« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

真夏の夜のインターバル

業爆でなかなか参加できなかったが、ようやく御所の「わか練」に久々の参加。最近はインターバルを中心に練習しているらしく、今晩も900mインターバルを4本とのこと。

まともに走ったら差があるので、私はみんなよりも200m程後方からのスタート。…って、既に暗くなっている中、200m先はよく見えないし、スタート時に声を出してもらったのだがかろうじて聞こえるかどうかというぐらい。走り出して30秒ほどでようやく本来のスタート地点を通過。要は30秒ビハインドで前方のランナーを追っかける形になる。

900mで30秒の差って、結構遠い。追えども追えども姿が見えず。3分の2程走ってようやく前方にポツポツと背中を発見。1本目は全部追い抜くことができたが、回を重ねるごとにタイムは低下、何人か逃げ切られてしまった。悔しい~。

ラップは、正確な距離がわからないのであまり意味がないのだが、3:36、3:48、3:46、3:55と見事な下降線。これでは北海道マラソンも先が思いやられるなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名湯 宝の湯

080727_1暑い盛りだが今日も温泉目指してワンウェイラン。目標値は中山寺。途中の箕面駅までのルートは開拓済みだが、そこから先は初めて通る道。府道9号線、国道176号線と乗り継いでいく形となる。

この暑い中の給水は生死に関わる。今回経済的にも効率的な方法が取れた。まずは100円のペットボトルを置いている自販機でドリンクを買い、持って走る。途中で空になっても捨てずに、もう一度100円ペットボトルを買う。これもなくなってきたところで、今度はコンビニに寄る。コンビニで1リットルの紙パックのドリンクを105円ぐらいで売っているので、それを買う。紙パックでは持って走るわけにはいかないが、これまでに買った2本のペットボトルにちょうど収まるというわけだ。都合300円少々で3リットルの給水が可能。10分ないし20分程度に1回ペットボトル半分とすれば8回ほど給水できる。

というわけで実走2時間ほどで中山寺に着いた。

080727_2実は中山寺だと温泉からは行きすぎていることに気が付いて元来た道を引き返す。程なくのところで今回のターゲット「名湯 宝の湯」に到着。

休日加算もなく料金は700円。比較的最近出来た施設のようだ。入ってみると、中のお湯はいたって普通。というか壺湯など塩素臭がかなりしてこれではどうも…と思っていると、露天スペースの奥まったところに天然温泉の浴槽を発見。おおっ、これは凄い。有馬の金の湯を思わせるような黄土色、というか露天なので日の光を浴びてオレンジ色に輝いている。浴槽の周りに析出物がこびりついて、近づいて見れば鍾乳洞、離れて見るとグランドキャニオンのようだ。

お湯には金属臭があり、なめてみるとしょっぱい。これはクア武庫川と同じ感じだ。源泉は37℃で加温しているがそれ以外は一切手を加えない源泉掛け流しであるとのこと。いやなかなか立派である。その他の浴槽には大して見るべきものはなかったが、この湯のためだけに来る価値は十分ある。

あとは水風呂も6℃と大変冷たくてアイシングには最適。送迎バスがJR中山寺、阪急中山、阪急山本に1時間に1本出ている。六甲縦走で宝塚ゴールとしたとき、今は阪急で石橋温泉まで行くのがデフォルトコースになっているが、この温泉はJR中山寺から十分近いので、宝塚からJRに乗ってここに来るという手もあるのではなかろうか。

★★★★★ ちょっと甘いが★5つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

料理教室

080726男性向けの料理教室が京都・烏丸のウィングス京都で開かれるそうなので参加してみた。脱メタボ対策と銘打っているがそれはどうでもよい。それよりもビールによく合う、ワインによく合うというセールストークに惹かれたというのが正直なところ。

今日のレシピは揚げ焼き鶏のネギソース、焼き茄子、枝豆とスープ。鶏むね肉を一旦茹でたうえで、片栗粉をまぶして油で軽く揚げる。付けるネギソースは大根おろしと甘酢、しょうゆをベースに白ネギ、ショウガ、ニンニクのみじん切りを混ぜたもの。鶏肉なのでカロリーが低く抑えられるのだとか。だからメタボ対策なのね。

一旦講師が一通り調理をやって見せた後、自分らでも調理していくのだが、複数メニューがあるため、自分が今いったい何のレシピのどの作業をやっているのか混乱してしまいそうだった。この辺は仕事の進め方にも似ているところがあるかもしれない。

