« 真夏の夜のインターバル | トップページ | 京都北白川 不動温泉 »

嗚呼うつろいの大阪空港

大阪府の橋下知事が大阪空港(伊丹)の廃止を発言して物議を醸している。そうでなくても、最近は空港を見に行ってもショボイ中型機がパラパラとやってくるだけの地方空港に成り下がってしまった伊丹。北海道に行くにしても、沖縄に行くにしても、伊丹発着の便数が以前と比べてずいぶん減ってしまった。今や騒音よりも地域活性化の観点から空港存続を求める声が地元から起こるようになっている。

そもそも関西空港が出来るときの前提は、大阪空港廃止であった。しかし、廃止はされず、むしろ関空よりも伊丹の方が利用が伸びるという事態もしばしば起きた。理由は簡単、アクセスの便利さである。関空はできたが、アクセスは関西空港道が1本、JRと南海が支線を伸ばしただけで本線は従来どおり。利用に際して遠さを感じざるを得ない。

一方、市街地からの実際の距離は結構離れている新千歳空港だが、列車でのアクセスは地形の良さ、線形の良さを生かして特急や快速が頻繁に高速で走っているので、距離の割には遠さを感じさせない。また、中部国際空港(セントレア)も市街地から直通列車を走らせ高速アクセスに努めている。というよりも、セントレアでは以前の小牧空港の機能を全て移すというコンセプトの明瞭さがある。

この点、国内と国際が分かれてしまった羽田と成田の関係によく似ているかも知れない。成田は関空よりもさらに酷い経過ではある。地元の理解を得ることなく強行し、しかもアクセスは最悪。現在羽田空港の拡張が進んでいるが、もし羽田が国際化できる水準に達すれば、はっきり言って成田は無用だ。関空の場合、成田の反省を受け地元の同意には配慮したが、アクセスは悪く、工事の進め方も、会社としての運営も無駄が多い。この点セントレアには及ぶべくもない。やはり武家の商法はろくなことがないという典型だろうか。

話が飛んでしまったが、結局大阪空港はどうあるべきだったのだろうか。関空造成にかける金を騒音対策に回し、32Rの方の滑走路も大型機が使える長さにしていれば、十分使えたのではあるまいか。確かに当時の騒音は酷かっただろうが、今や航空機の性能も上がり、昔ほど酷くはないのではあるまいか。

いずれにせよ、明確なコンセプトのないままズルズルと神戸まで加えた3空港が赤字を流し続ける。

|

« 真夏の夜のインターバル | トップページ | 京都北白川 不動温泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼うつろいの大阪空港:

« 真夏の夜のインターバル | トップページ | 京都北白川 不動温泉 »