« やまとの湯 大津店 | トップページ | マルウェア被弾 »

スパリゾート雄琴 あがりゃんせ

090112_1昨日あえて外した雄琴温泉を目標に、再びJRに乗る。湖西線おごと温泉駅で下車。この駅はつい最近までは雄琴駅と名乗っていたはず。ホーム上には前夜からの雪がうっすらと積もっていた。

ちなみに駅前の案内に北陸自然歩道の看板があり、比叡山のふもと坂本から自然歩道が続いているようだ。ということは比叡山を越えてここまで走ってくるルートもあるのか。暖かい季節になったら面白いかもしれない。

090112_2駅前には足湯があったので、送迎バスを待つ間に利用させてもらった。しばらくしてやってきたマイクロバスに乗り込む客は年輩の方々ばかり。

090112_3バスに乗って程なくで「スパリゾート雄琴 あがりゃんせ」に到着。比較的新しい温泉リゾート施設だそうで、休日料金は1550円とかなり高め。ここのロッカー管理は、下駄箱に使った鍵がそのまま更衣室のロッカーキーにもなるという特徴があった。他の飲食代金も全てこのキーで集約して管理される。

早速浴場に入ってみた。内湯にあるのはジェットバスとサウナ、水風呂。温泉浴槽もあったが高麗人参と生姜を漬け込んだ湯になっていてこれでは温泉そのままではない。露天スペースが温泉浴槽のメイン。色はごく薄い黄色で透明、味は特になし、においも特になし、若干の塩素臭がありそうだがあまり気にならず。ごくわずかにヌルヌル感あり。まあこの手の大型施設で泉質を求めるのは無理ということか。露天風呂からは琵琶湖を見通すことができる。

スパリゾートというだけあって、風呂以外のリラクゼーションは充実しているようだ。風呂から上がったら、貸し出しされた館内着に着替える。2階にテレビ付きリクライニングシートがずらっと並んでおり、マッサージチェアも無料、インターネットを使えるパソコンブースもある。だが、パソコンでここに書き込んでみようとしたが、セキュリティの設定がガチガチで、フラッシュもjava scriptも表示されない、掲示板もフィルタリングでブロックされるわで使い物にならない。というか、この施設自体のHPすら一部表示できないような設定とは何を考えているのやら。

施設内で食事もすます。実はこの施設、ラーメンの天下一品の資本系列なのだそうだが、施設内に天下一品の店はなし。あれば絶対はやると思うのだが。食事後は、リラクゼーションルームになぜか漫画本も山ほど置いてあるので、それをリクライニングシートで読んで過ごす。ちょっとしたマンガ喫茶のノリだ。しかし気が付くとフロアは客であふれ返っており、シートの空きがなく奪い合うような状態だった。

まあ料金は高いが、一日中グダグダと過ごすには打ってつけの施設というところだろう。以前東京で大江戸温泉物語や庭の湯に行ったが、そこと似たようなコンセプト。それにしても人多すぎだった。

★★★★☆ 泉質なら★2、3がいいとこだが、一日過ごせればまあ元は取れるだろう。というわけでおまけの4点。

|

« やまとの湯 大津店 | トップページ | マルウェア被弾 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/43722859

この記事へのトラックバック一覧です: スパリゾート雄琴 あがりゃんせ:

« やまとの湯 大津店 | トップページ | マルウェア被弾 »