何とか作り終えて試食にこぎ着けたが、最大の問題として肝心のビールが飲めないということが発覚。施設内では飲酒が禁止なので、せっかくビールによくあう料理なのに飲めないのだ。うーむ、いかにもお役所仕事的な施設の対応だこと。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

天神祭

080725ふとこの日は天神祭の本宮だということに気がついて、仕事帰りに南森町まで足をのばしてみた。どこで何をやっているのかよくわからないうちに大阪天満宮境内にたどり着く。やっぱり天神祭だから天神さんにはお参りしないと。

ところで今でこそ学問の神様として奉られている菅原道真公だが、本来は平安時代のエリート官僚だ。ライバルの讒言に遭って左遷され不遇のまま亡くなったため、その後都を襲った災厄を祟りだとして畏れ、結果神として崇めるようになったと聞いている。ちなみに在任中は日の目を見なかったが、公が暖めていた改革案が後の官吏によって実施され、傾きかけた律令国家を立て直したとか。政治的生命こそ短命に終わったが、これだけ後々の世まで崇められているという運命も数奇なものだ。


境内でお参りしていると、急に立入禁止区域が設けられはじめ、一般客は張られたロープの外に追いやられてしまった。きっと何かイベントがあるのだろうと待つこと10分少々、外から神輿らしきものがやってきたようだ。しかしなかなか中に入ってこない。さらに待つこと10分、ようやく境内に入ってきた。

どうやら神輿らしきものの上に太鼓が載っていて、それを叩きながら練り歩く、それも担いで持ち上げるのだが少し進むと下に落ちてしまってまた担ぎ直し、ということを繰り返しているようなのだ。だから進むのが遅かったのか。ひとしきり練り歩いたあげく、最後は大阪手打ちと呼ばれるらしい独特の手拍子で締めていた。

境内からその周辺にはたくさんの人と屋台が並んでいた。祇園祭に行ったときは違和感を覚えたテキ屋の屋台だが、なぜかこの天神祭ではとてもしっくりと似合っていた。祭の毛色の違いだろうか。大概高いので買う気はなかったが、一銭焼きが150円だったので、同じくスーパーで買った140円の缶酎ハイで激安宴会の完了。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伏見・力の湯

080721今日は八幡市から竹田まで約10kmを走るマラニックに飛び入り参加。途中気温35℃の標識を見つけるようなクレイジーな環境での行軍。

そしてたどり着いた竹田には「伏見 力の湯」がある。前にも何度か行った覚えがあるが改めて温泉として鑑定してみた。

天然温泉をうたっているが、能勢アートレイク温泉から運んできているものらしい。無色、無味。微硫黄臭がするとの案内だが検知できず。わずかだが塩素臭を感じる。アルカリ性とされているが浸かったすぐでは特徴感じられず、ただししばらく浸かっていると肌、特に足裏など角質周りが若干ヌルヌルとした感じ。正直湯としては大したことない。

それと以前に行ったときと食堂が変わっているようだ。「ロハス」なる概念を前面に押し出し、自然食品、野菜、十六穀米などに力を入れているもよう。値段は案外リーゾナブルだった。

★★☆☆☆ 食堂は加味せず★2つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹後湯ーラン

080720_1合宿2日目。二日酔いで頭ガンガンする中、鳴き砂で有名な琴引浜に寄ってみた。普通に海水浴場となっていて、海水浴客がわんさか。波が高いので注意という場内アナウンスが流れていた。


砂浜を歩いたのだが、音がしない。で、試行を繰り返すうち、靴で歩いたのでは音がしないようだということが判明。水平にこすりつけるようにすると音が出やすい。というわけで手で鳴らしてみたのだが、携帯で撮った動画では音がうまく再現できてない。

080720_2次なる目的地、宇川温泉に一旦車を停め、そこからランに繰り出す。すぐ近くに久僧海水浴場がある。砂浜から離れて漁港付近に向かうと、海に突きだした岩場に出ることができた。まるで火曜サスペンス劇場のエンディングに出てきそうな風景だ。

080720_3宇川温泉よし野の里に戻って温泉につかる。弱アルカリ性単純温泉だが、ほとんどヌルヌル感はしない。無色透明、無味、無臭、いや若干塩素臭のする浴槽もあった。

