« 漢検はなぜ叩かれるか | トップページ | 泉州国際マラソン2009 伴走 »

つるの湯

090214今日は未明に春一番が吹いて、異様な暖かさとなった。お風呂を目指して走るが、半袖、ハーフタイツで十分である。

国道24号線沿いを進んで、伏見のあたりで国道をそれたところに、「つるの湯」がある。ここは天然温泉ではない。料金は銭湯料金の410円。昼2時からの開店で、2時半ぐらいに着いたのだが既にそれなりに客が入っていた。

1階部分にジェットバスや寝湯、電気風呂があるがどれも浴槽が狭い。混雑してたら難儀するかもしれない。2階に上がると、露天風呂にサウナと水風呂がある。露天も浴槽は狭く、2、3人も入ればいっぱい。入浴剤を入れたミルク風呂となっていた。サウナも入り口は狭いが中はまあ普通の広さ。水風呂は広くて冷たくてよい。

★★☆☆☆ 銭湯にしては上出来の★2つ。

帰りは最寄りのバス停からバスに乗るが、直通はないので京都駅でバス路線乗り換え。待ち時間も入れると走った場合と大して時間が変わらなかった。

|

« 漢検はなぜ叩かれるか | トップページ | 泉州国際マラソン2009 伴走 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/44060812

この記事へのトラックバック一覧です: つるの湯:

« 漢検はなぜ叩かれるか | トップページ | 泉州国際マラソン2009 伴走 »