« 別府到着 | トップページ | 別大2009 速報 »

別府湯めぐりフライング

レース前だが湯めぐりをフライングスタート。受付会場に向かいつつそのルート上にある共同湯を回る。

090131_2やよいの湯

別府中心街のやよい通りにある共同湯だが、新しい施設のようだ。無人の自動ドアがあって、200円投入すると中に入れる仕組み。浴槽が2つに仕切られていて、あつ湯とぬる湯の2種類入れる。無色透明無味無臭、すべすべとした肌触りで、少々湯の花が舞っていた。もちろん源泉掛け流し。シャワーが2つ。

★★★☆☆ 別府ではこのレベルで当たり前だろうか。他の地域とは別に別府標準として★3つ。

090131_3野口温泉

別府駅の北側にあるこぢんまりとした共同湯。100円。正方形の浴槽1つのみ。無色透明無味無臭。かなり熱めの湯。地元住民に密着した風呂という感じだ。お湯汲みをするための組合があるらしい。

★★★☆☆ これもまあ標準的。★3つ。

090131_4幸温泉

地図を頼りに探すが、こんな所に温泉があるのか、と思うような畑の中にあった。ここも100円。受付の人が、余所者と見ると「洗面器お持ちですか」と聞かれる。当然持ってないので、風呂の入口脇に置いてある洗面器を借りて使うよう言われた。地元の人は洗面器持参が当たり前で、浴場中に備え置きにはなっていないのだ。客は地元の人ばかりでかなり賑わっていた。

浴槽はだ円形、かなり水で埋めていたので湯温はふつう。ここも無色透明無味無臭、かすかに硫黄系のにおいがした気もする。

★★★☆☆ まあ普通だ。★3つ。

090131_5薬師温泉

温泉の看板が掛かっていなければつぶれかけの倉庫じゃないかと思うような外観と内装。100円。お湯は無色透明無味無臭。ここも洗面器がなかった。周りも水道の蛇口が2つあるだけ。

★★★★☆ お湯は変わらないが渋い容貌が気に入った。★4つ。

090131_6天満温泉

建物の前にやぐらが組んであって、お湯を持ち帰れるようになっているようだ。100円。ここも洗面器がないとのことで受付で借りる。無色透明無味無臭。女湯の方は地元のおばちゃんで大層賑わっているようだった。

★★★☆☆ まあ普通。★3つ。

090131_8そして今晩の宿泊は駅前高等温泉。以前にも浸かったことはあるが、ここに泊まるという発想は温泉にハマったからこそ。素泊まり1泊2600円。3畳1間、一応TVとエアコンはあるが冷蔵庫はない。ドアも薄くて他の部屋の物音も丸聞こえなのだが、騒いでドンチャンするような客はいないようだったので、うるさくて寝られないというようなこともなし。

090131_7お風呂は高等湯300円と普通湯100円。高等湯は24時間営業で、入るときタオルを貸してくれる。宿泊客は午後4時以降入り放題。高等湯にはあつ湯とぬる湯の2種類、普通湯はあつ湯の浴槽1つのみ。無色透明無味無臭だが、かすかにニッキを極々薄めたようなにおいがしたような。湯ではなくて施設自体のにおいかもしれないが。

★★★☆☆ 建物は大正ロマンを彷彿とさせるが湯は普通。★3つ。

|

« 別府到着 | トップページ | 別大2009 速報 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/43916400

この記事へのトラックバック一覧です: 別府湯めぐりフライング:

« 別府到着 | トップページ | 別大2009 速報 »