お湯はあんまりだったが、景色は素晴らしいオーシャンビュー。露天から眺める日本海の海と空。水風呂も露天部分にあって気持ちよい。お風呂のあとはここで昼食。別棟には宿泊施設もあるようだ。ここに泊まっても面白いかもしれない。

★★★☆☆ 景色のよさを加点して★3つ。

080720_4その後は、京都府最北端の経ヶ岬の灯台を眺め、さらに半島をぐるっと回って伊根の舟屋を見下ろす。

夏休み初っ端の連休、しかも好天に恵まれたとあって、どこの海水浴場も、施設も客であふれていた。今まで話に聞いたことはあるけれど実際見るのは初めてという観光スポットをかなり見て回れた。丹後半島、いいネタをいっぱい持っているではないか。今回見た限りでは大盛況で結構な限りだが、これをさらに発展させるためにはどうすればよいのだろうか。そんな思いを巡らせながら帰路に就くのであった。

今回の旅のBGMにどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うみーーっ

うみーーっ丹後半島、網野の海辺の民宿を訪れてラン仲間と合宿。海沿いのアップダウンのある道を走ったあとは、十何年ぶりかの海水浴。波ってパワーあるんだなあ。

080719_1今回泊まったのは五郎兵衛という民宿。目の前に海水浴場「八丁浜シーサイドパーク」がある。手前の陸地にはきれいに芝生が敷き詰められ、少年らがサッカーの試合をしていた。

一応浅茂川温泉が沸いていて露天風呂にも入れるのだが、お湯の方は…うーん、いまいち。

080719_2しかし温泉を補って余りあるのがこの料理。刺身船盛りに、岩ガキ、カニ、牛ステーキなどあふれんばかりのメニュー。2時間ほど格闘して完食。これで1泊2食付で11000円とは驚きのお値打ち価格。

食事のあとは海で花火をして、星を観て(曇っててほとんど見えなかったが)、さらに部屋に戻って二次会と夜は更けていくのであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祇園祭宵山

080716_1宵山の朝も山鉾町をめぐってみる。西洞院通りには蟷螂山がいる。それにしてもテキ屋の屋台が多いのにはうんざり。

080716_2夜の帰りにも寄ってみた。祭りは最高潮という感じで、あまりの人の多さにメインストリートには近づけない感じだ。

芦刈山のご神体が町会所に飾ってあったので拝見。現在現役で使われているお面は後の世に作り直したものだが、左下の方に鎮座している先代のお面はたいそう古いものだと聞いたことがある。


朝通った時は誰もいなかった蟷螂山の周りに、人だかりができている。近づいてみると御所車とその上に乗るカマキリがぐるぐると動いている。山鉾唯一のからくり仕掛けでも有名な山なのだ。

それにしてもあまりの人の多さに参った。やはり山鉾をじっくり見たいならば早い時間に限る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祇園祭狂想曲

080715_1今日は宵々山。朝にも山鉾を見てみたが、さすがに人の姿はなく、御神体も飾っていない山鉾がほとんど。そもそも巡行の時以外は御神体は別の場所に飾っているところが多いようだ。朝早くでも鯉山の町会所は観覧できた。重要文化財のタペストリーに御神体の鯉。見事なものである。

080715_2祇園祭に仕事関係で巻き込まれることになった。先日某地方紙に、財団法人の資産としての山鉾の評価はどうするのか、という記事が載ったのを契機に、ちょっとマスコミが騒ぎ出してきているのだ。

この日やってきたのはテレビ朝日「スーパーモーニング」の取材陣。幸いこれは当方を攻撃するような内容ではなかったので一安心だったが、話の上っ面だけとらえて押し寄せるマスコミの誤爆は本当に怖いわ。もし放送されるとすれば17日朝9時頃の同番組をチェックされたし。

080715_3帰りも山鉾町を巡ってみる。朝とは打って変わって人大杉。北観音山で囃子が流れていたので動画でもどうぞ。

080715_4山鉾は大変結構なのだが、残念なのは祭とは全く無関係のテキ屋の多いこと。こんなところで屋台のジャンクフードや高い生ビール買って何の意味があるのか。

というわけで屋台には目もくれず、占出山の「吉兆あゆ」を買って帰った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

