« 北海道マラソン2008詳報 | トップページ | 十八楼 »

遊楽乃湯

080906_s1ひょんなことから東海ツアーと相成った。往路概要は別項に譲るとして、まずは岐阜羽島駅近くにある温泉施設「遊楽乃湯」のレポート。

めぼしい建物が何もない岐阜羽島駅南側に忽然と現れた豪華な建物。11時前くらいなので駐車場もガラガラ、開いているのかも定かではなかったが、自動ドアは開いた。10時からやっているようだ。

そもそもスーパー銭湯のような集客目的の施設ではなく、とある企業の製品ディスプレイや研修用の施設で、ついでに一般にも有料で開放しているという感じだった。利用料は1000円。

男子浴場は2階。肝心のお湯だが、無色透明無味無臭、ヌルヌル感もなしで、自分としてはこれが温泉と言われてもわからない。かろうじて析出物らしきものが床に見いだされるぐらい。

むしろ特筆すべきはジェットバスの多さ。内湯にも露天にも、さらに深めの浴槽には足裏・ふきらはぎ・太もも・腰と各部位の高さにあわせてさまざまなジェット噴出をしており、先週北海道の疲れをほぐすのにはありがたかった。

それにしても、やたら豪華できれいな施設なのになぜかこころ落ち着かない。利用者が自分を含め3〜4名と閑散としているのもあるが、雰囲気的に新興宗教の本部施設のような感じがして馴染めなかったのかもしれない。

★★★☆☆ 泉質的には2つがいいとこですが、ジェットバスを評価して★3つ。

|

« 北海道マラソン2008詳報 | トップページ | 十八楼 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

そこは冬になるとスノボやスキー帰りの車で一杯になります。
駐車場が広く、高速へのアクセスが良く、駅前という立地なんで結構人気があります。

投稿: まほろん | 2008/09/07 14:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8853/42400509

この記事へのトラックバック一覧です: 遊楽乃湯:

« 北海道マラソン2008詳報 | トップページ | 十八楼 »