« ケータイ引退 | トップページ | 何を今更パトレイバー »

ホテル京都エミナース 竹の郷温泉

090125京都市内の温泉もほとんど掃討してしまったような状況だが、洛西に「ホテル京都エミナース」が残っていたので、走って訪れる。仁左衛門の湯をさらに通り越して実走45分程。10kmはしないようだ。ここは国民年金の資本で作られたホテル等の保養施設。併設して「竹の郷温泉」という日帰り温泉がある。休日の利用料金は1000円。

浴室に入ってみると、湯気で部屋全体が曇っている感じ。塩素臭は特にしなかった。オープン直後なのに結構客が入っている。洗い場をよく見ると、温泉が出るカランと水道水のカランがあることに気が付いた。比べてみると、確かに温泉カランの方は石けんを洗い流してもいつまでもヌルヌル感が続く。軟水の銭湯で洗ったときと同じ様な感覚だ。

温泉は1号泉、2号泉の2種類あって、1号泉は高温泉(湧出時40℃)、2号泉は低温泉(湧出時20℃)だがいずれも加温あり。加水なし、循環あり、消毒ありも双方共通。いずれも無色透明無味、わずかに塩素臭だが酷くはない。そして特筆すべきはヌルヌル感。高槻の美人の湯には及ばないものの、意外なほどにヌルヌルすべすべしている。ちなみに1と2の差はよくわからなかった。

普通のサウナもあったが狭くて混みすぎ。水風呂が2号泉を利用しているのは評価できる。露天には1号泉の浴槽。これで源泉浴槽もあればかなり評価できるのだが、そこまでの湧出量はないのかも。

★★★☆☆ コストパフォーマンスと源泉がないため惜しくも★3つ、というところ。

帰りは、便数少ないものの乗り換えなしで家の真ん前まで行ける市バスがあってありがたい。しかし、かかった時間は走った時間とほぼ同じだった。

|

« ケータイ引退 | トップページ | 何を今更パトレイバー »

温泉」カテゴリの記事

コメント

うちのすぐ近所まで走ってこられてたのですね。
エミナースは、家族が帰省しているときに、たまに行くことがありますよ。

投稿: せぐろ | 2009/01/26 23:26

お近くでしたか。それはそれは。
源泉を楽しめるという点では、仁左衛門の湯の方に若干軍配上がるかなという感じです。

投稿: くりりん | 2009/01/27 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/43852749

この記事へのトラックバック一覧です: ホテル京都エミナース 竹の郷温泉:

« ケータイ引退 | トップページ | 何を今更パトレイバー »