祇園祭2008

080713_4温泉と若干時系列が前後するがまとめて1項目に。午前中、阪急烏丸駅で降りたって周囲をぶらついていると、長刀鉾周辺に人だかりができている。

何だろうと思って寄ってみると、祇園祭唯一の生稚児が八坂神社に赴く「社参の儀」がまさに始まったところに出くわしたようだ。というわけで動画でも撮ってみる。


周りを取り巻く報道陣と観光客で非常に動きづらそうにしていた。で、こんなメリハリのない映像よりも京都新聞の動画ライブラリの方がよっぽど綺麗でわかりやすい。


080713_5これは月鉾、だったか。

080713_6午後3時頃に曳き始めがある山鉾がいくつかあるということで新町通を下がったところにある船鉾の前で待つ。時間が近づくにつれ人だかりの山がどんどん大きくなった。

どうやら曳き手は地元の児童生徒が中心のようだ。


待つこと数十分、「エンヤラヤー」の掛け声と共にいよいよ鉾が動き始めた。ゆっくり練り歩くのかと思ったら、案外スピードが速く、大人が普通に歩くぐらいのペース。このため、園児らの中には速さについていけず転倒して将棋倒しになりかける場面も。周りの大人が「無理だったら綱を放せ」との怒号。

恥ずかしながら動く山鉾を生でこれだけ近くで見るのは初めてだった。宵山では止まったままだし、山鉾巡行は人が多すぎてとてもじゃないが間近では見られない、というか平日だと仕事の時間中だから行くことすらできない。というわけで、曳き初めを見物するのは実はとてもお得ということに今さらながら気がついた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

北白川天然ラジウム温泉

080713_1祇園祭でごった返す四条周辺を抜け出し、志賀越道をひた走る。この道は、京都市内碁盤の目の区画にあってこれを不自然に斜めに貫くような道になっている。昔からある、京から滋賀方面への街道筋の跡だ。

途中からは「山中越え」という名称になる。山に入るとカーブが多く、道幅も狭く、走るのには余り快適とは言い難い。脇を流れる白川が清涼感を醸し出すのがせめてもの救い。

080713_230分少々走っただけで目的地に着いてしまった。ちょっと距離が短すぎたか。本日の温泉は「北白川天然ラジウム温泉」。環境庁・運輸省許可、ってここではまだ中央省庁再編が及んでいないらしいcoldsweats01

値段は日帰り入浴で1450円とかなり高め。本来は旅館のところを入浴のみもやっている、と言う感じだ。

080713_3ラジウム温泉ということで、色、においには何の特徴もなし。浴室が2つあって、片方は窓が開け放てる半露天風呂、片方は窓が開かない浴室になっていた。ラジウム浴の効果を得るには窓は開けずに蒸気もこもらせた方がいいのでそのように分けているらしい。

が、いずれにしても浴室が狭い。またシャワーの水量もいまいちだし温度調節も鈍い。これだけの料金取っておいてこの設備かよ、と文句も言いたくなるところだが、スーパー銭湯と比べても致し方あるまい。

このお湯の特徴は飲んでも体によいということ。で、飲んでみたが、やはり味も何も特段変わった感じはしない。ちなみにこの旅館には水道が来ていないそうで、飲料水から何から全てラジウム温泉から湧いたものを利用しているのだとか。ここのお湯(というか源泉は温度低いので水だが)を汲んでご飯を炊いたりお茶を沸かすとおいしいと言って持ち帰る人が多いそうだ。ふうん、そんなもんかねえ。

★★★☆☆ ラジウム泉は評価がわからん。とりあえず★3つ。

帰りは1時間に1本しかないバスで下る。整理券を取らされたが、結局均一区間と同じ220円で四条まで行けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つかしん天然温泉 湯の華廊

080712_5伊丹スカイパークを後にして、西へ少し進んで南に向きを変えしばらく進んだところに、本日2つめの目標地点「つかしん天然温泉 湯の華廊」がある。GUNZEつかしんという巨大なショッピングモールの一郭にある日帰り温泉施設。場所がわかりにくくてキレかけたが、中に入ってみると結構綺麗な施設のようである。

内湯の白湯は塩素臭がしてこれは酷いと思ったのだが、露天に天然温泉の浴槽があった。有馬の金湯を思わせるような真っ茶色。浴槽の石には析出物がびっしりとこびりつき、手すりの金属ポールは湯に触れる部分が錆び付いたように茶色になっている。いや、本当にさびているかもしれない。なめてみるとこの湯、しょっぱいのだ。この味で思い出したのがクア武庫川の湯。やはり場所が近いだけに似たような湯が出てくるのだろうか。

