いのは、明らかに練習不足と思われる出場者が、最初調子よくかっ飛ばすのに、後半足がもつれて大転倒する様である。小学生の運動会の父兄参加で見られるような光景がここでも起きて、それで順位がどんでん返しとなるのは観客一同大爆笑であった。

この大運動会の模様、10/18(日)(?要確認)あたりにKBS京都で放送されるようなので、請うご期待。

|

« 幸麺亭これでもかっ!! 【京都ラーメン紀行】 | トップページ | ラーメン壱番館 【京都ラーメン紀行】 »

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

あら~、くりりんさん、わか練で出てはったんですね。
同組のRUN楽堂の応援で行ってました。
わか練速いな~と思っていたら、くりりんさんの活躍が大きかったのね。
この大会、応援者にもおにぎりやらタオルやらいただけて、太っ腹すぎる!JRAそんなに儲かってるのか。

投稿: まりも | 2009/09/24 08:44

何と、まりもさんもお越しでしたか。それもライバルチームだったとは。
太っ腹なのはJRAだけではないですよ。J○とか○○協会とか、金余りまくっているはずなので…smile

投稿: くりりん | 2009/09/25 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/46294036

この記事へのトラックバック一覧です: JRA京都競馬場大運動会:

« 幸麺亭これでもかっ!! 【京都ラーメン紀行】 | トップページ | ラーメン壱番館 【京都ラーメン紀行】 »