« 左右反転 | トップページ | 大吉ラーメン 【京都ラーメン紀行】(閉店) »

大豊ラーメン 【京都ラーメン紀行】

090422_1京都の繁華街、木屋町通りを三条から下がったところ、蛸薬師か錦小路あたりだと思うが、名前も付いていないような狭い路地の先にある店が「大豊ラーメン」である。木屋町通り沿いの看板を見つけないとわからないような狭い道だ。

店の中は狭く、ほとんどがカウンター席。端に小さいテーブルが1卓あるのみ。

090422_2出てきたラーメンは、脂は入っていないが少し濁ったしょうゆのスープ。ネギがたくさん盛られている。スープの味は若干濃いめ。麺は中細のストレート麺でコシがある。

黒豚チャーシューと看板などに書かれている。ノーマルのラーメンでもチャーシューが何枚が入っており、切り方は厚めで食べ応えがある。結構底の方に沈んでいるので、発掘しながら食べないと最後チャーシューばかりとなってしまう。

ラーメン 650円

店はオッチャンと若いおねーちゃんが切り盛り。おねーちゃんの日本語ちょっと怪しかったが、バイトの留学生だろうか。

|

« 左右反転 | トップページ | 大吉ラーメン 【京都ラーメン紀行】(閉店) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/44757083

この記事へのトラックバック一覧です: 大豊ラーメン 【京都ラーメン紀行】:

« 左右反転 | トップページ | 大吉ラーメン 【京都ラーメン紀行】(閉店) »