露天の奥の方に源泉の壺湯があった。しかし、不思議なことにこの壺湯のお湯は茶色くない。源泉掛け流しで湧き出たばかりの湯が出てくるからなのだろうか。空気に触れてしばらくすると茶色くなるということか。まあいずれにせよクア武庫川に匹敵するいい湯であった。

★★★★☆ かなり5に近い★4つ。

080712_6帰りは伊丹駅まで送迎バスが出ているそうだが、行ってみると既に満席。仕方なくつかしんのショッピングモールを通り抜けて駅まで歩くことにする。巨大なモール内には色々な店があり、練習会でここをゴールにしてここで打ち上げというのも余裕で出来そうだ。酒屋があったのでのぞいてみると、焼酎を壺から量り売りで売っているではないか。

最寄りのJR猪名寺駅まで歩いたが、10分もかからずにたどり着けた。これなら十分歩いて行ける。猪名寺から高槻までは普通なら直通なので乗り換えなしで帰路に就いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊丹スカイパーク

080712_1伊丹空港まで走っていった。先日訪れた伊丹スカイパークが、前回は一部のみオープンだったのがつい最近全面オープンとなったとのことで再度見物に行ったわけだ。

高槻から実走1時間40分ほど。西国街道を西へ行き、新御堂筋のあたりからは千里川沿いに進めば地図を見ることなくオートパイロットで大阪空港南端地点までアプローチできる。

080712_2元々防音壁として空港の西側に築いた細長い台地を公園にしたもので、空港を一望できる。遊具も設置されているので、子連れで来た親子で、飛行機がなかなか来ない場合でも遊ばせておくことで間を持たせることができるようになっている。

着陸は南端の方が間近で見られるが、離陸の時は北寄りの方がリフトオフのポイントに近いので迫力があるだろう。離陸時の映像もアップしておく。


080712_3パーク北端にはパークセンターがあるが、その中にかつて大阪空港で実際に航空管制に使われていた機器が置かれていた。ボタンとかはそのままのようだが、画面は子供向けの解説映像やゲーム(といってもやたらショボイ)が行えるよう改造されている。

機器の一部に、大阪空港到着予定・出発予定の便の一覧が表示されており、これは素晴らしいと思ったのだが、よく見ると特に到着便の方は「到着済み」の便ばかりが表示されていた。これでは意味がない。次に何時頃どの便が来るのかがわからないと意味がないのだから。

加えて、この施設内にささやかな売店があったのだが売られている品も実にショボイ。ここで弁当などの食べ物と酒も売っておけば絶対需要があるというのに。自分もここでは買わず近くのセブンイレブンで買って飛行機見物しながら昼飯。

080712_4さて次なる目標地点に向けて走り出そうとしたら、パークセンターのすぐ近くに伊丹市立こども文化科学館があり、プラネタリウムがあるというので立ち寄ってみた。プラネ上映がちょうど始まった直後で、数分遅れてしまったが押し込んでもらえた。

最近は1球式が主流の中で、昔ながらの2球式の投影機。オートプログラムも一切使わず、最初から最後まで解説員の生解説でずっと案内するというのがレトロっぽくてよかった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

源気温泉 万博おゆば

080707今日は夏休み休暇を第一弾として適用、午前中は二日酔いでダウンするのみ。昼から走って万博記念公園へ、「源気温泉 万博おゆば」を目指した。1時間足らずで着いたが暑さと湿気で汗ダラダラ。

施設自体はきれいなスーパー銭湯という感じ。塩の味がすると書いてあったが、なめてもしょっぱくない。かすかに味の素のような味が感じられた。お湯の色もわずかに黄色がかっているが薄い。…と思ったら、露天には源泉100%の浴槽もあった。これは確かに濃い茶色で底が見えない。ただ、ここでもお湯のにおいはかすかに金属臭はするものの、塩素の方が若干気になる感じ。

むしろ人工温泉だが別府の湯を再現した浴槽の方が、白濁してたっぷりと硫黄のにおいがして余程こちらのほうが温泉らしさを感じる。あんまり天然にこだわっても意味ないのかしら。TV番組でやっている一流芸能人テストみたいにしたら、きっと判別できないのだろうなあ。

★★★☆☆ 4か3か迷ったけれど★3つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪城七夕駅伝

080706_4実に8年振りぐらいで、チーム蟻ぎりす主催の大阪城七夕駅伝に参加。直前まで要項が送ってこられず、開催を危ぶむ声もあったのだが、蓋を開けてみれば大盛況、関西各地のランニングチームが大挙して押し寄せていた。

