« よーく考えよう | トップページ | ラーメンこぶ志 【京都ラーメン紀行】 »

ゴーヤづくし

090810_1ラーメンばっかり食っていると栄養バランスも偏るので、久々にちゃんと自炊してみることとした。このところの天候不順で野菜は高めだが、ゴーヤが安かったので購入。ただ、ゴーヤチャンプルは今まで何度もやっているから芸がない。

さらに、半分に切った後の真ん中のワタの部分を捨てるのはもったいないなと思っていたところ、ネットで調べると、このワタの部分も食えるそうなので調理してみた。ワタの部分を溶き卵でからめて焼けば「ピカタ」になるのだそうだ。極めて簡単。メインのゴーヤも、豚キムチと一緒にするというレシピがあることがわかったので、ゴーヤ豚キムチも調理。

090810_2で、作ってみた。ゴーヤのワタのピカタ、卵の量の方が多かったのでほとんど卵焼き状態だが、一応食える。やや苦みがある。さすがに種は食べられなかったが、このゴーヤ、まだ熟し切っていない感じだったので、もっと熟してワタも赤くなっているようなゴーヤだったらまた違う味わいだったかも。

ゴーヤ豚キムチも、ゴーヤ自体にまだゴリゴリと堅さが残って苦みも強め。少し下ごしらえしてから炒めた方がよかったのかしらん。まあでも十分食えるレベル。というわけでゴーヤづくしの2品を会得したのであった。

|

« よーく考えよう | トップページ | ラーメンこぶ志 【京都ラーメン紀行】 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

凄い!お上手、お上手。
めっちゃ旨そうですやん。
これで夏バテ対策ばっちりやね。
ラーメンといえば先日京都の大将軍商店街の名物、妖怪ラーメンを食しました。
お味よりも、遊び心を楽しめました。

投稿: tacoco | 2009/08/11 12:45

ゴーヤとタマネギを薄くスライスして、さっと湯がいて絞り、かつおとポン酢で食べるとおいしいですよ。

投稿: まりも | 2009/08/12 12:23

コメントありがとうございます。

tacocoさん:
単に切って焼くか炒めるだけなので、胸を張って料理と言えるほど手間はかかっておりません。
妖怪ラーメンの記事拝見しました。ちょっと仕事帰りに寄るには離れすぎてますが、機会があればチャレンジしてみたいと思います。

まりもさん:
なるほどsign01。タマネギなら大概いつもあります。次はそれをやってみます。

投稿: くりりん | 2009/08/12 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/45891186

この記事へのトラックバック一覧です: ゴーヤづくし:

« よーく考えよう | トップページ | ラーメンこぶ志 【京都ラーメン紀行】 »