しかし参加者が多すぎるのも考え物で、うわさでは300チームを超えているとか。これが大阪城周回路のさして幅もない道で一斉にタスキリレーをするものだから危険極まりない。よく事故が起きなかったものだ。

自分は4区アンカーを務めて3kmを10分40秒。ほとんど周回遅れを抜いてばかりだったが、2人ほどに抜かれたのが悔しい。10分切らなきゃいかんよなあ。

打ち上げは京橋の焼き肉屋「富鶴」。ここも何年か振りに訪れて大変懐かしい。大いに飲んで食った。

(走って☆飲んで!酔ってZzzz「第14回大阪城七夕駅伝」、走る事・そして飲む事。「2008大阪城七夕駅伝(7/6)」にトラックバック)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ユーバスROYAL高井田店

080706_3JRおおさか東線高井田中央駅から徒歩10数分程度のところに「ユーバスROYAL高井田店」があるので訪れてみた。元はスーパー銭湯だったが、最近温泉を掘り当てて天然温泉をうたっている。

施設自体はスーパー銭湯なのでそれなりに揃っている。肝心のお湯の方は、源泉100%と表示がある壺湯以外は、せっかくの温泉成分のうち鉄分・マンガン分をろ過していると表示されている。泉質も弱アルカリ性単純温泉で若干ヌルヌルしているかなという感じはあるものの、基本的に無味無臭。温泉らしさとしてはいまいちパンチに欠ける。

★★★☆☆ ★3つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おおさか東線

080706_1いつの間にか開通していた「おおさか東線」に乗ってみることにした。大阪駅に着いて、さて京橋から学研都市線経由で回るか天王寺から大和路線経由で行くかの選択だったが、うまい具合に大和路快速がやってきたので飛び乗る。これで乗り換えなして一気に久宝寺まで行ける。

久宝寺駅のホームは、新線開通でも特段変わりはなく、島型2面4線のうち内側2線をおおさか東線共用としているようだ。ちょうど両方共におおさか東線の車両が止まったタイミングを撮影。

車両は201系か103系を使っているようだ。塗装は大和路線各停と同じうぐいす色。最近東海道線の各停から201系が一掃されてしまったようだったが、おそらくこういうところに回ってきているのかしら。

080706_2高井田中央駅で下車。この後温泉に向かうがそれは別項にて。

駅名看板のラインカラーは藍色と言ったらいいのだろうか。車内はかなり空いていた。まああまりニーズがある路線とは思えないのだが。これが東海道線まで伸びてきても、果たして便利になるのだろうか。うーん、微妙。

放出駅でも特段にホームには変わりなく、学研都市線と共用になっている。新線開通に伴って学研都市線の京橋方面の線路が、合流時にオーバーパスするよう高架に変わったぐらいが以前との違い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

妙見山LSD~鬼軍曹登場

実質上梅雨明けしたも同然の関西、この暑い中箕面~妙見山LSDが開催された。先日のタンデム走とは打って変わって、総勢10数名が速力別に3隊に分かれての大がかりな練習会。自分は先日のN氏とともに4人で編成された最速グループで、最初の隊出発から1時間後に箕面をスタート。暑さに苦しみながらも、折り返しの妙見山頂では先行の2隊にほぼ追いついた。

さて後半最大のポイントとして以前から提唱している高山への上りでは、伴走を代わってもらって激走。5分、10分先行のグループのオーバーラップに成功。なかなか充実した走りが出来た。ところで伴走を代わってもらったM氏、ブラインドランナーN氏をかなり厳しく叱咤激励しつつ走らせたようで、途中N氏は脚が攣ってしまったとのこと。いやあ、こんな鬼軍曹であられるとは知らなんだ。

打ち上げは石橋の王将。散々飲んで食ったはずなのに一人あたり2000円もしなかったとは、畏るべし餃子の王将。

(走って☆飲んで!酔ってZzzz「妙見山」にトラックバック)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ただいま京都御所にて今年初めての蝉の鳴き声を確認。関西の夏の暑さを象徴するクマゼミ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

鉄男・鉄子、みなさんの部屋

たまたまネットのニュースを見ていたら、国土交通省のページに「鉄男・鉄子、みなさんの部屋」なるコーナーを設け、広く一般市民から鉄道に関するエピソードや写真を募集することにしたのだそうな。

役所がやるにしてはずいぶんくだけたことをするものだ。さて、何か応募できるようないいネタはないかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »